企業ネットワーク最前線

ZETAが仕掛ける「LPWA 2.0」――60円の“使い捨て”通信モジュールも登場

文◎坪田弘樹(編集部) 2019.01.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

LPWAの新規格の1つ「ZETA」を推進するZETAアライアンスが、加盟企業によるイベントを開催した。打ち出したのは「LPWA 2.0」――。既存LPWAを“前世代”に追いやる新施策を繰り出す。

 
LPWA(Low Power Wide Area)には、解決しなければならない課題がまだまだある――。

新横浜で10月25日に開催された「第2回 ZETA Alliance Day 2018」で、理事企業の1社であるテクサー 代表取締役の朱強氏はそう切り出した。LTEや3G等の従来型無線通信に比べて通信費が安く省電力なことから注目が集まるLPWA。しかし、それでも「モジュール単価はまだ高く、(駆動期間を長くするために)電池も大きいのでデバイスが作りにくいという声も多い。通信規格そのものも、単方向しか使えないものがあったり、制約が多いのが今のLPWAだ」と指摘する。

確かに、低価格家電や日常品にまで通信機能が備わるような“マッシブIoT”の世界を本当に実現しようとすれば、LPWAにもさらなる進化が求められよう。

テクサー 代表取締役 朱強氏
テクサー 代表取締役 朱強氏


紙の電池で通信モジュールそんな制約を取り払う次世代のLPWA、朱氏が言う「LPWA 2.0」を実現しようとする取り組みが、ZETAを生んだ英国ケンブリッジで始まった。

ZETAを開発したZiFiSense社が、先進的な電池技術を持つZinergy UK社と開発した通信モジュール「ZETag(ゼタグ)」だ。電池を含めて厚さはわずか3mm。「量産化すれば価格は1個60円程度」(朱氏)という。

ZETag
封筒の開閉部に貼り付けられているのが、ZiFiSenceとZinergy UKが開発した「ZETag」。
印刷電池技術を使い、非常にローコストな通信モジュールを実現した。
封筒の右にあるのは、ZETAでビーコン信号を送信する新デバイス



想定される用途は“使い捨て”型のIoTだ。

例えば上写真のように、重要書類を送る封筒にZETagと開閉センサーをつけて、開封した際に信号を送る。電子メールには開封確認の機能があるが、リアルな配達物でも人手を介さずに同じことができるわけだ。式典の招待状や契約書、さらに食品・薬品の配達など利用シーンは幅広い。

これを可能にしたのが、Zinergy UKの「プリンテッドバッテリー(印刷電池)」技術だ。紙やフィルム等に亜鉛物質を印刷して薄く軽いバッテリーを作る技術である。電池容量は小さいが、圧倒的低コストかつ軽量な通信モジュールを作ることが可能だ。バッテリー部分のコストは「単価10円を切る。だから使い捨てができる」(朱氏)。

ZiFiSenseはこのほか、GPS情報の取得・送信が可能なビーコンも開発(写真右)。こちらは車両や宅配バイク、配達用のケース等に取り付けて位置情報をトレースする物流向けサービスに使う計画だ。

ZiFiSenseは、ZETAのネットワークを構築している中国・厦門で、ZETagの通信実験も実施済みだ。なお、中国では470MHz帯を使用し、日本国内では920MHz帯を用いる。

実験の結果、平均3~5km範囲で通信が行え、かつ、時速30km程度で走行する自動車からの受信にも成功したという。「革新的な電池技術とZETAの組み合わせで、新たなアプリケーションを作っていきたい」と朱氏は力を込めた。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

extreme1906
nttcom1906sp
saxa1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます