企業ネットワーク最前線

ローカル5Gの無線アクセスの選び方 4.5GHz帯か28GHz帯か? NSAかSAか?

文◎坪田弘樹(編集部) 2020.01.21

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ローカル5Gの“本命”と目される4.5GHz帯/SAの準備が整うのを待たず、28GHz帯/NSAで先行導入を狙う企業が予想よりも増えそうだ。周波数帯の特性と使い分け、NSA構成の留意点などを整理しよう。

 
28GHz帯でいち早く始めるべきか、それとも4.5GHz帯の“解禁”まで待つのか。LTE設備の導入も必要なNSA(Non Stand Alone)と5G単独で使えるSA(Stand Alone)のどちらを選ぶべきで、NSAの場合はLTEにどの方式を使うのか――。

ローカル5Gの導入を検討するに当たっては、これらの点を整理する必要がある。無線アクセス(RAN:Radio Access Network)とシステム構成の選び方、使い方を整理しよう。

第1のポイントは、周波数帯の選択だ。28GHz帯と4.5GHz帯はその伝搬特性により、適用できる利用シーンが異なる。

システム構成として、5G設備だけで使えるSAと、制御信号を送受信するアンカーとしてLTE設備も必要なNSAのどちらを選択するかも悩ましいポイントだ。LTEと5Gを異なる用途で併用する場合を除き、5Gの性能だけが必要なケースならば「SAでやりたい」がユーザーの本音だろう。

NSAの場合、アンカーに用いるLTE設備にも複数の選択肢がある。アンカーも自営網とするなら自営BWAが最初の選択肢となるが、加えて、非免許帯域の1.9GHz帯を用いる自営用LTE規格sXGPも候補になり得る。sXGPを使ったプライベートLTEソリューションを展開するビー・ビー・バックボーン 専務取締役の播口仁朗氏によれば、「正式決定はまだだが、1.9GHzもアンカーバンドで使えるようになる方向で審議中」だ。

「28GHz帯で先行」狙う企業も先行して制度化される28GHz帯よりも、4.5GHz帯のほうが面カバーが容易で扱いやすいこともあり、ローカル5Gを検討するユーザーの動きは大きく2つに分かれている。28GHz帯で「とにかく早く検証、PoCを始めたい」グループと「4.5GHz帯の利用開始を待つ」グループだ。

NEC 新事業推進本部 部長の田中雅士氏によれば、「お客様の多くはサブ6(4.5GHz)を検討している」状況だが、28GHz帯で早期導入を狙う企業も増えてきているようだ。「我々の検証結果などを見て『これなら28GHzでもいける』と、早めにPoCを検討するケースも出てきている」(同氏)

NECが開発・提供するプライベートLTE/ローカル5G向け基地局
NECが開発・提供するプライベートLTE/ローカル5G向け基地局



これにはモバイルキャリアが行っている5G実証実験の成果が大きく影響しているという。NECも2018年末に大林組、KDDIと共同で建機の遠隔作業実験に成功。つながりにくいとされる28GHz帯で、2台の建機による連携作業を行った。

新事業推進本部長の熊谷智憲氏は、「28GHz帯をうまく使うには、端末側に電波を捉えるための仕掛けがいる」と話すが、そのノウハウを活かすことで建設現場だけでなく、障害物の多い「工場内でも十分に使える」目処が立っているという。複数のユーザーとの間で、早期にローカル5GのPoCを開始する計画が進んでいる。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

sb2105
ciena2105
vmware21051

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】シン・ネットワーク
    コンバージェンス

<Part1>5G FMCは2023年始動へ <Part2>IP・光融合に好機到来 <Part3>ホームNWと企業は融合する <Part4>DXへ企業・キャリア融合 <Part5>5GCをコアにスマート工場

インタビュージュニパーネットワークス 古屋知弘社長「5G時代はマルチベンダー AI自動運用をレベル4以上へ」 【ソリューション特集】通信で変わる未来の建設現場 【技術&トレンド】オープン化でSONiCが選ばれる理由 【ビジネス最前線】JTOWERの「本気度」 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

マクニカ先進4社はネットワークのオープン化で何を得たか?

IIJ、ヤフー、KADOKAWA、ブロードバンドタワーに学ぶ理由と成果

アライドテレシスNWの中心はLANからWANへ
学校に見る、次世代WANの作り方

次世代WANの在り方について学校を例にアライドテレシスが解説する。

VMware SD-WAN by VeloCloud旭化成がSD-WANを
国内340カ所に導入する理由

旭化成はVMware SD-WAN by VeloCloudへの切り替えを開始した。

GlobalMeetウェブキャストウェビナーツールの新・選択肢!

セミナーや決算発表も今やオンライン! ソフトバンクならウェビナー初心者から経験者まで満足できる。

日本シエナコミュニケーションズ OTTで始まったDCI次世代トレンド 鍵は「身近になったROADM」

今、データセンター間接続(DCI)の最前線で何が起こっているのか。

VMware NSX Advanced Load BalancerDX推進の大きな障壁に!
従来型ロードバランサーの課題とは

C/Dプレーン分離で完全ソフトウェア型のヴイエムウェアは全く違う!

VMwareVMwareのネットワークビジョン「Virtual Cloud Network」

国内SDN市場シェア75%超のヴイエムウェアが目指すネットワークとは

アライドテレシスニューノーマル時代のWANとは?
インテントNWをアライドが実現

テレワークの拡大に伴って、企業WANに変化が訪れている。

ヤマハヤマハネットワークに溶け込むUTM
メーカー直通のサポート窓口も

中堅・中小市場で大きなシェアを誇るヤマハが新たにUTMをリリース!

NTTコムオンライン対面業務のオンライン化を実現する
B2C向けスマホビデオ通話サービス

サポートセンターなど一般消費者との接点のオンライン化も進めよう!

東京エレクトロンデバイスMicrosoft 365の負荷を最小限に
Citrix VDIに“最高”のSD-WAN

ファーストパケットからブレイクアウト可能なSD-WANだから違う!

日商エレクトロニクスコロナ後への備え Cisco SD-WANが企業WANを次のステージへ

新しい働き方を実現する要にCisco SD-WANはなる!

NVIDIANVIDIAが一大イベント「GTC」
テレコムの最前線がここに!

通信業界に少しでも関わる人なら見逃せないセッションが目白押しだ。

日立国際電気ローカル5Gに無線・映像のDNA!
エッジで映像処理するAIカメラ

日立国際電気がローカル5Gの構築から保守運用までサポート!

NTTコミュニケーションズ高品質ローカル5GでDXを強力支援
運用、データ活用もワンストップ!

NTTコミュニケーションズのローカル5Gソリューションの特徴とは?

OKIローカル5GとAIエッジがDXに導く
OKIの技術力/パートナーをフル活用

ローカル5Gの導入から運用、マイグレーションまで全方位で支援する。

ローカル5Gを牽引する純国産検証機
スマート工場に特化し低価格を実現

エイビットのSA構成を採用した日本初の4.7GHz帯ローカル5G検証機

マイクロフォーカスキャリアの運用現場を知り尽くした
マイクロフォーカスが語る現状と未来

5G時代、大きな変化を迫られる通信事業者。課題をどう解決すべきか?

VMware SASE脱プロキシもVMware SASEで簡単

クラウドから1画面でネットワークとセキュリティ管理、そしてゼロトラスト実現へ

アンリツローカル5Gのサービス品質を支えるアンリツの測定器

シミュレータやエリアスキャナをコアにローカル5Gに必要な製品を用意

SerivceNow5G/IoT時代、通信キャリアに必要な新たなサービス提供とは?

新たなサービス創出に必要なモデルとは何だろうか。

ヴイエムウェアVMwareの次世代脅威対策とは?
データセンター内もゼロトラスト

ハイパーバイザーにFWやIDS/IPSを分散配置し、East-West通信も防御

パロアルトネットワークステレワーク時代に注目を集める“SASE”とは

ログを一元管理! 脱プロキシも実現。パロアルトの「Prisma Access」でセキュリティの課題解決。

ホワイトペーパー
ネットワーク解放宣言
ローカル5G情報局

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます