企業ネットワーク最前線

NTT東が分身ロボを使う理由――介護と仕事の両立も支援

文◎坪田弘樹(編集部) 2019.05.14

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

在宅勤務中の社員がオフィス内の同僚や上司とコミュニケーションするのに役立つ分身ロボット。現在60台を運用しているNTT東日本では、単なるテレワークツールに留まらない幅広い可能性が見えてきている。

 
社員がミーティングをしているテーブルに、小ぶりなロボットが1台。首を振ってホワイトボードや発話者に目を向けながら議論に耳を傾けている。うなずいたり、両手を挙げて賛同を表したり、時には自ら意見も述べる。

NTT東日本では、こんな光景が見慣れたものになった。会議の場だけでなく、“自分”の机に座って周囲とコミュニケーションを取っていることもある。個性を抑えたデザインと愛らしい仕草も相まって、職場の雰囲気にもすっかり溶け込んでいる。

テレビ会議では“何か足りない”「OriHime(オリヒメ)」と名付けられたこのロボットは、吉藤健太朗(吉藤オリィ)氏がCEOを務めるオリィ研究所が開発した分身ロボットだ。冒頭のような動作は、在宅勤務で働く社員が、スマートフォン/タブレットのアプリを使ってインターネット越しに操作している。

OriHimeは、喜怒哀楽が様々に見える能面を参考にデザインされており、利用者の表情を想像できる効果があるという
OriHimeは、喜怒哀楽が様々に見える能面を参考にデザインされており、
利用者の表情を想像できる効果があるという



利用者は、OriHimeの内蔵カメラの映像とマイクが拾う音で、遠隔からでも職場の状況がわかる。スピーカーを介して話すことも可能だ。

操作は至って簡単だ。専用アプリの画面で上下左右にスワイプすれば見たい方向に視線を向けられる。画面右端のジェスチャーボタンをタップすれば、うなずいたり、首を振ったり、手を挙げたりとジェスチャーで意を伝えられる。

なお、自ら移動はできないが、片手に乗るほど小型軽量でWi-Fi通信機能を備えるため、自席でも会議室でもどこでも持ち運べる。

操作アプリ「OriHime Biz」の画面。右端に「はい」や「いいえ」「ぱちぱち(拍手)」などの予め登録されたアクションボタンが並んでいる。上下左右へのスワイプで視線を動かせる
操作アプリ「OriHime Biz」の画面。右端に「はい」や「いいえ」「ぱちぱち(拍手)」などの
予め登録されたアクションボタンが並んでいる。上下左右へのスワイプで視線を動かせる



NTT東日本がこのOriHimeを採用した目的は、在宅勤務者が抱く“疎外感”を解消することだった。総務人事部 ダイバーシティ推進室 担当課長の上村雄亮氏は次のように話す。「電話やメール、チャットなど、在宅勤務する人が社内とコミュニケーションする手段はいろいろあるが、臨場感をもって仕事をしないと進まない業務では“何かが足りない”と感じていた」

臨場感を高めるツールとしてはテレビ会議があるが、「家の中が映るため、使いたくないという声もあった」という。

NTT東日本 総務人事部 ダイバーシティ推進室 担当課長の上村雄亮氏
NTT東日本 総務人事部 ダイバーシティ推進室 担当課長の上村雄亮氏


そんな折、元来は医療・介護現場向けに開発されたOriHimeをオフィスで使ってみようという検討が始まった。2016年にNTT東日本とオリィ研究所は共同研究を開始。在宅勤務社員の分身として使い始めた。

それから2年余り、今ではOriHimeも“60人”に増え、NTT東日本管内の全事業所に数台ずつ配備されている。同社は、社員が日数の制限なく在宅勤務ができるテレワーク制度を施行しており、OriHimeも特に職種等を問うことなく、利用申請をした希望者に貸与されている。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

paloalto1911
yamato1911
mi201910

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】クラウドネットワーキング革命
<Part1>5G網はクラウドネイティブ コンテナで進化するNFV <Part2>中小企業で増加する「DCにルーターだけ問題」を仮想ルーターで解決 <Part3>コンテナNWの課題と展望 <Part4>VMwareが考える新クラウド時代のネットワーク <Part5>クラウド時代の防衛戦略

●[インタビュー] OKI 常務 坪井正志氏「社会インフラ×IoTは新段階へ」 ●5Gで東京を最先端の都市に ●「つながるクルマ」は内と外で守る ●オンラインゲームはなぜ狙われる ●5GにおけるSDNの役割とは? ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ZscalerDX加速させるクラウドセキュリティ
「100ms以下」の遅延で快適利用

Zscalerの革新的アーキテクチャで働き方改革を強力推進!

パロアルトネットワークスパブリッククラウド基盤の
セキュリティ対策はどうする?

開発のライフサイクル全体でリソースを保護する「Prisma Cloud」

ヤマトロジスティクスキャッシュレス化に乗り遅れるな!
決済端末の導入・運用を一括代行

キャッシュレス決済の導入をヤマトロジスティクスがトータル支援!

MIPHS/ISDNからの移行を
「安価」かつ「手軽」に

PHSモデムの入れ替えだけで「LTE化」が完了する!

ヤマトロジスティクスキッティングから配送まで一括提供
PC移行の工程はすべてお任せ!

Windows 7の延長保守サポート終了! ヤマトなら安心して任せられる

サンテレホン何か「御用」ありませんか? 国内最大級ICT機材のECサイトが誕生

10万点の情報通信機材を取り扱うECサイト「GOYOU(ゴヨー)」

エス・アンド・アイMS Teams×電話に新たな選択肢
キャリア回線使用で通話品質も安定

SBC機能のクラウド提供も開始 “設備レス”でDirect Routing導入

ブラステルクラウドPBX市場のパイオニア
信頼性と音声品質で5万台の実績

IP電話に関する調査では3項目で1位を獲得! ブラステルの「Basix」

三通テレコムサービス“明朗会計”で人気のクラウドPBX

ユーザーが増えても基本料は最大4900円! 三通テレコムサービスの「clocall PBX」

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

アクセスランキング

tc1904
banner27

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます