ニュース

探しモノの方向がわかる、cm級測位も可能な新規格「Bluetooth 5.1」

文◎坪田弘樹(編集部) 2019.03.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

Bluetoothの認証等を行う業界団体であるBluetooth SIGは2019年1月、新規格「Bluetooth 5.1」を発表した。目玉は「方向検知」機能だ。cmレベルの詳細な位置推定が可能になるという。スマートフォンやスマートウォッチ、ビーコンタグ等に実装されることで、屋内測位ソリューションの適用範囲が大きく広がりそうだ。


2016年12月にBluetooth 5.0が正式採択されてから約2年、2019年1月に最新のコア規格Bluetooth 5.1が発表された。

業界団体のBluetooth SIG(Special Interest Group)は2019年3月8日に報道機関向けの説明会を都内で開催。Bluetooth関連市場の現状と、新規格である5.1の主要機能について解説した。

まず市場動向について、Bluetooth SIGでAPACデベロッパー リレーションズ マネージャーを務めるカイ・レン氏は、2010年に登場したBluetooth Low Energy(Bluetooth LE)、そして2017年7月から仕様に加えられたBluetooth Meshによる新市場の開拓が進んでいることを紹介した。


Bluetooth SIGがターゲットとする新興市場とユースケース


調査会社ABIリサーチによれば「2018年のBluetoothデバイスの出荷台数は約40億台。2022年には年間で52億台ものデバイス出荷が予測されている」(同氏)。また、Bluetooth LEを使った位置情報サービスの市場も急成長しており、同社が2018年に行った最新の調査では、この分野だけで2022年には年間4億台を超えるBluetooth製品が出荷されると見込まれている。

Bluetooth Meshはその名の通りメッシュ型のトポロジーを可能にしたものであり、これにより、Bluetooth LEによる位置情報サービスの適用領域がさらに拡大。ナビゲーションや道案内、モノの探索や資産追跡といったアプリケーションに加えて、照明や空調設備等の遠隔制御や監視、自動化システムへの適用も進展しているという。「我々が新興市場として捉えているスマートビルディングやスマートホーム、スマートインダストリーといった分野でも採用が広がっている」(カイ・レン氏)。



Bluetooth SIGでAPACデベロッパー リレーションズ マネージャーを務めるカイ・レン氏


Bluetooth位置情報サービスの“現在”をおさらい
この位置情報サービスをさらに進化させる新機能が、Bluetooth 5.1の目玉である「方向検知」機能だ。その名の通り、Bluetooth LEタグを付けたモノや、スマートフォンの方向を推定できるようにする機能である。

まず、Bluetooth位置情報サービスについておさらいしておこう。

現在のBluetooth位置情報サービスは、受信信号の強度(RSSI)によって対象物との距離を推定し、その位置を割り出している。

例えば、財布にタグを取り付けて、置き忘れた場合にスマホアプリでその位置を探すというアプリケーションがある。この場合、タグとスマホとの間で通信し、そのRSSIによって距離を推定するわけだが、スマホ側で特定できるのはあくまで一定の範囲内にタグ(つまり財布)があるか否かだ。ユーザーはその情報から「財布が近くにある」ことを推定できるに過ぎない。



RSSIによる測位システムのイメージ


もう1つ、ビルや倉庫、工場といった施設全体にBluetoothのロケーター(受信機)を取り付ければ、その中を移動するモノ(タグ)やヒト(スマホ)の位置を測ることも可能だ。3台以上のロケーターが同一タグから信号を受信すれば、三辺測量によってその位置を推定することができる。現在ではメートル単位の精度で測位が可能だ。

今回加わった方向検知機能は、RSSIによる測位と組み合わせることで、こうした位置情報サービスを大きく進化させる。

 

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

zscaler2005
netskope2005
nttcom2005

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】2030年のネットワーク
     IOWNから脳情報通信まで

<Part1>IOWNが目指す知覚超え <Part2>モバイルとWi-Fiの高速化の行方 <Part3>O-RANで変わる携帯網 <Part4>データ中心NWへの道筋 <Part5>衛星通信はBtoBから <Part6>脳情報通信が現実に

[インタビュー]NEC 河村厚男常務<NTT、楽天と大きな筋道作れた 世界RAN市場の20%を狙う>/ソフトバンク 藤長国浩常務<5G共創は「実用化」にこだわる プライベート5Gにかなりの反響> [ソリューション特集]withコロナで変わる企業コミュニケーション ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

ディアイティOffice 365が遅い、
情報漏洩が心配…を解決する方法

実はCASB×DLPで全部解決できた! Forcepointが全てを叶える。

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

パロアルトネットワークスSASE実現するクラウドセキュリティ
従業員は意識せず安全なテレワーク

GWの逼迫解消、ローカルブレイクアウト、ユーザーの快適さを一挙に!

Microsoft Teams会議から1万人の仮想イベントまで
コラボの場はリアルからTeamsへ

Microsoft Teamsの利用が急増中だ。
4月時点の利用者数は1日7500万人!

丸文ローカル5G“実用化”へ万全の備えを
試験・置局、セキュリティまで網羅

ローカル5Gには何が必要か。長年キャリアを支援する丸文に尋ねた。

インテルネットワーク変革をインテルが牽引
仮想化技術でローカル5Gにも貢献

インテルの5Gビジネスが加速してきた。ローカル5Gにも取り組む。

ライムライト・ネットワークス・ジャパン8K対応/安定性/超低遅延
選べる3つのライブ配信サービス

自社だけでは困難な高品質ライブ配信をライムライトが強力サポート!

クラウド&サービスプロバイダ向けのオンラインイベント「新たな時代に向けたネットワーク」通信事業者の新たな時代に向けた
ネットワーク「Telcoクラウド」

ジュニパーのクラウド&サービスプロバイダ向けバーチャルサミット!

e-Janネットワークス「明日からテレワーク」。そんな急なニーズにも安心・安全に応える

テレワークをすばやく全社展開できる「Splashtop for CACHATTO」

都築電気テレワークと健康経営の実践4年目
その知見をワンストップで提供

働き方改革を推進する都築電気がテレワークに最適なグループウェア!

アライドテレシスNWベンダーならではの脆弱性診断
セキュリティの第一歩はここから!

アライドテレシスなら簡単かつ安価に脆弱性診断ができる!

NTTコミュニケーションズ「ゼロトラストセキュリティ」へ
移行するための5つのポイント

脱・境界型セキュリティを図るための要点をNTT Comに聞いた。

IIJVPN逼迫やSaaSが遅い問題を解消!テレワーク環境整備を手軽に実現

Office 365等のSaaSが迫る企業NWの再設計にIIJのクラウドプロキシ!

ジュニパーネットワークスAIがUXを最大化するネットワーク
トラブル解決を自動運転で!

AIが自律的に障害対応するNWを
ジュニパーはすでに商用で安定稼働

レッドハット5G×コンテナ基盤×アプリを
エッジで自律運用

5G時代のNWインフラはエッジも自律運用できるクラウドネイティブへ

ゼットスケーラーゼットスケーラーだからできる!
セキュリティとNWの脱・レガシー

オンプレミス非依存のセキュリティと、場所に囚われないNWアクセスを

NetskopeなぜNetskopeならテレワークが進むのか? 秘訣は一元制御にあり!

セキュリティが不安でテレワークが進まない。そんな悩みを簡単解消!

ジュニパーネットワークス“ただのSD-WAN”はもう要らない!
LANもWi-Fiもすべてクラウド管理へ

今必要とされているのは、“SD-WAN+α”のソリューションだ。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます