ICT×未来

[シリーズ]FUTURE NETWORK 第1回

2020年5Gの旅 - 20Gbpsモバイルをどう使う?

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2017.06.26

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

新日鉄住金ソリューションズと
NTTドコモの5Gを活用した遠隔操作デモ

東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年には、「5G」の商用サービスが始まる。実現までの旅路と、5G開始後のモバイルネットワークの姿を解説する。

 
「2020年には、お客様から料金をいただける本格的なサービスとして5G(第5世代移動通信システム)を始めていきたい」

かねてから2020年からの5Gサービス開始を広言してきたNTTドコモ。それが試験サービスレベルなのか、それとも本格的な商用サービスレベルなのかについては、今まで明言されてこなかったが、同社5G推進室の奥村幸彦氏はこう語った。
NTTドコモ 奥村幸彦氏
NTTドコモ 先進技術研究所 5G推進室 5G方式研究グループ グループリーダ 主幹研究員 奥村幸彦氏

「世界に先駆けて2020年に5Gを実現する」と総務省が2014年に打ち出したのを機に、日本では“国家目標”として取り組まれてきた5G。2020年を3年後に控え、その動きがいよいよ慌ただしくなってきた。

これまで5Gの提供時期に関して具体的な言及を避けてきたKDDIも今年2月に「2020年に5Gのスタートを目指す」と表明。続いて3月には、ソフトバンクも「2020年頃の商用サービス開始」という方針を明らかにした。

ソフトバンクが「2020年頃」としているのは、2020年より後にずれ込む可能性を想定してのことではない。

「お客様の要望があれば、2019年にも商用化できるよう準備を進めている」と同社モバイルネットワーク本部で技術企画部部長を務める船吉秀人氏は語る。
ソフトバンク 船吉秀人氏
ソフトバンク モバイルネットワーク本部 ネットワーク企画統括部 技術企画部部長 船吉秀人氏

 

 

5Gの標準化前倒しで2019年の商用化も可能に2019年の商用サービス開始がソフトバンクの視野に入ってきた背景には、3GPPにおける5Gの標準化スケジュールが前倒しされたことがある。

5Gでは、①eMBB(enhanced Mobile Broadband:超高速大容量通信)、②URLLC(Ultra-Reliable and Low Latency Communications:超高信頼性低遅延通信)、③mMTC(massive Machine Type Communications:大量マシン通信)という性格の異なる3つのユースケースを1つのネットワークで実現することを目指している(図表1)。

 

図表1 5Gの主要な3つの能力拡張
図表1 5Gの主要な3つの能力拡張
出典:KDDI資料をもとに編集部で一部加筆

 

5Gの早期商用化の要望を受けて、3GPPはこの3つのユースケースの中でも商用化のニーズが最も高い、①eMBBの規格策定を先行することを決定。5Gの「フェーズ1」として2018年6月に「リリース15」で仕様を確定する計画にしていたが、フェーズ1の一部仕様について、さらに前倒しすることを今年3月に決めた。

多くのモバイルキャリアが導入を計画している「ノンスタンドアロン(NSA)」と呼ばれる運用形態の仕様を2017年末までに仕上げるという(図表2)。

 

図表2 NSAとSAの構成イメージ
図表2 NSAとSAの構成イメージ
出典:エリクソン資料をベースに編集部で一部加筆


NSAは5Gのサービスエリアを、4Gエリアの中に重ね合わせて整備して、4Gの制御チャネルで5Gのネットワークも制御するものだ。4Gの制御チャネルを利用せず、5Gを単独で運用する形態は「スタンドアロン(SA)」と呼ばれる。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

1912_thales
necpf2001
attokyo2001

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】工場5G
    ローカル5Gで実現するスマートファクトリー
[Part1]工場5Gの理想と現実 [Part2]工場でのローカル5Gの活かし方 [Part3]ドコモが考える工場5G [Part4]5G時代の工場NW進化論

[インタビュー] 慶応義塾大学 教授 手塚悟氏「トラストがSociety5.0の基盤」 [ソリューション特集]IoTで始めるHACCP対策 [技術&トレンド]NW視点で見る3大クラウドの違い/水中高速無線を音波・可視光で ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

マクニカネットワークスHACCP対策の切り札となるIoT
LoRaWANで冷蔵庫内もデータ取得

食品業界に義務付けられるHACCP。IoTで手間と人為的ミスを削減できる

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

NECプラットフォームズ教育用ネットワークをトータル提案
IPv6活用でコスト削減・高速化

快適な校内無線LANには、VPNなど校外NWの整備も必要だ!

アット東京AWSやGCPなどメガクラウドに
直結する新時代のデータセンター

アット東京のデータセンターは“つなぐ”価値に磨きをかける!

ヤマハ仮想NWを始めるならヤマハで!

ヤマハの仮想ルーター「vRX」なら、これまでのノウハウをクラウドでも活かせる。

日本ソルテック学校ネットワークを簡単・安価に

日本ソルテックのクラウド管理型無線LANは、専門学校、介護施設を中心に豊富な導入実績!

シスコシステムズ世界で選ばれているオンライン会議
簡単にワンクリックで会議に参加!

Cisco Webexは社内外、誰とでも高品質なオンライン会議が行える。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社ネットワークに迫る人手不足の危機
遠隔監視と予防保全で乗り越えろ!

光ファイバの保守現場の深刻な技術者不足。日立金属はどう対応した?

ハイ・アベイラビリティ・システムズ「全て」を一括認証できるSSO
簡単導入でパスワード管理から解放

AccessMatrix USOなら導入や運用も容易にシングルサインオンを実現!

ジェムアルト株式会社マルチクラウド時代の情シスを救う
認証プラットフォーム!

認証・特権ID管理をきめ細やかに! 自社サービスとしても展開可能。

アクセスランキング

dwpreport
tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます