企業ネットワーク最前線

<米国5G動向>Tモバイルが600MHz帯に5G導入、スプリントも2.5GHz帯で来年サービス開始

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2018.04.27

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

4Gで利用中の周波数帯に5Gを導入する動きが米国で本格化してきた。Tモバイルは600MHz帯、スプリントは2.5GHz帯で2019年にサービスを開始する。米国市場に強いノキアに背景を聞いた。

 
5Gの早期商用化に最もアグレッシブな国の1つが米国だ。

AT&T、ベライゾンの2大通信事業者が、28/39GHz帯を利用し、5Gを年内に商用展開する計画を打ち出している(ベライゾンは独自仕様の5G)。直進性が強い28/39GHz帯で広いエリアをカバーするのは難しいため、当面、FWA(固定無線アクセス)や4Gのエリアに浮かぶホットスポット的なサービスとなるが、世界初の商用サービスとなる可能性が高い。

AT&Tとベライゾンを追いかける3位、4位も5Gに積極的だ。5Gを一気に全米展開しようとする動きを見せており、むしろ両社のほうが注目に値するかもしれない。

まずTモバイルは昨年5月、2019年に5Gサービスを開始する計画を打ち出している。また、スプリントは今年2月、2019年上半期から5Gサービスを開始し、同年中に全米へ展開する計画を明らかにした。

Tモバイルとスプリントに共通するのは、4Gで利用している既存周波数帯に5Gを導入する点だ。Tモバイルは600MHz帯、スプリントは2.5GHz帯を用いる。

 

図表1 米国における5G展開
図表1 米国における5G展開


周波数利用効率が50%向上600MHz帯は、かつてテレビ放送に利用されていた帯域。米FCCが実施したオークションで、Tモバイルは2017年春に約80億ドル(約8800億円)を投じて、米国全エリアで平均31MHz幅の帯域を獲得した。

伝搬特性に優れる1GHz以下の低い周波数帯(ローバンド)の確保で、これまでハンディを背負ってきたTモバイルは、今回取得した600MHz帯を活用し、他社を凌駕するネットワークの構築を目指している。すでに2017年秋から一部地域で600MHz帯を用いた4Gサービスを提供しており、2020年末までに全米をカバーする5Gネットワークを整備するとしている。

こうした展開が可能になった要因の1つには、3GPPで昨年末に策定された5Gの無線仕様「5G NR(New Radio)」において、600MHz帯もサポートされたことがある。

5G用の新規帯域だけではなく、既存帯域も当初から5Gの運用帯域として規定され、その1つとして600MHz帯も含まれたのだ。

もう1つ重要なポイントは、最新の基地局装置が、ソフトウェア更新で4Gから5GNRにアップグレードできることである。

ノキアでモバイルネットワーク製品のアジア太平洋地域責任者を務めているブライアン・チョー氏は、「当社は5G用のソフトウェアを2018年下期に提供する」と明かす。5G対応スマートフォンの供給開始は2019年になる見込みのため、これを待ってTモバイルは5Gサービスを開始することになる。

ノキアソリューションズ&ネットワークス RANプロダクト統括本部長 ブライアン・チョー氏
ノキアソリューションズ&ネットワークス
RANプロダクト統括本部長 ブライアン・チョー氏



では、600MHz帯を使った5Gサービスはどのようなものになるのか。「Tモバイルは無制限の定額制データ通信サービスで成功を収めており、5Gの初期段階では、その強化に活用するのではないか」とチョー氏は見る。5Gと4Gをキャリアアグリゲーションで束ねれば、高速化と同時に通信の安定性向上も期待できる。

5GNRでは、4Gの無線仕様をベースに低遅延化や広帯域化への対応が図られているが、同じ帯域幅、同じアンテナ構成であればデータ通信速度自体は4Gと変わらない。

しかし、周波数利用効率は、5Gのほうが格段に高くなる。「4Gと比べて、周波数利用効率は50%ほど高い」とチョー氏は説明する。参照信号を削減して干渉を低減する「Ultra-LeanDesign」、基地局間協調などの技術が寄与しているという。

定額制データ通信を売りに攻勢をかけるTモバイルにとって、容量が5割も拡大する5Gの600MHz帯への導入は当然の選択といえる。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

necaspire
moconavi1807
sun1807

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの大冒険! 海、山、体内へ
<海のIoT>ワイヤレスIoTで漁業は成長産業に/光無線で水中高速通信/オールジャパンで船舶IoT <山のIoT>LPWAがキラー技術に <体内のIoT>インプラント型無線センサーで生体IoTに新時代到来

◆[インタビュー] NTT西日本 小林充佳社長「地域に“変化”起こす先駆者へ」 ◆働き方改革とWeb会議 ◆過疎地の固定電話は「無線」で ◆NTTドコモのデータ分析の歴史 ほか 

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
watchguard0921

スペシャルトピックス

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます