ニュース

SDNとEDRが連携しながら防御、ジュニパーとカーボン・ブラックが協業発表

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.05.25

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ジュニパーネットワークスは2018年5月25日、EDR(Endpoint Detection and Response)を提供するカーボン・ブラック・ジャパンとのパートナーシップを発表した。両社の技術・製品を連携させた統合サイバーセキュリティソリューションの提供を始める。


通信事業者/エンタープライズ向けルーターや次世代ファイアウォール「Juniper SRX」等を提供するジュニパーネットワークスは2016年に、「ネットワーク全体をセキュアにする」というコンセプトに基づいたサイバーセキュリティ対策ソリューション「Software-Defined Secure Networks(SDSN)」を発表し、様々なセキュリティ対策製品と、同社ならびにサードパーティ製品で構築されたネットワークが連携して脅威を防ぐ仕組みを提供してきた。


SDSNの概要(Software-Defined Secure Networks)の概要


ネットワーク内部の通信を監視して、侵入してきた脅威を検知し、その情報を基にネットワークを自動的に制御。感染端末を隔離するためのポリシーをスイッチやルーターに適用するといった手法で脅威を食い止める。

このSDSNで重要な役割を担っているのが、クラウド型マルウェア保護サービス「Sky Advanced Threat Prevention(ATP)」である。Sky APTは静的分析やサンドボックスの機能を持ち、ファイアウォールのSRXと連携してトラフィックを監視してマルウェアやC&Cサーバーとの不正通信を検知する。

ジュニパーは今回、このSky APTと同様の役割を果たすオンプレミス型ソリューション「Juniper APT(JAPT)」をリリース。クラウド型で使えるSky APTとJAPTの2つの選択肢を用意したうえで、さらにカーボン・ブラックのEDRとの連携を行うと発表した。



ジュニパーネットワーク 代表取締役社長の古屋和弘氏(左)と
カーボン・ブラック・ジャパン カントリーマネージャーの西村雅博氏


代表取締役社長の古屋和弘氏は、「共同で、検証やデモを行う環境を構築し、連携ソリューションを開発する」と話した。すでに両社のソリューションを販売しているパートナーが複数いるため、「今年中には、すべてのパートナーがSky APTとJAPTを取り扱えるようにしたい」とし、連携ソリューションの販売体制を強化する考えだ。

互いの「できないこと」を補い合う
今回の連携の狙いを一言でいえば、「互いの“できないこと”を補い合う」ことで、より強固なセキュリティ対策ソリューションを実現するということになる。

EDRとは、PCやスマートデバイスといったエンドポイントにおける不審な振る舞いを検出し、調査を行うソリューションだ。エンドポイントの動きを可視化し、潜在的な脅威を見つけ出し、さらに、リモートから感染端末の隔離や調査も行える。カーボン・ブラック・ジャパンのカントリーマネージャーである西村雅博氏は、EDRを生み出したのは同社CTOを務めるMichael Viscuso氏であると紹介。つまりカーボン・ブラックは「EDRのパイオニア」というわけだ。

今回の両社の連携では、カーボン・ブラックのEDR「Cb Response」と、先述のSky APT、JAPTが連携して脅威をブロックする。ネットワークをカバーするSky APT/JAPTと、エンドポイントを監視するCb Responseとの間で脅威情報を共有し、ジュニパーのSDNあるいはCbから対策を実行するという仕組みだ。



SkyAPTとCb Responseの連携例

例えば、Cb ResponseからSky APTが脅威情報を自動的に取得し、SRX経由で感染ホストの通信を遮断する(上)。あるいは、JATPがCb RESPONSEに情報を共有して、エンドポイントで対策を実施するといったことが可能だ。なお、Sky APTとJAPTでは現時点で機能差があるが、今後の開発によってその差は埋まるという。

この連携によって両社は、ネットワークからエンドポイントまですべてをカバーし、不審な挙動を監視して自動的に対処できる統合ソリューションの開発を目指す。

スペシャルトピックスPR

silverpeak1904
intel1906
extreme1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】キャリアネットワークの
   メガトレンド
●5Gを4つのキーワードで解説 ●通信インフラは「共有」する  ●基地局は持ち運ぶ時代へ ●ネットワーク機器の機能分離が加速 ●ゲームチェンジの引き金を引くO-RAN ●5G網はSRv6で一筆書き

●[インタビュー] クアルコムジャパン 須永順子社長「5Gの1年前倒しに大きな意義。ローカル5Gを工場へ積極提案」 ●スマホ内線化で働き方を変える ●埼玉県飯能市が“IoT罠”で獣害対策 ●ネットワン「サブスク拡大」の理由 ●IoTを導入しない企業は5年以内に脱落? ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

アクセスランキング

tc1904
kaden
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます