企業ネットワーク最前線

IoTで乳幼児の突然死対策、ソフトバンクグループのhugmoが保育士の負担軽減サービス

文◎松本一郎(編集部) 2018.09.20

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ソフトバンクグループのhugmoは、IoTを活用した新サービスを発表した。保育士の負担を軽減し、乳幼児の死亡事故を減らすことを目指す。

 
ソフトバンクグループのhugmoは2018年9月19日、乳幼児の見守りサービス「hugsafety(ハグセーフティ)」を10月1日から提供開始すると発表した。午睡中の乳幼児の呼吸や体の動きなどをIoTで記録、異常時にはアラートを発するサービスだ。

同社代表取締役社長の湯浅重数氏によると、日本では年間100名以上の乳幼児が「乳幼児突然死症候群(SIDS)」と呼ばれる病気でなくなっている。SIDSの原因はまだ明らかになっていないが、仰向けで睡眠することが有効な予防法であると判明している。

そのため保育園には、午睡中の乳幼児の向きなどを保育士がチェックシートに記入し、自治体に提出する「午睡チェック」が安全管理上義務付けられている。この午睡チェックはすべての園児を対象に5分間隔で行う必要があるが、手書きで対応している保育園が多く、保育士にとっては大きな負担になっている。

hugmo 代表取締役社長の湯浅重数氏
hugmo 代表取締役社長の湯浅重数氏。
ソフトバンクの社内ベンチャー制度を活用して2016年11月に同社を起ち上げた


 
こうした現状に対し、「どうにかIoTで手間を省いて、事故も無くせないか」(湯浅氏)と考え開発したのが、保育士向け午睡チェックサービスのhugsafetyだという。
 
hugsafetyはマット型IoTセンサーと、同社の連絡帳サービス「hugnote(ハグノート)」アプリを連携させたサービス。hugsafetyを使うには、まずバイオシルバー社が開発したエアー式センサーを8本搭載したマット型IoTセンサーを、布団またはマットレスの下に設置する。このIoTセンサーが乳幼児の挙動を空気圧の変化から検知し、hugmoのIoTクラウド基盤にWi-Fi経由でデータを送信する。

hugsafetyの仕組み
hugsafetyの仕組み



保育士はhugnoteアプリで呼吸、心拍、体動の3つのデータを園児毎に一覧できる。ドリルダウンすることで園児ごとにデータを時系列で確認することも可能だ。また、呼吸が止まる、激しく動くなどの状態になると音声でアラートをあげてくれる。
 
hugnoteアプリには、午睡チェックの結果を各自治体への提出形式に変換してダウンロードできる機能もある。午睡チェックの記録シートの提出フォーマットは自治体によって異なり、hugmoの調査では4種類あるというが、それぞれの形式に合わせてダウンロード可能だ。

午睡チェックの画面
午睡チェックの画面



hugmoでは今回のサービス開始に先立ち実証実験も実施しており、保育士から寄せられたフィードバックもサービス開発に活かしている。例えば、「お昼寝中に咳をしていました」などの特記事項を園児毎に記入できる機能は、保育士からのフィードバックを受けて盛り込まれた機能だという。

hugsafetyを実際に使った保育士からは「自身の視覚と合わせた二重チェックが可能で、いざという時にはアラートをあげてくれるので、心の負担が減った」「シーツの下に置くだけなので収納が楽だ」といった感想が寄せられているという。

提供価格は以下の通り。クラウドサービスは1施設単位での価格であり、園児の人数が変動しても価格は変わらない。マット型IoTセンサーについては一括払いだけではなく、5年リースも用意しており、その場合は1台当たり月額2200円となる。

hugsafetyの利用料金
hugsafetyの利用料金


 
厚生労働省の「保育園等におけるICT化推進等事業(事故防止対策分)」の補助金の対象となっており、購入の際は補助も受けられる。補助金の額は各市町村によって異なる。

スペシャルトピックスPR

sas1808
necaspire
1810yamaha

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティング最新案内
<Part1>モバイルキャリアが描くエッジ活用 <Part2>NTT東日本のエッジ拠点に潜入 <Part3>MEC標準化の最新動向 <Part4>AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略 <Part5>製造業IoTを加速するEdgecross <Part6>エッジコンピューティングを支えるネットワーク

[インタビュー] ●ネットワンシステムズ 荒井透社長COO 
[ビジネス最前線]●SD-WAN×セキュリティで攻勢/●Ubiquitiが仕掛ける価格破壊 [技術&トレンド]●気づかぬ間に給電 [商品特集]●ネットワーク監視/●次世代FW

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

アクセスランキング

tc1809
iot24

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます