ビジネス・企業

クアルコムのIoT戦略、「賢いデバイス」がエッジコンピューティングをリード

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2017.12.18

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IoTのターゲットはセンサー端末だけではない。インテリジェント化されたクルマ、ドローン、ウェアラブルなどもIoTの対象だ。クアルコムのIoT部門の責任者ラジ・タルーリ氏は、インテリジェント化されたIoTデバイスを中心としたエッジコンピューティングにより、新たな市場の開拓に挑む考えを明らかにした。


クアルコムは2017年12月15日、報道関係者を対象にIoT事業戦略の説明会を都内で開催。米国本社IoT担当シニアバイスプレジデントのラジ・タルーリ氏が、同社のIoTに対する考え方を説明した。


クアルコムテクノロジーズ IoTプロダクトマネジメント担当シニアバイスプレジデント ラジ・タルーリ氏

タルーリ氏は、冒頭で「IoTをドライブする技術はモバイルをドライブする技術だ」と述べ、IoTを牽引していくものとして、①世界市場で年間10~15億台のデバイスが出荷されるスケール感、②非常に早い技術革新のスピード、③高度な技術要素が小さな筐体に統合されているモバイルで培った技術の3要素を提示した。

クアルコムはスマートフォン/タブレット端末で広く用いられているモバイルSoC製品「Snapdragon」をIoT向けにも展開しており、すでに監視カメラやウェアラブル端末、ドローン、情報家電などに利用されている。同社はこの取り組みを、さらに発展させていこうとしているのだ。

その上で、5Gの重要な要素であるエッジコンピューティングの動向について、「IoT機器が出てきた頃、主にクラウド上にあったインテリジェンスが、ネットワークのエッジ側にあるデバイスに移ってきている」(タルーリ氏)と説明した。

また、エッジコンピューティングが求められる背景として遅延とコストをあげ、「エッジコンピューティングは、クラウド主導型から、エッジとクラウドを組み合わせて課題解決を図る“ハイブリッド型”のアーキテクチャーに移行していく」という見解を示した。これにより、遅延の短縮、通信コストの低減、ネットワーク資源の有効活用が可能になる。

エッジコンピューティングでは、エッジ側のデータ処理をどこで行うかが議論となっているが、クアルコムは、インテリジェント化されたデバイスがその担い手になると考えている。


IoTはクラウド中心型からハイブリッド型へ進化する

タルーリ氏は、こうしたインテリジェントなデバイスには、非常に高い処理能力、複数タスクの同時処理、電源の常時オンなどの要件と省電力を両立させることが不可欠だとし、「まさにこれらは我々がモバイルにおいて取り組んできたものだ」と述べた。

さらに、その具体策として、クアルコムが推進している「ヘテロジニアスコンピューティング」のアーキテクチャーを紹介した。チップセットの内部に複数のブロックを設け、CPU、GPU、ビデオ向け専用半導体(DSP)、モデムなどを、用途に応じて使い分けるというもので、ISnapdragonでこのアーキテクチャーが用いられているという。 


Snapdragonに用いられているヘテロジニアスコンピューティングのアーキテクチャー

プレゼンテーションの最後でタルーリ氏は、Snapdragonを採用したIoTデバイスの例としてソニーの新AIBOを挙げた。自身が日本で製品化された世界初のカメラ付き携帯電話に携わった経験を踏まえ、「IoTの次の非常に大きな技術革新は日本で生まれると考えている」と期待を寄せた。

スペシャルトピックスPR

nec1907
intel1906
extreme1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます