企業ネットワーク最前線

<これが正解!有線LAN高速化>2ステップで無理・無駄なく10ギガへ

文◎坪田弘樹(編集部) 2019.05.15

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「1Gは物足りないが、10Gは高値の花」――。LANを高速化したくても、ケーブル張替えコストに尻込みしていた企業も多いだろう。だが、ようやく機は熟した。「マルチギガビット」をうまく使って10Gを目指そう。

 
無線LAN(Wi-Fi)の通信速度が有線LANを上回る逆転現象が生じたのは、2016年頃のこと。IEEE802.11ac Wave2の導入が始まったときだ。

11ac Wave2の理論上の最大速度は6.9Gbps(8ストリーム時)で、主に流通している4ストリーム対応アクセスポイント(AP)でも最大速度は約2Gbpsとなる。APを収容する有線LANが1Gイーサネットの場合、その性能はフルに発揮できない。

そして今後は、次世代Wi-Fi規格である11axの導入が始まる。企業向けの11ax対応APは当初、最大速度が2.5Gbps程度のものが出てくると予想され、有線LAN増速の必要性はますます高まる。なお、家庭向けでは、4ストリームで最大速度が約6Gbps(5GHz帯で4.8Gbps、2.4GHz帯で1.15Gbps)のAPも登場している。

もちろん、Wi-Fiを使用しない場合でも状況は変わらない。企業で使われるデータ量は急増しており、現在は1Gが主流の有線LANも、そろそろ「10G化」へ動き出すべきときだ。中小企業向けネットワーク製品で高いグローバルシェアを持つネットギアジャパン プロダクトマーケティングの曽利雅樹氏は、「10Gスイッチのニーズは高い。最近まで、どちらかというと販売店のほうが提案に消極的だったが、お客様から我々に直接10Gスイッチの問い合わせが来ることも多い」と話す。

 

図表1 11ax導入がもたらす有線LANの課題
図表1 11ax導入がもたらす有線LAN導入の課題


スイッチ交換だけで2.5/5Gbpsでは、現在使っている1Gスイッチを10Gスイッチに置き換えればいいのかというと、そうは簡単にいかない。そもそも2.5Gbps程度のWi-Fiの速度に比べてオーバースペックになるし、コストも高くつくからだ。

10Gスイッチの価格はかなり低廉化してきているので、この点はさほど問題にならない。問題は、LANケーブルの配線コストだ。10G伝送を行うにはカテゴリー6A(以下、Cat 6Aのように表記)以上のケーブルが必要なため(図表3)、Cat 5e/6ケーブルを敷設している場合は張り替えなければならない。

 

図表2 10G対応スイッチの導入に関する難点
図表2 10G対応スイッチの導入に関する難点


図表3 ケーブル規格と通信速度

図表1 ケーブル規格と通信速度


この問題を解決するため、10Gイーサネットの後に標準規格化されたのが「マルチギガビットイーサネット」だ。2.5Gbpsまたは5Gbpsの伝送速度を、Cat 5e/6ケーブルで実現する規格である。これならスイッチだけを入れ替えればよい。

マルチギガビットイーサネットが登場したのは2016年だ。11ac Wave2の普及に備えて、9月にIEEE 802.3bz-2016として承認された。これに先立つ2015年にシスコシステムズが「MGig」の機能名で対応スイッチを発売。ヒューレット・パッカード・エンタープライズも「SmartRate」の機能名で対応スイッチを提供するなど、多くの製品が流通している。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

sonybiz1904
silverpeak1904
cyber1903

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】キャリアネットワークの
   メガトレンド
●5Gを4つのキーワードで解説 ●通信インフラは「共有」する  ●基地局は持ち運ぶ時代へ ●ネットワーク機器の機能分離が加速 ●ゲームチェンジの引き金を引くO-RAN ●5G網はSRv6で一筆書き

●[インタビュー] クアルコムジャパン 須永順子社長「5Gの1年前倒しに大きな意義。ローカル5Gを工場へ積極提案」 ●スマホ内線化で働き方を変える ●埼玉県飯能市が“IoT罠”で獣害対策 ●ネットワン「サブスク拡大」の理由 ●IoTを導入しない企業は5年以内に脱落? ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
プレゼントキャンペーン201904A

スペシャルトピックス

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークス「ワイヤレスジャパン」に出展!
Wi-FiとIoTをAIが自動で管理

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

サイバーソリューションズビジネスメール詐欺を確実に防御!
メール攻撃対策の頼れる存在

MAILGATESΣなら、既存メール環境と組み合わせて解決できる

ZETAアライアンスマルチホップができる革新的LPWA
ZETAでIoTビジネスを掘り起こす!

マルチホップという他のLPWAにない特性で、次々にユースケース開拓!

ソネット“ネットワークエンジニア不要”は
本当だった!

コスパの高さと圧倒的使い易さに感銘! Ubiquitiのユーザーが証言。

ラクスメール対応ミスを複数人管理で減少
誤送信を防ぐ送信前チェック機能も

返信モレに重複対応、誤送信……。メールによる顧客対応の課題解決!

NECモバイルワークに必須のアイテム
いつでもどこでも内線通話を実現!

NECのUNIVERGE ST500は、スマホを内線端末として利用可能にする。

アクセスランキング

tc1904
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます