企業ネットワーク最前線

IoT、エッジ活用を加速させる新技術 お金や専門知識が無くてもIoTシステムが構築できる?

文◎原田果林(編集部) 2020.01.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NEC デジタルプラットフォーム事業部
技術主幹 岡山義光氏

予算や専門知識がなくても独自のIoTシステムをつくり、エッジと組み合わせて活用できる仕組みを構築しようとする取り組みがある。目指すのは、IoT・エッジ活用の浸透によるサイバーフィジカルシステムの実現だ。

 
Society 5.0の実現に向け、サイバーフィジカルシステム(CPS)を構築するための研究開発が、内閣府が主導する戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期で進んでいる。CPSとは、現実空間のデータをIoTデバイスから収集、デジタル空間で分析・処理し、結果を現実空間にフィードバックすることで現実空間に価値を持たせる仕組みのこと。CPS構築に必要な研究開発テーマの1つとして、NECと九州大学が共同で取り組むのが「My-IoT開発プラットフォームの研究開発」だ。

CPS構築のためには、IoTとエッジコンピューティングを普及させる必要があるが、そのハードルは高い。そのため現時点で導入が進んでいるのは一部の業種、企業に限られている。一から自社用にカスタマイズしたIoTシステムを構築・導入するには大きなコストがかかること、自分たちで開発しようにも高度な専門知識が必要になることなどが理由だ。また、コスト以外にも、揺らぎや欠損のない綺麗なデータを収集する仕組みが未成熟であるなど、様々な面で課題がある。

NECの岡山義光氏によれば、九大との共同研究ではこれらの課題を解決するため、「今のエッジコンピューティングの分野で足りない技術を作り、加えて専門的な知識がなくとも自分たちで簡単にIoTシステムを構築できるように支援するツールをつくる」という。具体的には4つの技術開発(図表)と実証実験、普及のための仕組みづくりを行う。

 

図表 「My-IoT開発プラットフォームの研究開発」の開発範囲[画像をクリックで拡大]
図表 「My-IoT開発プラットフォームの研究開発」の開発範囲


CPS実現のカギ技術開発の1つめは、ExpEther技術のソフトウェア化だ。ExpEtherとは、コンピューターのリソースをEthernetを利用して拡張する技術。最近のコンピューティングは、コンピューターの台数を増やすスケールアウトが中心だが、エッジコンピューティングではリアルタイム性を高めるため1つのコンピューターで全てを処理する必要があり、スケールアップが求められる。これを実現できるのがExpEther技術となる。従来のExpEther技術はチップで組み込んでいたが、ソフトウェアにすることで、拡張スロットなどの制限なくあらゆるハードウェアに組み込むことができる。

2つめがセンサーフュージョン。設備や環境の状態、バイタルなど現実空間の多種多様なデータの統合的なセンシングを可能にし、処理しやすい形に合成する技術だ。また、搭載するエッジ上にアクセラレーターが入っていれば高速に稼働させる。これも汎用ハードウェア上で動くようにソフトウェアとして実現する。

3つめがアクチュエーターモデルだ。これは通信の遅延や揺らぎが避けられない無線環境でも、ロボットやドローンなどをリアルタイムで安定して遠隔制御できる技術となる。

上記の3つが岡山氏の言う「今のエッジコンピューティングに足りない技術」。そして4つめの、「自分たちでIoTシステムを構築できるように支援するツール」が、研究テーマ名にも採用したMy-IoT開発プラットフォームだ。「自分にとって最適なIoTシステムが作れるということでMy-IoTと付けた」

My-IoT開発プラットフォームでは、「ちょっとPCが使えるぐらいの現場の人なら簡単にIoTシステムがつくれる」ようになる機能を提供したいという。

データベース、認証、分析、可視化機能などはもちろん、例えばエッジサーバーの電源を入れると自動的にクラウドに接続、ドライバなどが自動配信され特段セットアップをしなくてもすぐ使える「Plug&Play」を実現する。

エッジサーバーを動かすためのアプリケーションの作成も、Node-REDの技術を活用したGUIの開発環境で簡単にできる。それでもプログラミングが難しい場合には、”やりたいこと”を伝えれば、その実現に最適なテンプレートをリコメンドする機能を搭載予定だ。エッジサーバーを買わなくともスマートフォンやタブレット上でエッジサーバー用のアプリケーションを動かすことができる「簡易IoT」機能などの構想もある。

「ここまで手厚い機能があれば、自分たちに必要なIoTシステムがかなり楽に作れる。お金がなくてIoTができない、システムが難しくて無理だという人達に対して導入の障壁を下げてあげたい」と岡山氏は言う。

さらに、得られたプログラム集やノウハウを販売できるIoTストアも構築する。将来的にはコンソーシアムで運営し、技術やノウハウをライセンスしてユーザーの新たなビジネスを生む構想だ。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

1912_webex
1912_hcn
1912_has

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】工場5G
    ローカル5Gで実現するスマートファクトリー
[Part1]工場5Gの理想と現実 [Part2]工場でのローカル5Gの活かし方 [Part3]ドコモが考える工場5G [Part4]5G時代の工場NW進化論

[インタビュー] 慶応義塾大学 教授 手塚悟氏「トラストがSociety5.0の基盤」 [ソリューション特集]IoTで始めるHACCP対策 [技術&トレンド]NW視点で見る3大クラウドの違い/水中高速無線を音波・可視光で ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

マクニカネットワークスHACCP対策の切り札となるIoT
LoRaWANで冷蔵庫内もデータ取得

食品業界に義務付けられるHACCP。IoTで手間と人為的ミスを削減できる

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

NECプラットフォームズ教育用ネットワークをトータル提案
IPv6活用でコスト削減・高速化

快適な校内無線LANには、VPNなど校外NWの整備も必要だ!

アット東京AWSやGCPなどメガクラウドに
直結する新時代のデータセンター

アット東京のデータセンターは“つなぐ”価値に磨きをかける!

ヤマハ仮想NWを始めるならヤマハで!

ヤマハの仮想ルーター「vRX」なら、これまでのノウハウをクラウドでも活かせる。

日本ソルテック学校ネットワークを簡単・安価に

日本ソルテックのクラウド管理型無線LANは、専門学校、介護施設を中心に豊富な導入実績!

シスコシステムズ世界で選ばれているオンライン会議
簡単にワンクリックで会議に参加!

Cisco Webexは社内外、誰とでも高品質なオンライン会議が行える。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社ネットワークに迫る人手不足の危機
遠隔監視と予防保全で乗り越えろ!

光ファイバの保守現場の深刻な技術者不足。日立金属はどう対応した?

ハイ・アベイラビリティ・システムズ「全て」を一括認証できるSSO
簡単導入でパスワード管理から解放

AccessMatrix USOなら導入や運用も容易にシングルサインオンを実現!

ジェムアルト株式会社マルチクラウド時代の情シスを救う
認証プラットフォーム!

認証・特権ID管理をきめ細やかに! 自社サービスとしても展開可能。

ZscalerDX加速させるクラウドセキュリティ
「100ms以下」の遅延で快適利用

Zscalerの革新的アーキテクチャで働き方改革を強力推進!

パロアルトネットワークスパブリッククラウド基盤の
セキュリティ対策はどうする?

開発のライフサイクル全体でリソースを保護する「Prisma Cloud」

ヤマトロジスティクスキャッシュレス化に乗り遅れるな!
決済端末の導入・運用を一括代行

キャッシュレス決済の導入をヤマトロジスティクスがトータル支援!

アクセスランキング

dwpreport
tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2019 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます