企業ネットワーク最前線

テレコクラウド/NFVの課題を“No.1タッグ”が解決――ジュニパーとレッドハットが協業

文◎太田智晴(編集部) 2017.11.22

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NFVやモバイルエッジコンピューティングなどの実現のため、今後ますますクラウド化/仮想化が進んでいく通信事業者のインフラ――。しかし一方で、通信事業者はクラウド化/仮想化にあたり、4つの課題に直面している。その解決のため、ジュニパーネットワークスがレッドハットと組んで提供するのがContrail Cloud 2.0だ。

 
ジュニパーネットワークスは2017年11月22日、「Contrail Cloud」の強化を発表した。Contrail Cloudは、同社のSDNソリューション「Contrail Networking」やOpenStackなど、クラウドの構築・運用に必要なコンポーネントをパッケージ化して提供するターンキー・ソリューションである。

今回発表されたContrail Cloud 2.0は、従来と比べて様々な面で強化・拡充が図られているが、最大のポイントの1つといえるのがレッドハットとの協業だ。

「SDNコントローラーでNo.1の当社と、OpenStackの業界No.1であるレッドハットが組み、No.1同士の知見や経験を融合することで、“テレコクラウド”に貢献していく」と語るのは、ジュニパーネットワークス 技術統括本部 テクニカルビジネス推進部 部長の上田昌広氏だ。

ジュニパーのContrailは、2017年5月に米ボストンで開催された「OpenStack Summit」で行われたユーザー調査において、商用SDN製品として第1位に選ばれている。一方、レッドハットは、OpenStack業界を長年リードしてきた。


上田氏によれば、通信事業者のクラウド=テレコクラウドは今、大きく4つの課題に直面しており、Contrail Cloud 2.0がその解決策になるという。

(左から)レッドハットの杉山秀次氏、ジュニパーネットワークスの上田昌広氏
(左から)レッドハット APAC テクノロジーオフィス NFV/SDNチーフテクノロジストの杉山秀次氏、
ジュニパーネットワークス 技術統括本部 テクニカルビジネス推進部 部長の上田昌広氏



テレコクラウドの4つの課題NFVの基盤としてはもちろんのこと、IoTやハイブリッド/マルチクラウド時代のユーザーニーズに応えるため、通信事業者は近年、クラウドに積極的に投資してきた。

このトレンドは今後ますます加速する。例えばNFVのマーケットは年率29%で伸びて2021年には360億ドル(約4兆円)規模に成長すると予想されているが、「クラウド/仮想化のプロジェクトがどんどん増えるなか、通信事業者の方と話すと、やはり皆さん共通の課題を抱えている」と上田氏は言う。

テレコクラウドの4つの課題
テレコクラウドの4つの課題



 まずは「複雑さ」だ。

「今までルーター/スイッチを触っていた方からすると、クラウドの構築・運用のノウハウ、アプローチはまったく違う。従来のルーター/スイッチであれば、ガチッと決めて、1年単位でプロジェクトを進める。それに対して、クラウドやNFVの場合、本当にCI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)の形で、開発・検証・インテグレーションのサイクルを回していく。開発期間も非常に短く、半年くらいでローンチするケースもある。これまでのノウハウや知見と大きく異なっており、それが結果的に複雑さとして出てきている」

2つめの課題は「SLAの保証」だという。通信事業者が元々提供してきた回線サービスのSLAは非常に高いレベルにある。クラウドでも同レベルのSLAを実現したいと通信事業者は考えるが、それは簡単ではなく、クラウド化、NFV化を進めていくなか、サービスメニューや約款でSLAをどう保証していくかが課題になっているという。

3つめは「不確かなリスク」である。「今までとオペレーションがまったく変わる。ネットワークの文化と、サーバーや仮想化の文化は全然違うため、その融合がうまくいかなかった場合、将来的にビジネスリスクとなる可能性がある。その不確かなリスクをどうマネージしてヘッジしていくかを考えられている」

そして最後の4つめの課題が「スキルセット」で、「実は、これが一番の課題に挙がる」と上田氏。通信事業者の中には、クラウドに関して高いスキルを持った人も多くいる。しかし、次々に増えていくプロジェクトの数からすると、絶対数はまだまだ少ないのが現状だ。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

moconavi1807
sun1807
intel1806

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】映像IoTが、来た!
●多様な業界に広がる映像IoT/●カメラとAIでスマート農業/●防犯カメラも新たな次元へ/●AI予測で混まないレジ/●映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント

◆[インタビュー] NTT東日本 井上福造社長 ◆クラウド時代の企業音声システム ◆日本企業目線で“ヤマハ流”SD-WAN ◆富士通が産業向け新無線LAN ◆農業×IoTで「地方」を変える ◆MWC上海レポート

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

アクセスランキング

tc1807_a
wsd_iot_ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます