ICT×未来

<特集>IoT FUTURE CITY

スマートシティの最新動向――“おらが街”もデジタル化

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.07.04

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

2000年代に注目を集めた「スマートシティ」が、IoTのパワーを得て進化し始めた。街・都市の運営をデジタル化し、安心・安全で快適な生活を実現する取り組みが各地に広がっている。

 
スマートシティと聞くと電気・ガス等の「エネルギー管理」を思い浮かべる人が多いかもしれない。エネルギー消費を街全体で効率化するエコな都市――と。実際、スマートシティプロジェクトの多くは環境問題の解決を主要テーマとしてきており、日本では特にその傾向が強かった。

だが、最近はスマートシティの取り組みの幅が格段に広がっている。エネルギーだけでなく、交通や防犯・防災、医療などの様々なインフラにIoTを適用し、街の運営の効率化や住民向けサービスの質向上を実現しようとする試みが始まっている。

それはまさしく、街・都市運営のデジタルトランスフォーメーションと言える。街で起こっているコトを可視化することで街の課題を把握し、リアルタイムな対処を可能にするのだ。

国内外で多くのスマートシティプロジェクトを手がけるNECで未来都市づくり推進本部マネージャーを務める村田仁氏は、「街で何が起こっているかが分かれば、今まで見えていなかった本当の課題がわかる。行政はより適正な施策が行えるようになり、また、その施策がうまくいっているかも理解できる」と話す。“IoT時代のスマートシティ”は都市の運営、つまり我々の暮らしを大きく変える可能性があるのだ。

(左から)NEC 未来都市づくり推進本部マネージャーの山中淳史氏と村田仁氏、グローバル事業開発本部 部長の冨依豊氏
(左から)NEC 未来都市づくり推進本部マネージャーの山中淳史氏と村田仁氏、
グローバル事業開発本部 部長の冨依豊氏


<海外の先進事例>中小都市にも広がる欧州スマートシティ化で先行しているのは欧州だ。

2000年にプロジェクトが始まった、スマートシティの草分けであるスペイン・バルセロナ市は、IoTを活用した住民サービスにも注力している。

ゴミ箱の満空状態をセンサーで検知して回収作業の効率を高める「スマートガベージ」や、通行量を測定するセンサーと連動して街灯の明るさをリモート制御する「スマートライティング」などだ。市民生活をより快適にしつつ、ゴミ収集の経費や電気代の削減を実現している。

また、駐車場の空き状況を可視化して来訪者に情報を提供する「スマートパーキング」は、渋滞緩和や観光客の増加、市の駐車場収入の増加につながっている。バス停では、デジタルサイネージにバスの運行情報や行政情報を配信。これらサービスを提供するための共通インフラとして同市はWi-Fiを用いており、IoTプラットフォームにデータを集約して分析・処理、制御を行っている。

IoTを都市開発に活かしている例もある。

2015年に「インテリジェントで持続可能な都市への転換」を目指すスマートシティ政策を発表したフランスのパリ市では、Wi-Fi/Bluetooth電波の利用状況やカメラ映像の解析によって動線分析を行ったり、ノイズセンサーによる騒音の分析、環境センサーによる大気成分や温湿度の分析を行うことで、再開発計画策定のためのデータを収集している。

こうした大都市のみならず、近年は中小規模の都市、そしてアジア等の新興国にも広がっている。

スペイン北部の観光都市サンタンデールは、市内に1万2000個ものセンサーを設置して街の見える化を行っている。人口は20万人弱ながら、その設置数は欧州最大級だ。NECが提供するIoTプラットフォームにデータを集約し、スマートパーキングやスマートガベージ等のサービスを運用。公共機関における水道利用量の管理も行っている。

同市がユニークなのは、こうしたデータをすべて公開している点だ。「行政や民間がオープンデータとして利用することが可能で、市民もスマートフォンなどで見ることができる。“目安箱”のように意見を投稿できる機能も用意しており、まちづくりに市民の活動を取り込もうとしている」(村田氏)のだ。

一方、中国やインド等の経済発展が目覚ましい都市では、急激な人口増により交通渋滞や環境汚染等の問題が噴出しており、解決策としてスマートシティ化が進められている。

その中で注目されるのが、スマートシティの通信インフラとしてLPWA(Low Power Wide Area)を採用する動きだ。

インドでは2016年に通信事業者のタタ・コミュニケーションズとヒューレット・パッカード・エンタープライズが共同でLoRaWANによるネットワーク構築を開始。同国東部の工業都市ジャムシェードプルでは、電力や水道、廃棄物管理、パーキング、防犯カメラなど15種類の都市インフラの統合管理を行う計画が進んでいる。

中国の例では、人口130万人の江西省鷹潭市がある。ここは中国電信、中国聯通、中国移動の三大キャリアが初めてNB-IoTでフルカバーした都市だ。スマートメーターやパーキング、街灯、レンタサイクル、ゴミ箱など18事例が商用稼働しており、これを支援したファーウェイの発表によれば、2017年末時点で総接続数は10万に達しているという。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

1810riverbed
ribbon1809
sas1808

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティング最新案内
<Part1>モバイルキャリアが描くエッジ活用 <Part2>NTT東日本のエッジ拠点に潜入 <Part3>MEC標準化の最新動向 <Part4>AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略 <Part5>製造業IoTを加速するEdgecross <Part6>エッジコンピューティングを支えるネットワーク

[インタビュー] ●ネットワンシステムズ 荒井透社長COO 
[ビジネス最前線]●SD-WAN×セキュリティで攻勢/●Ubiquitiが仕掛ける価格破壊 [技術&トレンド]●気づかぬ間に給電 [商品特集]●ネットワーク監視/●次世代FW

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

アクセスランキング

tc1809
iot24

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます