企業ネットワーク最前線

<コンテナNWの課題と展望>Kubernetes環境のネットワークの基礎を学ぶ

文◎奈良昌紀、千葉豪(ネットワンシステムズ) 2019.12.11

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

近年、大きな注目を集めている「コンテナ」と、そのオーケストレーションツール「Kubernetes」。ここでは、コンテナ環境におけるネットワークの課題や解決技術、そして今後の展望を説明する。

Dockerにおけるネットワークまず、広く使われているコンテナ化技術「Docker」を例として、コンテナネットワークの概要を説明する。コンテナは一般的にLinux OS上で起動する。このホストは「コンテナホスト」と呼ばれ、各コンテナはコンテナホスト内の論理的なネットワークに接続されている。

具体的には、コンテナホスト内に論理ブリッジ(Linuxブリッジ)が存在し、各コンテナは、LinuxのNetwork Namespace機能により隔離され、仮想ネットワークインターフェース(veth)でこのブリッジに接続される。これによって、コンテナ内のプロセスから見ると、自分専用のネットワークインターフェースがあるように見えている。

そして、コンテナホスト自身が持つネットワークインターフェースもこのブリッジに接続されているため、コンテナで起動するサービスを外部公開する場合には、コンテナホストに対するアクセスがLinuxカーネルのiptablesを使ってNATされる(図表1)。

 

図表1 Dockerのコンテナネットワーク
図表1 Dockerのコンテナネットワーク


Kubernetesでコンテナ群を管理さて、開発環境のように小規模なものであれば、1台のコンテナホスト内で必要なコンテナをすべて起動することができるため、上記のような実装で問題ない。

しかし、コンテナ数が多い場合や、本番環境のように可用性が求められる場合には、クラスター化が必要になる。ここで、分散したコンテナ群を効率的に管理するツールとして「Kubernetes」が登場した。

Kubernetesによるクラスター構成は次のようなものだ。「Master」と「Node」と呼ばれるLinuxホストで構成され、コンテナはNode上で「Pod」と呼ばれる単位で扱われる。このPodは、1つ以上のコンテナ、Podごとのファイルシステム、ネットワークインターフェースを持つ(図表2)。

 

図表2 KubernetesのNodeとPod
図表2 KubernetesのNodeとPod


【課題1】コンテナ間の通信このようなクラスター環境における課題は、コンテナ間の通信だ。Podには独立したIPアドレスが割り当てられるが、Node内でのみ有効なため、そのままではNodeを跨いだ通信は難しい。Dockerでは、LinuxのNAT機能を用いていたが、すべてのPod間通信をNATテーブルで制御するのは限界がある。そこで、多くのコンテナネットワークソリューションではVXLAN技術などによるオーバーレイネットワークが採用されている。

オーバーレイネットワークとは、パケットをカプセル化して送信し、受信側でカプセル化を解いて宛先に届けるものだ。具対的には、Podから送信されたパケットは、Node内のブリッジを経由してLinuxカーネルでカプセル化され、宛先Nodeに送信される。そして、受信したNodeはカプセル化を解いて宛先のPodにパケットを届ける(図表3)。

 

図表3 Podとオーバーレイネットワーク[画像をクリックで拡大]
図表3 Podとオーバーレイネットワーク

オープンソースでは「Flannel」(https://github.com/coreos/flannel)や、RedHat OpenShift Container Platformで利用されている「OpenShift SDN」(https://github.com/openshift/sdn)等がこのアプローチでコンテナ間の通信を実現している。OpenStackにおける仮想マシン間通信と同じ実装だ。

また、別の実装方法として、Podが持つIPアドレスをNodeネットワークに公開する方法もある。オープンソースの「Calico」(https://github.com/projectcalico/calico)は、Podに割り当てられるIPアドレスをBGPでNode外に広報し、各Nodeが経路情報を学習するものである。この手法であれば、基本的にNATは利用されず、パフォーマンスインパクトも小さい。また、BGPを利用することで、Nodeに接続しているネットワーク機器側でもPod向けネットワークが確認可能になる。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

1912_has
1912_thales
necpf2001

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G思考 「大転換」を勝ち残るための8つの思考
<野村総研 桑津浩太郎氏>人とAIのハイブリッド <ALSOK>マルチタスク化 <北海道大学 教授 野口伸氏>無人化 <クロサカタツヤ氏>ユーザー企業主導 <Jリーグ、パシフィックリーグマーケティング>デジタルの絆 <時空テクノロジーズ>インタラクティブな共有体験 <東京都、前橋市>つながる都市 <テラドローン>タイムマシン経営

[インタビュー]グレープ・ワン 小竹完治社長「ローカル5Gは地域BWAと全然違う」 [ソリューション特集]SD-WAN & WAF ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

一般社団法人新規事業・新規市場創出研究会国内唯一の5G/6G調査研究会!

「5Gでの日本の遅れを取り戻したい」。5G、6G、MaaSをテーマにした調査研究会が4月に運営開始する。

sXGPsXGPはローカル5G導入の第一歩

まもなく帯域が拡張されるLTEベースの自営無線「sXGP」は、ローカル5G導入のファーストステップとなる!

マクニカネットワークスHACCP対策の切り札となるIoT
LoRaWANで冷蔵庫内もデータ取得

食品業界に義務付けられるHACCP。IoTで手間と人為的ミスを削減できる

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

NECプラットフォームズ教育用ネットワークをトータル提案
IPv6活用でコスト削減・高速化

快適な校内無線LANには、VPNなど校外NWの整備も必要だ!

アット東京AWSやGCPなどメガクラウドに
直結する新時代のデータセンター

アット東京のデータセンターは“つなぐ”価値に磨きをかける!

ヤマハ仮想NWを始めるならヤマハで!

ヤマハの仮想ルーター「vRX」なら、これまでのノウハウをクラウドでも活かせる。

日本ソルテック学校ネットワークを簡単・安価に

日本ソルテックのクラウド管理型無線LANは、専門学校、介護施設を中心に豊富な導入実績!

シスコシステムズ世界で選ばれているオンライン会議
簡単にワンクリックで会議に参加!

Cisco Webexは社内外、誰とでも高品質なオンライン会議が行える。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社ネットワークに迫る人手不足の危機
遠隔監視と予防保全で乗り越えろ!

光ファイバの保守現場の深刻な技術者不足。日立金属はどう対応した?

ハイ・アベイラビリティ・システムズ「全て」を一括認証できるSSO
簡単導入でパスワード管理から解放

AccessMatrix USOなら導入や運用も容易にシングルサインオンを実現!

ジェムアルト株式会社マルチクラウド時代の情シスを救う
認証プラットフォーム!

認証・特権ID管理をきめ細やかに! 自社サービスとしても展開可能。

アクセスランキング

dwpreport
tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます