導入・選定ガイド

[モバイルセキュリティ最新動向]OSに関係なくセキュアに業務活用

文◎村上麻里子(編集部) 2017.07.05

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

スマートデバイスの安全性は、iOSがAndroidを上回るとされてきた。しかし最近は、AndroidもOSや端末レベルでセキュアになっており、導入する企業も増えている。

 
スマートフォンやタブレットを標的としたサイバー攻撃が急増している。トレンドマイクロによると、同社が2016年に検出・ブロックしたモバイル端末向け脅威は6500万件と、前年を大きく上回ったという(図表1)。

 

図表1 2016年全世界における企業を狙ったモバイル向けマルウェアの検出数推移
図表1 2016年全世界における企業を狙ったモバイル向けマルウェアの検出数推移


 


コンシューマーだけでなく企業においてもスマートデバイスの普及が進み、会社の機密情報などの重要データを簡単に持ち歩けるようになったことで、攻撃者もPCからスマートデバイスへとターゲットをシフトしている。併せて攻撃手法も高度化・複雑化しており、昨年来の傾向として、モバイル端末向けランサムウェア(身代金を要求する不正プログラム)が多数報告されているという。

物事には光と影があるように、スマートデバイスの業務活用も従業員の柔軟な働き方や業務効率化・生産性向上といったメリットをもたらす反面、不正アクセスや情報漏えいなどのセキュリティリスクが高まることは避けられない。

しかも、ひとたび業務用端末がサイバー攻撃を受ければ業務に著しく支障を来すのはもちろんのこと、感染に気付かないまま端末を社内ネットワークに接続すれば瞬く間に社内全体に感染を広げることになってしまう。

最近はスマートフォンとタブレット、ノートPCというように1人で複数の端末を使い分けることも珍しくなくなっており、増え続ける一方の端末が適切に利用されているかどうかを管理することは企業にとって重要な課題となっている。

OSの脆弱性を狙った攻撃も増加ところで、企業がスマートデバイスを従業員に支給する際、iOSとAndroidのどちらを選択するかは最初の“関門”だ。

選択の基準は企業によってさまざまだが、セキュリティという観点では、年間1000万以上の不正アプリが検出され、サードパーティのマーケットプレイスからのダウンロードを通じて感染するリスクの高いAndroidの分が悪いことは否めない。OSの脆弱性を突いた攻撃もiOSより目立っており、世界規模で大きな被害をもたらしているのが特徴だ。

このため、セキュリティを特に重視せざるをえない企業の間ではiOSが選ばれており、国内法人市場におけるシェアはiOSがAndroidを上回っている。

ではAndroidが法人用途に適していないかというと、決してそうではない。最近はAndroidでも、iOSに遜色ない高いセキュリティを実現することが可能となりつつある。ここからは「セキュリティ製品」「OS」「端末」の3つのレイヤに分けて、最新のモバイルセキュリティ動向を紹介していく。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

extreme1906
nttcom1906sp
saxa1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gのホントの実力
[Part1]5G新アプリも米国発に? [Part2]韓国「5G+戦略」の実像 [Part3]実証実験で見えてきた5Gの実力 [Part4]産業イーサを代替できる? さらに進化する5G

●[インタビュー] 慶應義塾大学教授 砂原秀樹氏「IoTセキュリティと情報銀行がインターネット前提社会の基盤」 ●今から始めるGDPR対策 ●メッシュWi-Fiで“超手軽”な無線LAN ●100万円から作れる!Amazon Go型店舗 ●Ansibleでソフトバンクが働き方改革 ●電気もガスもWi-SUNの時代へ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

アクセスランキング

tc1904
kaden
softbankworld2019

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます