キーパーソンが語る

「IOWNはインターネットを超える新インフラ」NTT取締役 川添雄彦氏に聞く

聞き手◎太田智晴(編集部) 2020.02.06

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

2030年をめどに実現するとして、NTTが2019年5月から提唱し始めた「IOWN構想」。インテル、ソニーとグローバルな推進団体を作り、インターネットを超える、多様な価値を創出可能なICT基盤を目指している。IOWN構想とその中核をなす「オールフォトニクス・ネットワーク」について、NTT 取締役 研究企画部門長の川添雄彦氏に話を聞いた。

 
――なぜ今、「IOWN構想」を打ち出したのでしょうか。その理由について、まずは教えていただけますか。

川添 きっかけはいくつかあって、様々なベクトルから最終的にIOWN構想に辿り着きました。

その1つとしては、現在のAIのアプローチでは、いずれ限界を迎えると感じていたことがあります。これまでのAIは、どちらかというと人間の能力をデジタル化して、デジタルトランスフォーメーション(DX)に活用していくというアプローチです。しかし、現実世界における人間の能力は、非常に限られたものです。例えば、近年大きな被害をもたらしている異常気象を正確に予測するのに、人間の能力だけではとても足りません。

生物学者のヤーコプ・フォン・ユクスキュルは「環世界(Umwelt)」という概念を提唱しています。すべての生物は種特有の知覚システムを有しているという考えです。

例えば、ミツバチが蜜のありかが分かるのは、ヒトには見えない紫外線が見えるからです。また、シャコは生物界最強の知覚システムを持っていると言われており、ヒトの視細胞が3原色しか知覚できないのに対し、シャコは12色を脳に直接取り入れて処理しています。

川添雄彦氏


――様々な社会課題を解決するためには、多様な能力の実現が必要ということだと思いますが、そのことがどうしてIOWN構想に結び付くのですか。

川添 現在の情報システムの多くは、まず目的を決めて、その目的に基づいて情報を取得し、処理を行っています。あくまで人間にとって価値がある情報だけを伝送しているわけです。

――それでは、ミツバチやシャコの眼で見たときの価値を後から取り出そうとしても無理ですね。

川添 そうです。現実世界のあらゆる情報を活用して社会課題を解決するためには、最初にフィルタリングなどは行わず、情報を全部持ってきて、最後の段階で処理方法を選択した方がいいわけです。

ただ、現在の技術でこうした大容量の伝送や処理が本当に可能かどうかというと、大きな壁に突き当たっています。

例えば、より高速に処理できるデバイスを作るため、さらにCMOSチップの集積度、あるいは動作周波数を上げようにも消費電力がネックとなり、これ以上は上がらない時代を迎えています。

――「ムーアの法則」は限界に近付きつつあると言われています。

川添 ええ。ですから、今まで以上に高度なICTを実現するためには、抜本的な技術革新を起こさないといけない─。そう考え始めたのがIOWN構想の出発点でした。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

川添雄彦(かわぞえ・かつひこ)氏

1987年4月にNTT入社。2003年8月サイバーコミュニケーション総合研究所 サイバースペース研究所 主幹研究員、2007年10月サイバーコミュニケーション総合研究所 サイバーソリューション研究所 主幹研究員、2008年7月研究企画部門担当部長、2014年7月サービスイノベーション総合研究所 サービスエボリューション研究所長、2016年7月サービスイノベーション総合研究所長を経て、2018年6月に取締役 研究企画部門長(現在に至る)。工学博士

スペシャルトピックスPR

apresia2001
HACCP2001
juniper2003

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】6Gへ Beyond 5Gへの挑戦
<Part1>6Gは究極の無線通信 <Part2>総務省の6G推進戦略 <Part3>韓国の6G商用化は2028年 <Part4>100ギガ無線へのトビラを開くテラヘルツを人類の手に <Part5>6Gの重要コンセプト「超カバレッジ拡張」 <Part6>6Gへつながる進化の道筋「5G evolution」の全貌 

[インタビュー]東京大学 教授 中尾彰宏氏「ローカル5Gに価格破壊 王道と違う6Gへの道を探求」 [ソリューション特集]スモールビジネスWi-Fi [事例研究]ミクシィがホワイトボックス導入 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

都築電気テレワークと健康経営の実践4年目
その知見をワンストップで提供

働き方改革を推進する都築電気がテレワークに最適なグループウェア!

ドコモ・システムズNTTグループ23万人を支える
テレワークツール

伝統的な日本企業が作ったツールだから、かゆい所に手が届く!

WhatsUp Goldネットワーク監視に圧倒的使い勝手
安価な導入コストでも厚い支持

中小企業から通信キャリアまで、WhatsUp Goldが人気の理由とは?

MOVEit Transfer / MOVEit Automationデータ保護新時代のファイル転送
HIPPA、GDPRなど各種規制に対応

主要データ保護規制に準拠した安全なファイル転送ソフトの決定版!

moconaviBYODもセキュリティもこれひとつ
本当に明日からできるテレワーク

業務システムのリモート利用や公私分計をセキュアに実現するmoconavi

アライドテレシススモールビジネスのWi-Fi整備は
プロにおまかせ!

アライドテレシスなら安く・早く・楽に・安全に導入・運用してくれる

ソネットSMBに“ちょうどいい”Wi-Fi

高コストはかけたくないが、家庭用では性能が足りない。そんなジレンマを解決できるWi-Fiがあった!

ジュニパーネットワークス“ただのSD-WAN”はもう要らない!
LANもWi-Fiもすべてクラウド管理へ

今必要とされているのは、
“SD-WAN+α”のソリューションだ。

Citrix SD-WANシトリックスといえば「UX重視」
その哲学はSD-WANにも!

情シスも現場も幸せになれる
「SD-WAN」がここにある。

ソフトバンク目的・用途別にSD-WAN使い分け!
ソフトバンクが“3つめ”を出す理由

IaaS利用に最適な新SD-WANで
企業のクラウドシフトをサポート!

ブロードメディア・テクノロジーズAryakaの“SD-WAN as a Service”
なら全部お任せできる!

AryakaのSD-WANはコアからラストマイルまで一括で運用を任せられる

東京エレクトロンデバイスクラウド基盤にお勧めのWAF
高い検知性能でコスト削減

WAF市場のリーダー、F5製品は多角的分析による検知精度の高さが特徴だ

一般社団法人新規事業・新規市場創出研究会国内唯一の5G/6G調査研究会!

「5Gでの日本の遅れを取り戻したい」。5G、6G、MaaSをテーマにした調査研究会が4月に運営開始する。

sXGPsXGPはローカル5G導入の第一歩

まもなく帯域が拡張されるLTEベースの自営無線「sXGP」は、ローカル5G導入のファーストステップとなる!

マクニカネットワークスHACCP対策の切り札となるIoT
LoRaWANで冷蔵庫内もデータ取得

食品業界に義務付けられるHACCP。IoTで手間と人為的ミスを削減できる

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます