ニュース

探しモノの方向がわかる、cm級測位も可能な新規格「Bluetooth 5.1」

文◎坪田弘樹(編集部) 2019.03.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

Bluetoothの認証等を行う業界団体であるBluetooth SIGは2019年1月、新規格「Bluetooth 5.1」を発表した。目玉は「方向検知」機能だ。cmレベルの詳細な位置推定が可能になるという。スマートフォンやスマートウォッチ、ビーコンタグ等に実装されることで、屋内測位ソリューションの適用範囲が大きく広がりそうだ。


2016年12月にBluetooth 5.0が正式採択されてから約2年、2019年1月に最新のコア規格Bluetooth 5.1が発表された。

業界団体のBluetooth SIG(Special Interest Group)は2019年3月8日に報道機関向けの説明会を都内で開催。Bluetooth関連市場の現状と、新規格である5.1の主要機能について解説した。

まず市場動向について、Bluetooth SIGでAPACデベロッパー リレーションズ マネージャーを務めるカイ・レン氏は、2010年に登場したBluetooth Low Energy(Bluetooth LE)、そして2017年7月から仕様に加えられたBluetooth Meshによる新市場の開拓が進んでいることを紹介した。


Bluetooth SIGがターゲットとする新興市場とユースケース


調査会社ABIリサーチによれば「2018年のBluetoothデバイスの出荷台数は約40億台。2022年には年間で52億台ものデバイス出荷が予測されている」(同氏)。また、Bluetooth LEを使った位置情報サービスの市場も急成長しており、同社が2018年に行った最新の調査では、この分野だけで2022年には年間4億台を超えるBluetooth製品が出荷されると見込まれている。

Bluetooth Meshはその名の通りメッシュ型のトポロジーを可能にしたものであり、これにより、Bluetooth LEによる位置情報サービスの適用領域がさらに拡大。ナビゲーションや道案内、モノの探索や資産追跡といったアプリケーションに加えて、照明や空調設備等の遠隔制御や監視、自動化システムへの適用も進展しているという。「我々が新興市場として捉えているスマートビルディングやスマートホーム、スマートインダストリーといった分野でも採用が広がっている」(カイ・レン氏)。



Bluetooth SIGでAPACデベロッパー リレーションズ マネージャーを務めるカイ・レン氏


Bluetooth位置情報サービスの“現在”をおさらい
この位置情報サービスをさらに進化させる新機能が、Bluetooth 5.1の目玉である「方向検知」機能だ。その名の通り、Bluetooth LEタグを付けたモノや、スマートフォンの方向を推定できるようにする機能である。

まず、Bluetooth位置情報サービスについておさらいしておこう。

現在のBluetooth位置情報サービスは、受信信号の強度(RSSI)によって対象物との距離を推定し、その位置を割り出している。

例えば、財布にタグを取り付けて、置き忘れた場合にスマホアプリでその位置を探すというアプリケーションがある。この場合、タグとスマホとの間で通信し、そのRSSIによって距離を推定するわけだが、スマホ側で特定できるのはあくまで一定の範囲内にタグ(つまり財布)があるか否かだ。ユーザーはその情報から「財布が近くにある」ことを推定できるに過ぎない。



RSSIによる測位システムのイメージ


もう1つ、ビルや倉庫、工場といった施設全体にBluetoothのロケーター(受信機)を取り付ければ、その中を移動するモノ(タグ)やヒト(スマホ)の位置を測ることも可能だ。3台以上のロケーターが同一タグから信号を受信すれば、三辺測量によってその位置を推定することができる。現在ではメートル単位の精度で測位が可能だ。

今回加わった方向検知機能は、RSSIによる測位と組み合わせることで、こうした位置情報サービスを大きく進化させる。

 

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

MOVEit2004
sumi2001
apresia2001

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】6Gへ Beyond 5Gへの挑戦
<Part1>6Gは究極の無線通信 <Part2>総務省の6G推進戦略 <Part3>韓国の6G商用化は2028年 <Part4>100ギガ無線へのトビラを開くテラヘルツを人類の手に <Part5>6Gの重要コンセプト「超カバレッジ拡張」 <Part6>6Gへつながる進化の道筋「5G evolution」の全貌 

[インタビュー]東京大学 教授 中尾彰宏氏「ローカル5Gに価格破壊 王道と違う6Gへの道を探求」 [ソリューション特集]スモールビジネスWi-Fi [事例研究]ミクシィがホワイトボックス導入 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

都築電気テレワークと健康経営の実践4年目
その知見をワンストップで提供

働き方改革を推進する都築電気がテレワークに最適なグループウェア!

ドコモ・システムズNTTグループ23万人を支える
テレワークツール

伝統的な日本企業が作ったツールだから、かゆい所に手が届く!

WhatsUp Goldネットワーク監視に圧倒的使い勝手
安価な導入コストでも厚い支持

中小企業から通信キャリアまで、WhatsUp Goldが人気の理由とは?

MOVEit Transfer / MOVEit Automationデータ保護新時代のファイル転送
HIPPA、GDPRなど各種規制に対応

主要データ保護規制に準拠した安全なファイル転送ソフトの決定版!

moconaviBYODもセキュリティもこれひとつ
本当に明日からできるテレワーク

業務システムのリモート利用や公私分計をセキュアに実現するmoconavi

アライドテレシススモールビジネスのWi-Fi整備は
プロにおまかせ!

アライドテレシスなら安く・早く・楽に・安全に導入・運用してくれる

ソネットSMBに“ちょうどいい”Wi-Fi

高コストはかけたくないが、家庭用では性能が足りない。そんなジレンマを解決できるWi-Fiがあった!

ジュニパーネットワークス“ただのSD-WAN”はもう要らない!
LANもWi-Fiもすべてクラウド管理へ

今必要とされているのは、
“SD-WAN+α”のソリューションだ。

Citrix SD-WANシトリックスといえば「UX重視」
その哲学はSD-WANにも!

情シスも現場も幸せになれる
「SD-WAN」がここにある。

ソフトバンク目的・用途別にSD-WAN使い分け!
ソフトバンクが“3つめ”を出す理由

IaaS利用に最適な新SD-WANで
企業のクラウドシフトをサポート!

ブロードメディア・テクノロジーズAryakaの“SD-WAN as a Service”
なら全部お任せできる!

AryakaのSD-WANはコアからラストマイルまで一括で運用を任せられる

東京エレクトロンデバイスクラウド基盤にお勧めのWAF
高い検知性能でコスト削減

WAF市場のリーダー、F5製品は多角的分析による検知精度の高さが特徴だ

一般社団法人新規事業・新規市場創出研究会国内唯一の5G/6G調査研究会!

「5Gでの日本の遅れを取り戻したい」。5G、6G、MaaSをテーマにした調査研究会が4月に運営開始する。

sXGPsXGPはローカル5G導入の第一歩

まもなく帯域が拡張されるLTEベースの自営無線「sXGP」は、ローカル5G導入のファーストステップとなる!

マクニカネットワークスHACCP対策の切り札となるIoT
LoRaWANで冷蔵庫内もデータ取得

食品業界に義務付けられるHACCP。IoTで手間と人為的ミスを削減できる

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます