企業ネットワーク最前線

インテル連合のM2M/IoT向けセキュリティ対策とは?――「電子証明書で“本物”を特定」

文◎坪田弘樹(編集部) 2015.04.20

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

M2M/IoTのセキュリティ対策には、PCやスマートフォンとは大きく異なる要素がある。“人が介在しない通信”をどう守るのか。インテル、サイバートラスト、アイキューブドシステムズの3社は、PKIをベースにしたソリューションを推進している。


M2M/IoTの普及で懸念されるのがセキュリティの確保だ。膨大な数のデバイスがインターネットに接続され、企業や個人の重要な情報が“人を介さない通信”で活発にやり取りされていくなか、M2M/IoTもサイバー攻撃の対象になり得るのだ。

すでに脅威は存在している。米国で行われたハッカーのイベントで、自動車内の車載コンピュータをハッキングして運転能力を奪う方法が暴露されたのは2013年のこと。他にも防犯カメラの映像が盗まれたり、利用者が知らないうちにプライベートな映像がネットに公開されるといった事件が実際に起こっている。

クルマや医療機器が攻撃されれば人の生命が脅かされる事態にもなる。健康関連サービスのデータを盗めば、スマートフォンやPCのデータよりもセンシティブな情報が得られるだろう。こうしたリスクは、M2M/IoTを利用しようとする企業の動きにブレーキをかける要因にもなりかねない。

 

人が介在しない難しさ

まだM2M/IoTのセキュリティ対策が確立されているわけではないが、現在注目を浴びているものの1つが、PKI(Public Key Infrastructure:公開鍵基盤)による電子証明書だ。

PKIソリューションを提供するサイバートラストでマーケティング本部プロダクトマーケティング部 部長を務める田上利博氏は、「ヘルスケアや自動車業界等のハードメーカーから『対応できるのはPKIしかない』と関心を寄せていただいている」と話す。

 


サイバートラスト、アイキューブドシステムズ、インテル
(左から)サイバートラスト マーケティング本部 プロダクトマーケティング部 部長の田上利博氏、アイキューブドシステムズ 取締役副社長/CFOの小湊啓爾氏、インテル 法人営業推進本部 シニア・ソリューション・スペシャリストの糀原晃紀氏


M2M/IoTのセキュリティ対策は、PCやスマートデバイスにおける対策とは異なる点がある。基本的には、既存のセキュリティ対策技術と手法を応用することになるが、まず大きく異なるのが、デバイス性能による制限だ。M2M/IoTデバイスはCPUやメモリの性能が低く、搭載できるセキュリティ機能が制限される場合が多い。また、デバイスの種類が非常に多様なことも対策を難しくする。

加えて、人が操作をしないという点も大きな違いだ。利用者は基本的に、デバイス内で動いているソフトウェアや通信に関わらない。セキュリティ管理はデバイス/サービスを提供する事業者側が行うしかなく、予め必要なセキュリティ機能を搭載して提供しなければならない。さらに、一度設置すれば長期間メンテナンスが行われないケースも多い。新たな脅威が発生したからといって、容易にセキュリティ機能をアップデートできないのだ。

こうした点を考慮しつつ、強固なセキュリティ対策をいかに効率的に運用するのか。これがM2M/IoTセキュリティのポイントになる。

最も重要なのが、デバイスとサーバー/クラウド間でデータを送受信する際の個体認証だ。デバイスとそこから得られるデータが“本物”かどうかを確認する対策が必須になる。ここで有効なのがPKI技術だ。電子証明書でデバイスの真偽を確認し、そのうえでアプリケーションが改ざんされていないことを確認するコードサイニング証明(発行元が作成したものであると証明する電子署名)を行い、データはSSL暗号化通信で送る。エンドツーエンドの対策が可能になるのだ。

このPKI技術をM2M/IoT向けに展開することを見据えて新たな取り組みを行おうとしているのが、サイバートラストとインテル、MDMベンダーのアイキューブドシステムズだ。インテル製チップセットの中に証明書と秘密鍵を格納し、マルウェア等の攻撃が及ばない強固なセキュリティの仕組みを作ろうとしている。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

sas1808
necaspire
moconavi1807

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの大冒険! 海、山、体内へ
<海のIoT>ワイヤレスIoTで漁業は成長産業に/光無線で水中高速通信/オールジャパンで船舶IoT <山のIoT>LPWAがキラー技術に <体内のIoT>インプラント型無線センサーで生体IoTに新時代到来

◆[インタビュー] NTT西日本 小林充佳社長「地域に“変化”起こす先駆者へ」 ◆働き方改革とWeb会議 ◆過疎地の固定電話は「無線」で ◆NTTドコモのデータ分析の歴史 ほか 

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
watchguard0921

スペシャルトピックス

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます