導入・選定ガイド

ISDNからIP網へのマイグレーション術――注目は光より簡単な移行方法

◎村上麻里子(編集部) 2017.01.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

2020年度後半にもISDNのデータ通信がサービスを終了する。残された約30万回線の中には短期間での移行が難しいケースも多く、既存システムを活かせる移行方法が注目を集めている。

 

2020年度後半に、ISDN(Integrated Services Digital Network:サービスデジタル総合網)がサービスを終了する。NTTが固定電話のPSTNをIP網に移行するのに伴い、PSTN上で提供されているISDNのデータ通信もその役割を終えるためだ。

コンシューマー市場ではADSLや光回線への移行が進み、すでに“過去の遺産”となっているISDNだが、「カバーエリアの広さ」「帯域保証型」「低コスト」「開通期間の短さ」といった特徴から、法人市場では今も現役として活躍している。ざっと見渡しただけでも、銀行のセンター拠点とATM間のデータ通信のバックアップ、ファームバンキング(銀行と取引先企業間の振込・口座照会)、ED(I企業間電子商取引)、POSレジ/決済端末のデータ送信、監視カメラの映像通信、ラジオ放送など幅広く利用されている。

1988年4月にNTTが提供を開始したISDNサービス「INSネット64」の契約数は、15年度末時点で256万回線。このうち約15万回線がデジタル通信モード(データ通信)と推計される。他社のマイラインなども含めると、現在は約30万回線程度がデータ通信に使われていると見られる。

NTTではIP網への移行方法として、帯域確保型データ通信が利用可能なひかり電話「データコネクト」やIP-VPNなど「オールIP」への移行を主軸に提案している。

そのためにはセンター側装置や拠点側端末をIP対応にする必要があるが、更改に時間がかかり、場合によってはISDNの終了時期に間に合わない可能性が高い。また、アクセス網が光回線になることでISDNよりも通信コストがアップしたり、そもそも地域によってはまだ光回線が敷設されていないという問題もある。

これらの理由からISDNを利用している企業の間では、「光回線によるオールIP移行は容易ではない」と見る向きが多い。

NTT側もこうした状況は把握しており、サービス終了時期の後ろ倒しの検討も開始している。

NTT東日本・経営企画部 中期経営戦略推進室担当部長の新國貴浩氏は「予定通り20年度後半にすべての移行が完了できる状況にはない」と認めた上で、「他事業者とのIP間接続への移行方法や移行スケジュールの検討結果次第だが、終了時期を延伸することも可能」との見方を示す。終了時期は17年度の早い時期に確定し公表される予定だが、当初計画より後ろ倒しになる可能性が高いという(図表1)。

 


図表1 「円滑な移行に向けたロードマップ」の概要[画像をクリックで拡大]
図表1 「円滑な移行に向けたロードマップ」の概要

 

こうした中で、既存のシステムや端末に手を加えることなく、IP網への移行を実現するソリューションが各社から登場している。ここからは、無線(LTE/3G)と変換アダプターの2通りの方法について紹介する。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

sun1807
ribbon1809
sas1808

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの大冒険! 海、山、体内へ
<海のIoT>ワイヤレスIoTで漁業は成長産業に/光無線で水中高速通信/オールジャパンで船舶IoT <山のIoT>LPWAがキラー技術に <体内のIoT>インプラント型無線センサーで生体IoTに新時代到来

◆[インタビュー] NTT西日本 小林充佳社長「地域に“変化”起こす先駆者へ」 ◆働き方改革とWeb会議 ◆過疎地の固定電話は「無線」で ◆NTTドコモのデータ分析の歴史 ほか 

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます