企業ネットワーク最前線

NTT東が分身ロボを使う理由――介護と仕事の両立も支援

文◎坪田弘樹(編集部) 2019.05.14

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

在宅勤務中の社員がオフィス内の同僚や上司とコミュニケーションするのに役立つ分身ロボット。現在60台を運用しているNTT東日本では、単なるテレワークツールに留まらない幅広い可能性が見えてきている。

 
社員がミーティングをしているテーブルに、小ぶりなロボットが1台。首を振ってホワイトボードや発話者に目を向けながら議論に耳を傾けている。うなずいたり、両手を挙げて賛同を表したり、時には自ら意見も述べる。

NTT東日本では、こんな光景が見慣れたものになった。会議の場だけでなく、“自分”の机に座って周囲とコミュニケーションを取っていることもある。個性を抑えたデザインと愛らしい仕草も相まって、職場の雰囲気にもすっかり溶け込んでいる。

テレビ会議では“何か足りない”「OriHime(オリヒメ)」と名付けられたこのロボットは、吉藤健太朗(吉藤オリィ)氏がCEOを務めるオリィ研究所が開発した分身ロボットだ。冒頭のような動作は、在宅勤務で働く社員が、スマートフォン/タブレットのアプリを使ってインターネット越しに操作している。

OriHimeは、喜怒哀楽が様々に見える能面を参考にデザインされており、利用者の表情を想像できる効果があるという
OriHimeは、喜怒哀楽が様々に見える能面を参考にデザインされており、
利用者の表情を想像できる効果があるという



利用者は、OriHimeの内蔵カメラの映像とマイクが拾う音で、遠隔からでも職場の状況がわかる。スピーカーを介して話すことも可能だ。

操作は至って簡単だ。専用アプリの画面で上下左右にスワイプすれば見たい方向に視線を向けられる。画面右端のジェスチャーボタンをタップすれば、うなずいたり、首を振ったり、手を挙げたりとジェスチャーで意を伝えられる。

なお、自ら移動はできないが、片手に乗るほど小型軽量でWi-Fi通信機能を備えるため、自席でも会議室でもどこでも持ち運べる。

操作アプリ「OriHime Biz」の画面。右端に「はい」や「いいえ」「ぱちぱち(拍手)」などの予め登録されたアクションボタンが並んでいる。上下左右へのスワイプで視線を動かせる
操作アプリ「OriHime Biz」の画面。右端に「はい」や「いいえ」「ぱちぱち(拍手)」などの
予め登録されたアクションボタンが並んでいる。上下左右へのスワイプで視線を動かせる



NTT東日本がこのOriHimeを採用した目的は、在宅勤務者が抱く“疎外感”を解消することだった。総務人事部 ダイバーシティ推進室 担当課長の上村雄亮氏は次のように話す。「電話やメール、チャットなど、在宅勤務する人が社内とコミュニケーションする手段はいろいろあるが、臨場感をもって仕事をしないと進まない業務では“何かが足りない”と感じていた」

臨場感を高めるツールとしてはテレビ会議があるが、「家の中が映るため、使いたくないという声もあった」という。

NTT東日本 総務人事部 ダイバーシティ推進室 担当課長の上村雄亮氏
NTT東日本 総務人事部 ダイバーシティ推進室 担当課長の上村雄亮氏


そんな折、元来は医療・介護現場向けに開発されたOriHimeをオフィスで使ってみようという検討が始まった。2016年にNTT東日本とオリィ研究所は共同研究を開始。在宅勤務社員の分身として使い始めた。

それから2年余り、今ではOriHimeも“60人”に増え、NTT東日本管内の全事業所に数台ずつ配備されている。同社は、社員が日数の制限なく在宅勤務ができるテレワーク制度を施行しており、OriHimeも特に職種等を問うことなく、利用申請をした希望者に貸与されている。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

cloudian1907
nec1907
netscout1908

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

アクセスランキング

tc1904
20191017

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます