企業ネットワーク最前線

動画配信サービス「U-NEXT」の挑戦――オリジン分散で危機回避

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.04.13

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

U-NEXT 経営戦略室 経営企画G
担当部長 柿元崇利氏

2007年のサービス立ち上げから約10年、先駆者として動画配信市場を切り拓いてきたU-NEXT。“自前主義”で配信プラットフォームを開発・運用する同社は、激増するトラフィックとどう戦っているのか。

 
「トラフィックは凄まじい勢いで伸びている。当社ではこれを経営課題として捉え、対処を進めている」

U-NEXTの経営戦略室・経営企画Gで担当部長を務める柿元崇利氏はそう語る。「トラフィックの伸びが激しくなったのは(2015年の)Amazonプライム・ビデオとNetflixの上陸から。2016年末頃にはエンジニアチーム、そして経営層からも『抜本的に手を入れないとマズい』という声があがり始めた」という。

同社の定額制動画配信サービス「U-NEXT」は、国内で最も早い2007年にテレビ向けでスタートした。その後、PC、スマートフォン/タブレット、PS4等のゲーム機向けにも拡大。GEM Partnersの調べでは、国内の定額制動画配信市場でシェア3位(金額ベース、2016年)につける。

契約者数とトラフィック量の詳細は公開されていないが、最新の決算発表資料によれば、契約者数はこの3年で2.4倍に増加。直近1年間では36%増(2016年9月から2017年9月)という。トラフィックもこれに比例して増えるわけだが、動画の高画質化も相まって、契約者の増加ペースを上回る勢いでトラフィック量が増えているようだ。

 

図表1 動画配信サービス「U-NEXT」のシステム概要
図表1 動画配信サービス「U-NEXT」のシステム概要


オリジンを国内数拠点に分散トラフィックが急激に増えれば当然、配信システム等の設備投資・運用費が高騰する。

さらに、U-NEXTでは昨年、早急に対処が必要な課題も持ち上がった。ネットワーク容量の逼迫だ。

ユーザーが視聴する動画は、コンテンツが置かれているオリジンサーバーから、ISPや通信事業者のネットワーク経由で全国へ配信される。柿元氏によれば2017年の年初頃、「このペースでトラフィックが増えれば、オリジンとインターネットとの接続がキャパシティ上限を超えてしまうことが分かった」という。

そこで、従来は1カ所だったオリジンのトランジット(インターネットへの中継接続)を「2カ所以上のTier1プロバイダのバックボーン」に分散した。2017年10月から段階的に移行を始めてトラフィックを分散。総キャパシティも増やした。昨年末頃には、その効果が「はっきりとわかるほどになってきている」という。

とはいえ、これでトラフィック対策が完了というわけではない。U-NEXTではさらなる対策を実施および検討している。

U-NEXTは3年前から配信プラットフォームの開発・運用を“自前主義”にシフトした。データセンター運用からネットワーク接続、モバイル用アプリの開発まで、すべてを社内エンジニアが行っている。トラフィックの動向やユーザーの視聴形態を詳細に把握することで、傾向やニーズの変化を迅速に捉えて対応するのが狙いだ。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

synology1907
cloudian1907
nec1907

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G、IoTと超高齢社会
<Part1>ローカル5Gで農業革命 <Part2>救急医療×5Gで命救う <Part3>MaaSで支える高齢社会 <Part4>ドコモが目指すSDGs
<Part5>障がい者は「先駆者」

●[インタビュー] 富士通 執行役員常務 松本端午氏「5G時代の新価値をトータル提供。インフラだけでは投資回収できない」 ●FMC対応クラウドPBX本格普及へ ●失敗しないISDN/PHS移行 ●ローカル5Gで「独走」目指すエイビット ●KDDIがHW/SW分離型ルーターを内製 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

MIPHS/ISDNからの移行を
「安価」かつ「手軽」に

PHSモデムの入れ替えだけで「LTE化」が完了する!

ヤマトロジスティクスキッティングから配送まで一括提供
PC移行の工程はすべてお任せ!

Windows 7の延長保守サポート終了! ヤマトなら安心して任せられる

サンテレホン何か「御用」ありませんか? 国内最大級ICT機材のECサイトが誕生

10万点の情報通信機材を取り扱うECサイト「GOYOU(ゴヨー)」

エス・アンド・アイMS Teams×電話に新たな選択肢
キャリア回線使用で通話品質も安定

SBC機能のクラウド提供も開始 “設備レス”でDirect Routing導入

ブラステルクラウドPBX市場のパイオニア
信頼性と音声品質で5万台の実績

IP電話に関する調査では3項目で1位を獲得! ブラステルの「Basix」

三通テレコムサービス“明朗会計”で人気のクラウドPBX

ユーザーが増えても基本料は最大4900円! 三通テレコムサービスの「clocall PBX」

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

アクセスランキング

tc1904
banner27

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます