ICT×未来

水中高速無線を音波・可視光で 5G連携で海のビッグデータ化やAI活用も

文◎原田果林(編集部) 2020.03.09

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

陸上ではほぼあらゆる場所で無線通信が可能になったが、水中のそれは発展途上にある。だが今、音波・可視光によって水中に無線通信環境を構築し、新たな市場創出や課題解決を目指す動きが加速している。

 
5Gが盛り上がりを見せる一方、未だ通信の「最後のデジタルデバイド」「ラストフロンティア」と呼ばれる領域がある。水中だ。

水中は電波の吸収減衰が大きく、電波が遠くまで届かないため、無線通信が難しい。水中での減衰が比較的少ない音波や可視光を使った無線通信技術・製品は現在も存在するが、陸上用の無線通信技術と比べると通信速度が低速などスペック的には大きく見劣りし、例えば海中の重機や潜水艇の操作・データ取得などは有線(ケーブル)接続によって通信しているのが現状だ。

こうした状況の解消に向け、音波や可視光を使った無線通信の性能をさらに向上させるための研究開発が各所で進んでいる。

“陸上のような”無線通信環境NTTは、音波を使った新たな水中無線技術の開発に取り組んでいる。「海中の重機や潜水艇などと海上の船を繋ぐ通信ケーブルの取り扱いには熟練の技術者が必要。またケーブルが長大になった場合には、ケーブルの張力調整装置や巻取りドラムなどを備えた専用の支援船を用意しなければならないこともある。こうした人材不足やコスト面の問題を解決し、海中での作業の柔軟性を高める無線通信には大きなニーズがあると考えている」と説明するのはNTT未来ねっと研究所 ワイヤレスシステムイノベーション研究部 主任研究員の藤野洋輔氏だ。

NTTの新技術がターゲットとするのは「水深100~300mの大陸棚あたり」。可視光や電波といった電磁波と比較して、音波は水中でも遠くまで届くが、その代わり通信速度は低速という特徴がある。現時点で実用化されている音波を用いた通信の速度は、通信距離の長短に関わらず数10kbps程度だ。しかし、潜水艇などを無線で遠隔操縦するためには、「基本的には動画を見ながら操作するので、動画が送れるぐらいの通信速度が最低限必要になる」(同氏)。
NTT 未来ねっと研究所 ワイヤレスシステムイノベーション研究部 グループリーダ 主幹研究員 赤羽和徳氏(右)、同部 主任研究員 藤野洋輔氏
NTT 未来ねっと研究所 ワイヤレスシステムイノベーション研究部 グループリーダ 主幹研究員 赤羽和徳氏(右)、同部 主任研究員 藤野洋輔氏


それを実現するのが、NTTが研究開発を進める「時空間等化技術」だ。音波を使った通信では、送信した信号が音の反響によって複数の経路を生み出し、直接波と遅延波が重なり合って歪むという課題がある。従来はこの歪み方を観測して元に戻す手法を採用していたが、観測できる波形の歪みに限界があった。時空間等化技術では「複数の経路を辿り、重なり合った波の歪み方を推定・復元するのではなく、余計な経路を辿ってきた波を空間的にカットすることで、波形歪みの根本原因を取り除いている」(図表1)。

これにより、観測できないほどの波形歪みが発生する環境においても波形歪みを元に戻すことができるようになり、飛躍的な高速通信を実現している。現時点では、固定環境において距離18mで5.1Mbps、距離28mで3.8Mbpsの伝送に成功(いずれも縦方向)。移動環境においても6ノットの移動速度・距離60m(水平方向)の条件で1.2Mbpsの伝送に成功している。

 

図表1 時空間等化技術[画像をクリックで拡大]
図表1 時空間等化技術


同部 グループリーダ 主幹研究員の赤羽和徳氏によれば、「空間的制約がある実験環境で確認したため、この数値が性能限界というわけではない」。今後はこの技術をブラッシュアップし、通信距離300mで10Mbpsの通信を実現するのが目標だという(図表2)。「3、4年後の商品化を目指している。最終的には陸上と同じような無線通信環境を海の中にも構築したい」(赤羽氏)考えだ。

 

図表2 NTT未来ねっと研究所の狙い(画像提供:NTT)
図表2 NTT未来ねっと研究所の狙い


将来的には、「例えば、水中では音波で通信し、海上の無人船やブイからはセルラーや衛星通信で通信することで、安全な陸上の遠隔地から海中の重機などを操作できるようになる可能性もある」(藤野氏)
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

apresia2001
HACCP2001
juniper2003

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】6Gへ Beyond 5Gへの挑戦
<Part1>6Gは究極の無線通信 <Part2>総務省の6G推進戦略 <Part3>韓国の6G商用化は2028年 <Part4>100ギガ無線へのトビラを開くテラヘルツを人類の手に <Part5>6Gの重要コンセプト「超カバレッジ拡張」 <Part6>6Gへつながる進化の道筋「5G evolution」の全貌 

[インタビュー]東京大学 教授 中尾彰宏氏「ローカル5Gに価格破壊 王道と違う6Gへの道を探求」 [ソリューション特集]スモールビジネスWi-Fi [事例研究]ミクシィがホワイトボックス導入 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

都築電気テレワークと健康経営の実践4年目
その知見をワンストップで提供

働き方改革を推進する都築電気がテレワークに最適なグループウェア!

ドコモ・システムズNTTグループ23万人を支える
テレワークツール

伝統的な日本企業が作ったツールだから、かゆい所に手が届く!

WhatsUp Goldネットワーク監視に圧倒的使い勝手
安価な導入コストでも厚い支持

中小企業から通信キャリアまで、WhatsUp Goldが人気の理由とは?

MOVEit Transfer / MOVEit Automationデータ保護新時代のファイル転送
HIPPA、GDPRなど各種規制に対応

主要データ保護規制に準拠した安全なファイル転送ソフトの決定版!

moconaviBYODもセキュリティもこれひとつ
本当に明日からできるテレワーク

業務システムのリモート利用や公私分計をセキュアに実現するmoconavi

アライドテレシススモールビジネスのWi-Fi整備は
プロにおまかせ!

アライドテレシスなら安く・早く・楽に・安全に導入・運用してくれる

ソネットSMBに“ちょうどいい”Wi-Fi

高コストはかけたくないが、家庭用では性能が足りない。そんなジレンマを解決できるWi-Fiがあった!

ジュニパーネットワークス“ただのSD-WAN”はもう要らない!
LANもWi-Fiもすべてクラウド管理へ

今必要とされているのは、
“SD-WAN+α”のソリューションだ。

Citrix SD-WANシトリックスといえば「UX重視」
その哲学はSD-WANにも!

情シスも現場も幸せになれる
「SD-WAN」がここにある。

ソフトバンク目的・用途別にSD-WAN使い分け!
ソフトバンクが“3つめ”を出す理由

IaaS利用に最適な新SD-WANで
企業のクラウドシフトをサポート!

ブロードメディア・テクノロジーズAryakaの“SD-WAN as a Service”
なら全部お任せできる!

AryakaのSD-WANはコアからラストマイルまで一括で運用を任せられる

東京エレクトロンデバイスクラウド基盤にお勧めのWAF
高い検知性能でコスト削減

WAF市場のリーダー、F5製品は多角的分析による検知精度の高さが特徴だ

一般社団法人新規事業・新規市場創出研究会国内唯一の5G/6G調査研究会!

「5Gでの日本の遅れを取り戻したい」。5G、6G、MaaSをテーマにした調査研究会が4月に運営開始する。

sXGPsXGPはローカル5G導入の第一歩

まもなく帯域が拡張されるLTEベースの自営無線「sXGP」は、ローカル5G導入のファーストステップとなる!

マクニカネットワークスHACCP対策の切り札となるIoT
LoRaWANで冷蔵庫内もデータ取得

食品業界に義務付けられるHACCP。IoTで手間と人為的ミスを削減できる

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます