企業ネットワーク最前線

CDNはトラフィック増にどう対応?――ライムライトの取り組み

文◎川添貴生(インサイトイメージ) 2018.09.11

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

インターネット上でビジネスを行う企業にとってCDNは大切な存在だが、CDN事業者は高パフォーマンスを実現するため、どんな努力を続けているのか。ライムライト・ネットワークスに話を聞いた。

 
Webサイト上でのコンテンツやサービスの提供、あるいは映像のストリーミング配信など、インターネットを利用したビジネスを展開する上で大きな鍵を握るのが「レスポンス」だ。多くのユーザーがWebサイトに殺到し、レスポンスが大幅に悪化するなどの事態が発生すれば、ユーザーは別のサービスに移ってしまいかねない。また、映像のストリーミング配信などにおいて、たびたび映像が止まってしまうような状況も避けたい。

しかし現実問題として、企業が適切にトラフィック量を見極めて必要な帯域を確保するのは簡単ではない。そのうえ、広帯域のネットワークの確保には大きなコスト負担が発生する。自社だけでレスポンスの問題を改善することは容易ではない。

そこで多くの企業が活用しているのがCDN(Contents Delivery Network)だ。世界各地に配置したサーバーでコンテンツをキャッシュし、そこからコンテンツを配信することによって、Webサーバー(オリジン)のパフォーマンスや接続されているネットワークの帯域幅にかかわらず、コンテンツを迅速に配信する。これによってユーザーは快適にWebサイトを利用したり、ストリーミングされた映像をストレスなく楽しめるわけだ。

このCDNサービスを提供している1社がライムライト・ネットワークスである。WebサイトやWebアプリケーションのレスポンス向上、ビデオストリーミングのスムーズな配信、あるいはゲームやソフトウェアの快適なダウンロードなど、幅広い用途でライムライトのCDNは活用されている。

同社のCDNの特徴の1つとして挙げられるのは、集中型アーキテクチャの採用だ。具体的には、サービス基盤をプライベートネットワークで構築しており、これによって外部からの攻撃や不正アクセスにさらされることがない、セキュアでコントロール可能な配信基盤を実現している。

Webサーバーを保護する、クラウドセキュリティサービスを備えていることも特徴だ。CDN層、スクラビングセンター層、そしてクラウド型WAFの3層でユーザーのシステムを保護し、これによってDDoS攻撃やSQLインジェクション攻撃、さらにはパスワードリスト攻撃といったサイバー攻撃を防ぐことを可能としている。

ビデオ配信に大きな強みこうしたライムライトのサービスを支えているのが、高いエンジニアリング技術だという。同社でサービス・リライアビリティ・エンジニアリング(SRE)チームマネージャを務めるショーン・ロビンス氏は、ソフトウェア技術の改善によりパフォーマンスを大幅に向上していると語る。

「昨今の大きな活動の1つにキャッシュのチューニングがある。ソフトウェアの改善により、パフォーマンスを劣化させることなくキャッシュとして蓄積できるデータを拡大した。また、メモリキャッシングの自動化により、当社が扱うキャッシュのうち、今までよりも27.6%以上のデータをメモリのみでキャッシュできるようになった。これは大きな改善点だ」

(左から)ライムライト・ネットワークス ソリューション・エンジニアリング ディレクターのカイル・フェイバー氏、SREチームマネージャのショーン・ロビンス氏
(左から)ライムライト・ネットワークス ソリューション・エンジニアリング ディレクターの
カイル・フェイバー氏、SREチームマネージャのショーン・ロビンス氏



ライムライトが扱うトラフィックは、2年前と比較すると倍以上に拡大しているそうだ。そうした中でもパフォーマンスを維持できている理由としては、このソフトウェア技術の役割が大きいとロビンス氏は続ける。

「高性能なハードウェアが続々と登場しており、最新のものを使うことで効率性は高まる。ただ、ハードウェアだけでのパフォーマンス向上には限界がある。そのため、ソフトウェアの改善を同時に進めることで、パフォーマンスの大幅な向上を可能にしている」

様々なコンテンツ配信に使えるライムライトのCDNだが、特に同社が強みとしているのはビデオストリーミングである。同社のソリューション・エンジニアリングのディレクターであるカイル・フェイバー氏は次のように述べる。「ストリーミングサービスにおいて動画が一時的に止まってしまう、いわゆるリバッファリングが発生すると視聴者には大きなストレスになる。その改善に積極的に取り組んできた結果、リバッファリングをおおよそ40%解消できるようになった。これは顧客にも高く評価されている点だ」
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

juniper1904
singtel1904
sonybiz1904

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】
これからの企業ネットワークの
教科書  2019年度版
◆IoT時代の無線化オフィス ◆NW機器もサブスク化? ◆これが正解! 有線LAN高速化 ◆NW管理はマルチドメインで ◆常時SSL時代のセキュリティ

●[インタビュー] NTT 代表取締役副社長 井伊基之氏「GAFAに伍する国際競争力を」/●本格普及期へ突入するSD-WAN/●ファーウェイが“疑念”に反論/●MWC19 Barcelonaレポート/●セキュリティ人材不足時代の次世代FW/UTM/●NTTコムがeSIMによるIoT向け新サービス
 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
プレゼントキャンペーン201904A

スペシャルトピックス

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

サイバーソリューションズビジネスメール詐欺を確実に防御!
メール攻撃対策の頼れる存在

MAILGATESΣなら、既存メール環境と組み合わせて解決できる

ZETAアライアンスマルチホップができる革新的LPWA
ZETAでIoTビジネスを掘り起こす!

マルチホップという他のLPWAにない特性で、次々にユースケース開拓!

ソネット“ネットワークエンジニア不要”は
本当だった!

コスパの高さと圧倒的使い易さに感銘! Ubiquitiのユーザーが証言。

ラクスメール対応ミスを複数人管理で減少
誤送信を防ぐ送信前チェック機能も

返信モレに重複対応、誤送信……。メールによる顧客対応の課題解決!

NECモバイルワークに必須のアイテム
いつでもどこでも内線通話を実現!

NECのUNIVERGE ST500は、スマホを内線端末として利用可能にする。

NTTコミュニケーションズ働き方改革を中小・中堅企業へ!

テレワークに必要なモバイルNW、PC、セキュリティをオールインワン提供するNTT Comの新パッケージ

SBクラウド日中間通信を国内並みの高品質に!
安心して使えるQR決済を下支え

Alipayで安定した決済サービスを提供するために導入した回線は?

パロアルトネットワークスパブリッククラウドをセキュアに!
24/365最新ポリシーで自動監視

パブリッククラウドのセキュリティリスクを軽減する「RedLock」

CDNetworks中国でのWeb配信を8.5倍高速化
その真相とは?

中国でのWeb配信にはグレートファイアウォールなど多くの壁がある。

IIJグローバルソリューションズ日中の拠点間通信に“第3の選択肢”
セキュリティ対策も万全

日中間通信で「高品質」と「低コスト」の“いいとこ取り”!

アクセスランキング

tc1904
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます