企業ネットワーク最前線

<これが正解!有線LAN高速化>2ステップで無理・無駄なく10ギガへ

文◎坪田弘樹(編集部) 2019.05.15

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「1Gは物足りないが、10Gは高値の花」――。LANを高速化したくても、ケーブル張替えコストに尻込みしていた企業も多いだろう。だが、ようやく機は熟した。「マルチギガビット」をうまく使って10Gを目指そう。

 
無線LAN(Wi-Fi)の通信速度が有線LANを上回る逆転現象が生じたのは、2016年頃のこと。IEEE802.11ac Wave2の導入が始まったときだ。

11ac Wave2の理論上の最大速度は6.9Gbps(8ストリーム時)で、主に流通している4ストリーム対応アクセスポイント(AP)でも最大速度は約2Gbpsとなる。APを収容する有線LANが1Gイーサネットの場合、その性能はフルに発揮できない。

そして今後は、次世代Wi-Fi規格である11axの導入が始まる。企業向けの11ax対応APは当初、最大速度が2.5Gbps程度のものが出てくると予想され、有線LAN増速の必要性はますます高まる。なお、家庭向けでは、4ストリームで最大速度が約6Gbps(5GHz帯で4.8Gbps、2.4GHz帯で1.15Gbps)のAPも登場している。

もちろん、Wi-Fiを使用しない場合でも状況は変わらない。企業で使われるデータ量は急増しており、現在は1Gが主流の有線LANも、そろそろ「10G化」へ動き出すべきときだ。中小企業向けネットワーク製品で高いグローバルシェアを持つネットギアジャパン プロダクトマーケティングの曽利雅樹氏は、「10Gスイッチのニーズは高い。最近まで、どちらかというと販売店のほうが提案に消極的だったが、お客様から我々に直接10Gスイッチの問い合わせが来ることも多い」と話す。

 

図表1 11ax導入がもたらす有線LANの課題
図表1 11ax導入がもたらす有線LAN導入の課題


スイッチ交換だけで2.5/5Gbpsでは、現在使っている1Gスイッチを10Gスイッチに置き換えればいいのかというと、そうは簡単にいかない。そもそも2.5Gbps程度のWi-Fiの速度に比べてオーバースペックになるし、コストも高くつくからだ。

10Gスイッチの価格はかなり低廉化してきているので、この点はさほど問題にならない。問題は、LANケーブルの配線コストだ。10G伝送を行うにはカテゴリー6A(以下、Cat 6Aのように表記)以上のケーブルが必要なため(図表3)、Cat 5e/6ケーブルを敷設している場合は張り替えなければならない。

 

図表2 10G対応スイッチの導入に関する難点
図表2 10G対応スイッチの導入に関する難点


図表3 ケーブル規格と通信速度

図表1 ケーブル規格と通信速度


この問題を解決するため、10Gイーサネットの後に標準規格化されたのが「マルチギガビットイーサネット」だ。2.5Gbpsまたは5Gbpsの伝送速度を、Cat 5e/6ケーブルで実現する規格である。これならスイッチだけを入れ替えればよい。

マルチギガビットイーサネットが登場したのは2016年だ。11ac Wave2の普及に備えて、9月にIEEE 802.3bz-2016として承認された。これに先立つ2015年にシスコシステムズが「MGig」の機能名で対応スイッチを発売。ヒューレット・パッカード・エンタープライズも「SmartRate」の機能名で対応スイッチを提供するなど、多くの製品が流通している。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

netscout1908
synology1907
cloudian1907

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

アクセスランキング

tc1904
20191017

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます