ICT×未来

<特集>IoT FUTURE CITY

スマートシティの最新動向――“おらが街”もデジタル化

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.07.04

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

2000年代に注目を集めた「スマートシティ」が、IoTのパワーを得て進化し始めた。街・都市の運営をデジタル化し、安心・安全で快適な生活を実現する取り組みが各地に広がっている。

 
スマートシティと聞くと電気・ガス等の「エネルギー管理」を思い浮かべる人が多いかもしれない。エネルギー消費を街全体で効率化するエコな都市――と。実際、スマートシティプロジェクトの多くは環境問題の解決を主要テーマとしてきており、日本では特にその傾向が強かった。

だが、最近はスマートシティの取り組みの幅が格段に広がっている。エネルギーだけでなく、交通や防犯・防災、医療などの様々なインフラにIoTを適用し、街の運営の効率化や住民向けサービスの質向上を実現しようとする試みが始まっている。

それはまさしく、街・都市運営のデジタルトランスフォーメーションと言える。街で起こっているコトを可視化することで街の課題を把握し、リアルタイムな対処を可能にするのだ。

国内外で多くのスマートシティプロジェクトを手がけるNECで未来都市づくり推進本部マネージャーを務める村田仁氏は、「街で何が起こっているかが分かれば、今まで見えていなかった本当の課題がわかる。行政はより適正な施策が行えるようになり、また、その施策がうまくいっているかも理解できる」と話す。“IoT時代のスマートシティ”は都市の運営、つまり我々の暮らしを大きく変える可能性があるのだ。

(左から)NEC 未来都市づくり推進本部マネージャーの山中淳史氏と村田仁氏、グローバル事業開発本部 部長の冨依豊氏
(左から)NEC 未来都市づくり推進本部マネージャーの山中淳史氏と村田仁氏、
グローバル事業開発本部 部長の冨依豊氏


<海外の先進事例>中小都市にも広がる欧州スマートシティ化で先行しているのは欧州だ。

2000年にプロジェクトが始まった、スマートシティの草分けであるスペイン・バルセロナ市は、IoTを活用した住民サービスにも注力している。

ゴミ箱の満空状態をセンサーで検知して回収作業の効率を高める「スマートガベージ」や、通行量を測定するセンサーと連動して街灯の明るさをリモート制御する「スマートライティング」などだ。市民生活をより快適にしつつ、ゴミ収集の経費や電気代の削減を実現している。

また、駐車場の空き状況を可視化して来訪者に情報を提供する「スマートパーキング」は、渋滞緩和や観光客の増加、市の駐車場収入の増加につながっている。バス停では、デジタルサイネージにバスの運行情報や行政情報を配信。これらサービスを提供するための共通インフラとして同市はWi-Fiを用いており、IoTプラットフォームにデータを集約して分析・処理、制御を行っている。

IoTを都市開発に活かしている例もある。

2015年に「インテリジェントで持続可能な都市への転換」を目指すスマートシティ政策を発表したフランスのパリ市では、Wi-Fi/Bluetooth電波の利用状況やカメラ映像の解析によって動線分析を行ったり、ノイズセンサーによる騒音の分析、環境センサーによる大気成分や温湿度の分析を行うことで、再開発計画策定のためのデータを収集している。

こうした大都市のみならず、近年は中小規模の都市、そしてアジア等の新興国にも広がっている。

スペイン北部の観光都市サンタンデールは、市内に1万2000個ものセンサーを設置して街の見える化を行っている。人口は20万人弱ながら、その設置数は欧州最大級だ。NECが提供するIoTプラットフォームにデータを集約し、スマートパーキングやスマートガベージ等のサービスを運用。公共機関における水道利用量の管理も行っている。

同市がユニークなのは、こうしたデータをすべて公開している点だ。「行政や民間がオープンデータとして利用することが可能で、市民もスマートフォンなどで見ることができる。“目安箱”のように意見を投稿できる機能も用意しており、まちづくりに市民の活動を取り込もうとしている」(村田氏)のだ。

一方、中国やインド等の経済発展が目覚ましい都市では、急激な人口増により交通渋滞や環境汚染等の問題が噴出しており、解決策としてスマートシティ化が進められている。

その中で注目されるのが、スマートシティの通信インフラとしてLPWA(Low Power Wide Area)を採用する動きだ。

インドでは2016年に通信事業者のタタ・コミュニケーションズとヒューレット・パッカード・エンタープライズが共同でLoRaWANによるネットワーク構築を開始。同国東部の工業都市ジャムシェードプルでは、電力や水道、廃棄物管理、パーキング、防犯カメラなど15種類の都市インフラの統合管理を行う計画が進んでいる。

中国の例では、人口130万人の江西省鷹潭市がある。ここは中国電信、中国聯通、中国移動の三大キャリアが初めてNB-IoTでフルカバーした都市だ。スマートメーターやパーキング、街灯、レンタサイクル、ゴミ箱など18事例が商用稼働しており、これを支援したファーウェイの発表によれば、2017年末時点で総接続数は10万に達しているという。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

jpsecure1805
limelight1805
d-link1805

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】NETWORK SHIFT
         DX時代の新しいネットワーク戦略とは?
●ネットワーク仮想化最前線/●AI時代のネットワーク運用/●AWSに学ぶネットワーク構築/●SD-WANの現在地/●キャリア・OTTで進むネットワークのオープン化/●ISDN&PHSの移行戦略

◆[インタビュー] OKI 坪井正志常務「社会インフラ×IoTに確信」 ◆大量接続と低遅延を両立の「次期5G NR」 ◆NTT、B2B2Xの世界展開へ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

アクセスランキング

tc1807_a
wsd_iot_ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます