ニュース

ドコモがZETA推進団体に加盟、「LPWA比較で行き着いた」

文◎坪田弘樹(編集部) 2019.06.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

LPWA(Low Power Wide Area)規格の1つである「ZETA」を推進する業界団体ZETAアライアンスが2019年6月14日、「第4回 ZETA Alliance DAY」を東京・品川で開催した。新たに加盟したNTTドコモが、ZETAを活用したスマート農業の取り組みを紹介。複数のLPWAを比較検討した結果、「ZETAに行き着いた」理由も合わせて説明した。


ZETAアライアンスは2018年8月に、テクサ―や凸版印刷、アイティアクセス、QTnet等を中心に設立された。英ZiFiSence社が開発したアンライセンス方式のLPWA規格の「ZETA」の普及推進を目的とし、2019年5月時点で参加企業は50社を超える。2019年4月には「ZETAアライアンス・チャイナ」も設立され、日中企業間の交流とデバイス/ソリューション開発も活発化してきている。

そのZETAアライアンスが、第4回めとなるセミナー「ZETA Alliance DAY」を東京品川で開催した。発表内容の目玉が、NTTドコモの加盟だ。ドコモで農業ICT関連のビジネス開発を担当するライフサポートビジネス推進部 フードテックビジネス担当課長の大関優氏が、同社の取り組みとZETAを選んだ理由について説明した。


第4回ZETA Alliance DAYで講演するNTTドコモ
ライフサポートビジネス推進部 フードテックビジネス担当課長の大関優氏


大関氏は農業ICTの取り組みのなかで、「LPWA技術を比較し、行き着いたのがZETAだった」と語った。

ドコモでは、ドローンやフィールドセンサー等を活用した次世代農業用ソリューションの開拓を進めており、温湿度や土壌データを収集するフィールドセンサーを圃場に設置し、そのデータを収集・分析して活用するための実証試験を行っている。講演では、茨城県つくば市で実施している「EZ水耕」などを紹介。圃場のセンサーからデータを収集するための通信方式として複数のLPWAを比較検討した結果、選んだのがZETAだったという。


つくば市で行われているEZ水耕の取り組みなどを紹介


長年にわたり農業IoTを手がけてきた経験から同氏は、圃場で用いるセンサーと通信方式にかかわる課題を4つ挙げた。1つは長距離通信で、広域かつ分散した圃場でセンシングを行うに当たり、数キロから10キロで超狭帯域通信が行えるLPWAを「農業IoTのキーテクノロジー」とした。

そして、残り3つの課題において、ZETAの優位性を強調した。1つは、センサーおよび通信機器のバッテリー交換に関するものだ。ZETAは、センサーと中継器の低電力性で強みを発揮するという。



農業IoTにおけるLPWAとZETAの強みを解説


ZETAは、他のLPWAと異なる特徴として、基地局とIoTデバイス間で直接通信を行うだけでなく、間に電池駆動式の中継器を介した通信が可能だ。電源確保が不要な中継器を使って、通信距離を容易に延伸できる。また、複数の中継器でメッシュ型ネットワークを構築することで、冗長経路を確保することも可能だ。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

NTTコムウェア1906
ciena1906
intel1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gのホントの実力
[Part1]5G新アプリも米国発に? [Part2]韓国「5G+戦略」の実像 [Part3]実証実験で見えてきた5Gの実力 [Part4]産業イーサを代替できる? さらに進化する5G

●[インタビュー] 慶應義塾大学教授 砂原秀樹氏「IoTセキュリティと情報銀行がインターネット前提社会の基盤」 ●今から始めるGDPR対策 ●メッシュWi-Fiで“超手軽”な無線LAN ●100万円から作れる!Amazon Go型店舗 ●Ansibleでソフトバンクが働き方改革 ●電気もガスもWi-SUNの時代へ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

アクセスランキング

tc1904
kaden
softbankworld2019

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます