企業ネットワーク最前線

CDNはトラフィック増にどう対応?――ライムライトの取り組み

文◎川添貴生(インサイトイメージ) 2018.09.11

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

インターネット上でビジネスを行う企業にとってCDNは大切な存在だが、CDN事業者は高パフォーマンスを実現するため、どんな努力を続けているのか。ライムライト・ネットワークスに話を聞いた。

 
Webサイト上でのコンテンツやサービスの提供、あるいは映像のストリーミング配信など、インターネットを利用したビジネスを展開する上で大きな鍵を握るのが「レスポンス」だ。多くのユーザーがWebサイトに殺到し、レスポンスが大幅に悪化するなどの事態が発生すれば、ユーザーは別のサービスに移ってしまいかねない。また、映像のストリーミング配信などにおいて、たびたび映像が止まってしまうような状況も避けたい。

しかし現実問題として、企業が適切にトラフィック量を見極めて必要な帯域を確保するのは簡単ではない。そのうえ、広帯域のネットワークの確保には大きなコスト負担が発生する。自社だけでレスポンスの問題を改善することは容易ではない。

そこで多くの企業が活用しているのがCDN(Contents Delivery Network)だ。世界各地に配置したサーバーでコンテンツをキャッシュし、そこからコンテンツを配信することによって、Webサーバー(オリジン)のパフォーマンスや接続されているネットワークの帯域幅にかかわらず、コンテンツを迅速に配信する。これによってユーザーは快適にWebサイトを利用したり、ストリーミングされた映像をストレスなく楽しめるわけだ。

このCDNサービスを提供している1社がライムライト・ネットワークスである。WebサイトやWebアプリケーションのレスポンス向上、ビデオストリーミングのスムーズな配信、あるいはゲームやソフトウェアの快適なダウンロードなど、幅広い用途でライムライトのCDNは活用されている。

同社のCDNの特徴の1つとして挙げられるのは、集中型アーキテクチャの採用だ。具体的には、サービス基盤をプライベートネットワークで構築しており、これによって外部からの攻撃や不正アクセスにさらされることがない、セキュアでコントロール可能な配信基盤を実現している。

Webサーバーを保護する、クラウドセキュリティサービスを備えていることも特徴だ。CDN層、スクラビングセンター層、そしてクラウド型WAFの3層でユーザーのシステムを保護し、これによってDDoS攻撃やSQLインジェクション攻撃、さらにはパスワードリスト攻撃といったサイバー攻撃を防ぐことを可能としている。

ビデオ配信に大きな強みこうしたライムライトのサービスを支えているのが、高いエンジニアリング技術だという。同社でサービス・リライアビリティ・エンジニアリング(SRE)チームマネージャを務めるショーン・ロビンス氏は、ソフトウェア技術の改善によりパフォーマンスを大幅に向上していると語る。

「昨今の大きな活動の1つにキャッシュのチューニングがある。ソフトウェアの改善により、パフォーマンスを劣化させることなくキャッシュとして蓄積できるデータを拡大した。また、メモリキャッシングの自動化により、当社が扱うキャッシュのうち、今までよりも27.6%以上のデータをメモリのみでキャッシュできるようになった。これは大きな改善点だ」

(左から)ライムライト・ネットワークス ソリューション・エンジニアリング ディレクターのカイル・フェイバー氏、SREチームマネージャのショーン・ロビンス氏
(左から)ライムライト・ネットワークス ソリューション・エンジニアリング ディレクターの
カイル・フェイバー氏、SREチームマネージャのショーン・ロビンス氏



ライムライトが扱うトラフィックは、2年前と比較すると倍以上に拡大しているそうだ。そうした中でもパフォーマンスを維持できている理由としては、このソフトウェア技術の役割が大きいとロビンス氏は続ける。

「高性能なハードウェアが続々と登場しており、最新のものを使うことで効率性は高まる。ただ、ハードウェアだけでのパフォーマンス向上には限界がある。そのため、ソフトウェアの改善を同時に進めることで、パフォーマンスの大幅な向上を可能にしている」

様々なコンテンツ配信に使えるライムライトのCDNだが、特に同社が強みとしているのはビデオストリーミングである。同社のソリューション・エンジニアリングのディレクターであるカイル・フェイバー氏は次のように述べる。「ストリーミングサービスにおいて動画が一時的に止まってしまう、いわゆるリバッファリングが発生すると視聴者には大きなストレスになる。その改善に積極的に取り組んできた結果、リバッファリングをおおよそ40%解消できるようになった。これは顧客にも高く評価されている点だ」
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

necm1811
hytec1811
mi1811

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoT LIFE 争奪戦
   ホームからヘルスケア、育児、ペットまで

◆JAIST 丹康雄教授インタビュー「スマートホームからライフへ」/◆ スマートホーム市場の行方/◆IoTで家事を効率的に/◆医師がIoTを処方する時代へ/◆BabyTechが子育て世代を救/◆ペットの健康をIoTが守る

●光ファイバーもLTEもダメでも諦めない!“ワケあり物件”のネットワーク構築法/●スマートメーターへの採用進むHD-PLC/●見えてきた新自営無線「sXGP」の実力/●ZETAが仕掛ける「LPWA 2.0」
 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

漏洩同軸ケーブル(LCX)Wi-Fi電波を出すケーブルとは?

無線LANの不感知エリアの撲滅に効果的な「漏洩同軸ケーブル(LCX)」を使いこなせ!

ジュピターテクノロジー標的型攻撃対策としてのログ管理
7万エントリー/秒の高速処理!

ジュピターテクノロジーなら超高速処理と大規模環境に対応できる。

ノキアG.fastで簡単マイグレーション
VDSL回線を1Gbpsに高速化

ノキアのG.fastを使えば、既存のVDSL回線を気軽に高速化できる。

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

アクセスランキング

tcb
iot24-2

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます