企業ネットワーク最前線

エッジアナリティクスでさらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは

データ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

文◎高橋睦美(ライター) 提供◎SAS Institute Japan 2018.08.20

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

SAS Institute Japan ソリューション統轄本部
プラットフォームソリューション統括部 兼
西日本カスタマーソリューショングループ
部長 辻 仁史氏

IoTとデータアナリティクスの組み合わせによる製造業の改革に関して「できる手はやり尽くした」と考える担当者もいるかもしれないが、それは早計だ。SASによれば、まだホワイトスペースは残っている。

 
「IoTを活かした次世代のモノ作り」といった見出しがメディアをにぎわせるようになって久しい。各生産工程にセンサーを組み合わせ、ネットワークを介してデータをクラウド上に集約し、ビッグデータ解析技術を用いて「知見」を見出してさらなる品質向上やムダ省きに活かす、というのが典型的なシナリオだ。ここまでいけば、「もうできる手は打った、やり尽くした」と考える担当者もいるのではないだろうか。

だが実際には、まだ「ホワイトスペース」が残っているとSAS Institute Japanの辻仁史氏(ソリューション統轄本部 プラットフォームソリューション統括部兼西日本カスタマーソリューショングループ部長)は指摘する。実際に、IoTとデータアナリティクスを活用して一歩先を行ったかに見える先進的な企業でもなお改善の余地が残されており、そこに手をつけることで実際に成果を出したケースがあるというのだ。

いっそう厳しさを増す環境の中で、いかに熟練作業員のノウハウを伝えるか常に厳しい状況にさらされながらも創意工夫で乗り切ってきた日本の製造業だが、昨今、環境はさらに厳しさを増しつつある。

1つは、納入先からの標準化、小ロット要求が一段と高くなっていることだ。厳しい品質・納期を満たしながら、どの工場からでも、どの製品でも、よりぴったりしたタイミングでの納品が求められており、サプライヤーにはこれまで以上に高度な品質管理が求められる。

一方で、働く側の環境改善に向けた「働き方改革」の流れが加速している。労働者一人一人にとっては歓迎すべきことだが、これまで「今日だけはちょっと無理してもらえないかな」と残業を依頼するといった形で、フレキシブルに対応できていた要求に応えるのが難しくなってきた。従業員のワークライフバランスを実現しながら、納入先からの要求にいかに応えていくかも、企業としての大きな課題だ。

そして何より大きな課題が人手不足だ。就労人口全体の高齢化と減少に加え、残念ながら「失われた10年」で経験を積むことのできなかった世代がすっぽり抜けており、退職を控えたベテランから中堅・若手へと知識を継承しようにも、伝える先の人材がいないのが実情だ。人手という面では、海外に進出した企業では、ジョブホッピングも難しい課題になっている。現地で従業員を雇用しても、仕事に慣れてきて任せられるようになったころに、もっと待遇のいい別企業にさっと転職されてしまうことが少なくなく、やはり知見の継承が課題になっているのだ。

しかも市場の競争は激しさを増しており、従来型の少品種大量生産では製品のコモディティ化は避けられない。自社ならではの付加価値を高めるには、顧客や市場のニーズに合わせた多品種少量生産へのシフトも不可欠だ。

「こうした中でどうやって、今まで熟練の作業員が経験を踏まえて調整してきた工程の『合わせ込み』の作業を、どう可視化し、伝承していくかが課題になっている」と辻氏は指摘する。その解決策として注目したいのが、エッジコンピューティングとAIの組み合わせだ。

エッジアナリティクスを活用し、自律的に最適化を図る生産プロセスを実現前述の通り、一歩先行くモノ作りに取り組み始めた企業では、数年前からIoTを組み合わせ、生産工程のさまざまなデータを収集し始めてきた。そこに最先端の統計モデリング手法や機械学習、深層学習を組み合わせることで、いままではベテランの頭の中にしかなかったノウハウを、誰もが分かり、活用できる形で共有できるようになる。結果として、各従業員のスキルに依存することなくいっそうの品質改善につなげ、コスト削減やスループット向上を実現できる、というわけだ。

例えば、Aという工程でαという製品を成形した後にB工程に回し、工程Aではすぐ続けてβという製品を生産する、といったラインが動いている場合、IoTを活用して細かく情報を収集・解析することで、「こんな条件ではこういった不具合が発生しやすい」「αの次にβを生産するなら、設定温度はこうしておくほうがいい」といった、さまざまなノウハウを得ることができた。

ただ、得られた知見はあくまで「人」にフィードバックされるもの。実際の生産プロセスに反映するにはこれを生産計画に落とし込んだ上で、製造ラインのPLCを制御するMESやSCADAの再設定、再プログラミングが必要であり、PLCはあくまで「言われた通りに動作するもの」という点に変わりはなかった。

だがもし、工程の切れ目や加工する製品の性質に応じて、現場のPLC側で自律的に、またリアルタイムに変更や調整を行うことができれば、もっと品質を高め、効率的に生産ができるのではないかーーそれを可能にするのが、リアルタイムなエッジアナリティクスだ。

「エッジアナリティクスによって、『こういった条件ではこうすべき』といった事柄を機械に直接伝えることができるようになった。つまり、機械が状態に合わせて自律的に、より柔軟に動けるようになることで、今まで手付かずだったエリアも改善できるようになった」(辻氏)

この「自動制御の最適化」が可能になったのは、ただあらゆるものがつながるだけでなく、エッジコンピューティングの環境がリッチになったためだ。エッジ側、すなわち工程を司るPLCに近い側でもより多くのメモリ、リソースを用意できるようになり、これまでサーバやクラウド側に集約して処理する必要があった機械学習・分析機能を、生産工程のすぐそばに持ってこられるようになった。いわば、前工程や加工状態を踏まえて最適な生産を実現すべく調整する「頭脳」が、PLCのすぐ側に存在できることになる。

こうした進化は、IoT/IIoT自体の普及からも必然的なものだ。エッジ側でつながる機器が増えれば増えるほど、コントロールすべきものが増えてくる。ましてや、各機器が高度化し、一種の「頭脳」を持つようになれば、その管理を人間が手作業で行うのは非現実的であり、自律的に動作するための何らかの仕掛けがなければ、運用管理が破綻しかねない。エッジアナリティクスはそうした側面からも求められていると言う。

まだ改善の余地はある、早くも成果を出した国内企業も存在長年にわたってデータ解析プラットフォームを提供し、得られた知見を業務の各プロセスに生かし、最適化をシームレスにつなげていく「アナリティクス・ライフサイクル」を提供してきたSAS Institute Japanが、エッジアナリティクス実現のために提供している製品が「SAS Event Streaming Processing」だ(※詳細はこちら)。

これまでのようにセンター側にデータを集約してAIで解析することでもさまざまな知見が得られたが、SAS Event Streaming Processingを活用すればさらに一歩進んで、エッジ側でリアルタイムにデータを分析し、フィードバックに基づいて速やかに制御できる。そんな仕組みを活かすことで、「まだまだ製造業には改善できる余地がある。事実、そうした取り組みを実践した企業もある」と辻氏は述べている。

ただ、それは一朝一夕に実現できるものではない。データ活用の持つ意味を理解し、「アナリティクス・ライフサイクル」という概念を定着させ、人材を育てていくといった取り組みが必要だ。事実、目先が利く企業では、ハードウェアやSAS Institute Japanのプラットフォームを活用した環境やプロセスの整備だけでなく、自社ならではの特性を踏まえてデータを解析できるデータサイエンティストの育成にも着手している。

9月7日に開催される「スマートファクトリーセミナー 2018」(http://pages.fa-products.jp/FASMR1809FAPSmartFactory_LPapply.html)のセッションでは、実際にエッジアナリティクスを活用して工程能力指数を13%向上させるという実績を上げた国内製造業の事例とともに、その効果が紹介される予定だ。ぜひその目で、厳しい状況を打開する「突破口」となりうるエッジアナリティクスとAIの組み合わせのメリットを確かめていただきたい。

 

Smart Factoryセミナー2018
~活用段階にきたデジタルツインとスマートファクトリー~

2018年9月7日(金) 14時25分~

『リアルタイム分析でまだまだ効率化できる。プロセス改善事例と勘所』
★お申し込みはこちら⇒ http://pages.fa-products.jp/FASMR1809FAPSmartFactory_LPapply.html

スペシャルトピックスPR

comware2012
macnicalpwa2012
haradasangyo2012

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ネットワーク未来予想図2021

 ●2021年の5Gを占う ●LPWAは独自路線で成長 ●Wi-Fiに3つの新規格
 ●光400/800G時代が幕開け ●衛星通信が爆発的普及?
 ●5Gがクルマの定義変える ●2021年は“CNF元年”に

インタビュー富士通 執行役員常務 水野晋吾氏「5G海外攻勢の足場づくり着々 バーチャルMNOが今後重要に」
【ソリューション特集】SASEで実現するゼロトラスト/Web会議周辺機器
●ドコモが新資格「5Gマスター」 ●IoT住宅もニューノーマルへ ●北俊一の最強のケータイ業界への道

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

ラックなぜラックはオープンネットワーキングと自動化へ踏み出せたのか?

キュムラス+メラノックスでハード/ソフトを分離!

NTTコミュニケーションズ企業の現状を踏まえた
ゼロトラスト環境を実現

NTT Comの「SASEソリューション」は課題を一挙に解決する。

IIJグローバルソリューションズSASEを導入しながら
通信速度を20倍に!

Cato Cloudがグローバル企業のビジネスを加速させる。

ゼンハイザージャパンWeb会議の音声を明瞭に届ける!
独自機能で話者を自動追尾

Web会議のニューノーマルとして注目の天井常設シーリングマイク!

エヌビディアGPUとDPUで飛躍する5G

エヌビディアが、5Gネットワークの展開を大きく加速させる2つのソリューションを発表した

ゼットスケーラークラウドネイティブなSASEで
レガシーなIT環境から脱却

新しい働き方へ、セキュリティとネットワークを着実に変革できる。

パロアルトネットワークス「最も」包括的なSASEを柔軟に導入

ログを一元管理! 脱プロキシも実現。パロアルトの「Prisma Access」でセキュリティの課題解決。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社真のゼロトラストアクセスを実現
「他製品連携」で効率的にSASEを

既存環境を大きく変えることなく移行できる次世代セキュアアクセス!

PSI/パイオリンク日本よ、攻勢の防御策を持つべし PSIが見つけたセキュリティスイッチ

日本の商社と韓国セキュリティベンダーが出会い生まれたシナジーとは

ベンキューAndroid内蔵で即座にプレゼン開始
「PCレス」なWeb会議も実現する

Android 6.0を搭載した“スマートな”プロジェクター「EW800ST」

ジュニパーネットワークスジュニパーが解説する
「SD-WAN導入のポイント」

ますます注目のSD-WAN。自社にとって最適なSD-WANは何だろうか?

ジュニパーネットワークスこれからのネットワーク運用に
なぜAIが必要なのか

ジュニパーがイベント開催!主要テーマの1つがAIによる運用自動化だ。

エヌビディアエヌビディアが目指すネットワークの未来像

メラノックスとキュムラスを買収し、NW事業を強化した狙いとは?

マクニカ“非純正”光トランシーバーを
朝日ネットが選んだ2つの理由

トランシーバーは純正品を使うという“常識”は、もはや過去のもの。

ソフトバンククラウドPBXとFMCをワンストップ
withコロナ時代の電話の課題解決!

ソフトバンクのConnecTalkでリモートワークの会社電話の悩み解消。

レンジャーシステムズローカル5G導入するならレンジャー
国内初のSA構成の免許取得も支援!

ローカル5Gの「本命」SA構成の免許取得はじめワンストップ導入支援。

マクニカIP化で“新しい放送”の世界
NVIDIAの新技術が導く未来とは?

IP化がもたらす放送の未来についてマクニカとエヌビディアが語った。

CASO複数SIMで切れないモバイル通信!
映像伝送から産業用まで幅広く対応

独自技術「Speed Fusion」で、安定して切れない、高速モバイル通信!

ネットギア業務用AVのIP化は「SDVoE」

大規模なデジタルサイネージや
ビデオウォール等への映像配信を、
もっと低コスト・シンプルに!

LANが届かない、電源がない──。
映像伝送の「困った」を解決!

IP監視カメラの設置を諦めていた企業に朗報!

NTTコムウェアスマホの中に会社の電話機が入り
テレワークでも固定電話に対応!

テレワーク時の電話対応をどうすれば? クラウドPBXで解決だ!

マクニカネットワークス株式会社/Actility S.AIoTで勘や記憶に頼らないコロナ対策

IoTによる換気と接触の見える化で、データに基づいた「3密回避」が簡単に実現できる。

原田産業なぜ、5Gの「超低遅延」の実現に
高精度な時刻同期が不可欠なのか?

5Gの真骨頂「超低遅延」に欠かせない高精度グランドマスタクロック!

Juniper Virtual Summit for Japanジュニパーがオンラインイベント
AIOps、5G、クラウドの最新情報!

<12月3日開催>加速するクラウド活用とネットワークの変革

スリーダブリュー多彩なローカル5G関連企業と連携

スリーダブリューは、多様なプレイヤーと連携し、ローカル5Gの課題をワンストップで解決できる。

RADWIN4.9GHz帯無線で建機の遠隔操作!

鉄道での実績に加え、昨今は建機や港湾クレーンの遠隔操作を実現する無線インフラとしても注目。

日本シエナコミュニケーションズ光/IP融合で5G超低遅延

光伝送のリーダーであるシエナは、光/IP融合に磨きをかけ、5G URLLCとNWスライシングの効率運用に貢献

パイオリンク <帝京大学>ADCによる負荷分散で
オンライン授業の品質を担保

コロナ対策でオンライン授業に全面切替。パイオリンクのADC導入!

Cisco Webex Calling取り残されてきた「固定電話」
新しい働き方の鍵はクラウドPBX

テレワーク中の会社宛電話をどうするか? 解決策を探ってみよう!

マクセル太陽電池はもう時代遅れ!
リチウム電池で8年以上の持ち

マクセルの「IoT電源システム」は、リチウム電池を用いた従来ない電源

アイ・オー・データ機器リチウム電池で安定的に水位計測

アイ・オー・データの「水位監視用電池式IoT通信システム」ならコンパクトサイズで設置も簡単!

NECネッツエスアイ自然災害の被害をIoTで最小化

LPWAを活用した災害対策サービスを提供するNECネッツエスアイ。最適な通信規格がマルチに選べる!

スリーダブリューローカル5G局開設を全段階で支援
レンタルでコスト障壁に挑む

ローカル5G向けの基地局レンタルパッケージが提供開始!

マイクロフォーカス5G時代の高速アプリ開発!

モバイルアプリなどの開発をさらに高速化するためには、「Enterprise DevOps」への進化が欠かせない。

ホワイトペーパー
ネットワーク解放宣言
ローカル5G情報局

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます