企業ネットワーク最前線

<特集>これから2020年までに起こること

【NW未来予想図06】eSIM普及でIoTが加速――自動車やウェアラブルに続々採用

文◎村上麻里子(編集部) 2018.03.01

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

通信プロファイルをネットワーク経由で書き換えられるeSIM。フルMVNOの登場も後押しとなり、eSIMの利用環境はさらに整備され、セルラー通信機能を搭載するIoTデバイスが急速に増えていきそうだ。

 
本格的なIoT時代を前に、組み込み型のeSIM(embedded Subscriber Identity Module)の活用が急速に進んでいる。

スマートフォンなどのモバイル端末は、電話番号や加入者識別番号などネットワーク接続に必要な情報(通信プロファイル)を書き込んだSIMカードを本体に差し込むことで通信を行う。この通信プロファイルをリモートで書き換えることはできないため、通信キャリアを切り替えるにはSIMカードの入れ替えが必要だ。グローバルにIoTデバイスを展開する場合、国ごとにSIMカードを差し替えたり、割高なローミングサービスを利用するなどの必要があり、大きな障壁の1つとなってきた。

そこで「IoTに必須」と言われてきたのがeSIMである。eSIMの場合、あらかじめデバイスに内蔵させておいたSIMに、後から通信プロファイルをダウンロードすることができる。このため、SIMの抜き差し不要で簡単に通信キャリアを切り替えられる。また、SIMを差し込むためのスロットも不要になる。

このeSIMの導入は2017年から拡大し始めたが、今後さらに普及が進み、IoTビジネスの活性化に貢献していくことになる。
店頭のオペレーションを簡略化まずは、現在までのeSIMの主だった動きを振り返ろう。

eSIMの採用は、自動車や建機などで先行してきた。これには、eSIMの標準化作業も関係している。eSIMの仕様は、モバイル通信の業界団体GSMAによって「M2Mモデル」と「コンシューマーモデル」の2つが策定されている(図表1)。管理者などがネットワーク側から通信プロファイルを書き換えるプッシュ型がM2Mモデル、ユーザーがデバイス側から通信プロファイルを書き換えるプル型がコンシューマーモデルだが、M2Mモデルの標準化が先に進められてきたためだ。

 

図表1 eSIMのM2M/IoT向けとコンシューマー向けの違い
図表1 eSIMのM2M/IoT向けとコンシューマー向けの違い


しかし2016年10月にリリースされたコンシューマーモデルのRSPバージョン2で、通信プロファイルをデバイスに直接ダウンロードできるようになったことから、コンシューマー機器での採用が加速することになった。

例えば、米マイクロソフトは2017年5月、「Always Connected PC」と呼ばれる構想を発表している。同社のPCにLTEモジュールとeSIMを搭載し、いつでも通信できるようにするという構想だ。ユーザーは訪れた国のキャリアのモバイルデータ通信プランを選択し接続できるので利便性が向上する。

今、最も売れているeSIM搭載端末といえば、「Apple Watch Series3」が真っ先に挙げられるだろう。こちらもユーザーが任意のキャリアを選択し、回線契約の手続きを行うことができるが、アップルの場合はAppleSIMという独自仕様を用いている。

国内ではNTTドコモが2017年春夏モデルのタブレット端末「dtab Compact d-01J」にeSIMを採用した。ドコモがeSIMで目指したのはオペレーションの簡略化だ。

従来のSIMカードでは、台紙からの折り取りやデバイスへの差し込みといった手作業が発生していた。一方、eSIMの場合はこうした手作業なしに、端末の電源を入れ、初期設定の簡単な操作だけでプロファイルを設定できる。その結果、「ショップ店頭のスタッフの負荷が軽減される」とプロダクト部 第二商品企画担当部長の横内禎明氏は説明する。

簡単に開通作業が行えるようになることで、将来的には、イベント会場や電話教室のような場所に縛られない、自由度の高い販売方法も期待される。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

sun1807
ribbon1809
sas1808

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの大冒険! 海、山、体内へ
<海のIoT>ワイヤレスIoTで漁業は成長産業に/光無線で水中高速通信/オールジャパンで船舶IoT <山のIoT>LPWAがキラー技術に <体内のIoT>インプラント型無線センサーで生体IoTに新時代到来

◆[インタビュー] NTT西日本 小林充佳社長「地域に“変化”起こす先駆者へ」 ◆働き方改革とWeb会議 ◆過疎地の固定電話は「無線」で ◆NTTドコモのデータ分析の歴史 ほか 

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
watchguard0921

スペシャルトピックス

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます