企業ネットワーク最前線

[特集]エッジコンピューティング最新案内

AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略(前編) AWS Greengrassとは?

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.11.19

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

アマゾン ウェブサービス ジャパン
榎並利晃氏

IoTプラットフォームとしても人気が高いAmazon Web Services(AWS)とMicrosoft Azure。両社とも、クラウドの機能をエッジデバイスに拡張する新サービスを次々と投入している。前編ではAWS Greengrassを取り上げる。

 
IoTアプリケーションの開発においても、今やパブリッククラウドの利用が主流となっている。ここでも強さをみせているのがAWSとAzureだ。2強を追うグーグル等もIoT向けサービスを拡充しているが、AWS/Azureと他社で大きく異なるのがエッジコンピューティング戦略の充実度である。

AWSは2017年6月に、エッジデバイスで動作する「AWS Greengrass」の一般利用を開始。約1年後の2018年6月にはマイクロソフトが「Azure IoT Edge」の一般提供を始めた。

AWS GreengrassもAzure IoT Edgeも、クラウドの機能をエッジに拡張するサービスだ。それぞれの機能と、両社のエッジ戦略について見ていこう。前編ではAWS Greengrassを紹介する。

機械学習をエッジデバイスで実行AWS Greengrassは、クラウドサービス「AWS IoT」で提供されている各種機能をエッジデバイスで利用するためのサービスだ。AWSの各種サービスとの連携が可能で、クラウドのメリットを活かしつつローカル側で処理を行うことにより、遅延を短縮したり、クラウドとつながっていないオフライン時でも処理を継続できるといったメリットが得られる。

AWS Greengrassは、ゲートウェイ装置やPCサーバー等で動作するソフトウェア(Greengrass Core)と、クラウドサービス(Greengrass Service)とで構成される(図表1)。Greengrass Coreを動作させるハードウェアは、実行したいアプリケーションの要件に合わせて選択可能だ。

 

図表1 AWS Greengrassの概要
図表1 AWS Greengrassの概要


デバイスの接続や管理、メッセージ交換、セキュリティといったAWS IoTの機能をローカル側で使えるほか、エッジならではの機能も用意されている。

1つが「AWS Lambda」をローカルで実行する機能だ。

Lambdaは、サーバーレスでプログラムを実行できるサービスだ。サーバーの設定や管理をすることなく、例えば「こんなデータが上がってきたら、この処理を行う」といったコードを書き、クラウド上に置いておくだけでアプリケーションを構築・実行できる。AWS Greengrassでは、このLambdaをエッジ上に配備して実行させることが可能だ。

そのほか、AWS IoTで用いているMQTTと、産業用機械における標準通信規格OPC-UAとの通信を可能にするプロトコルアダプタや、IoTデバイスにセキュアに接続するためのローカルリソースアクセス等の機能も備えている。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

cloudian1907
nec1907
netscout1908

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

アクセスランキング

tc1904
20191017

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます