企業ネットワーク最前線

スシローのAWS活用を支えるネットワークとは?――Direct Connect+KDDI WVSでさらなる進化

文◎太田智晴(編集部) 2015.04.22

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

AWSの先進ユーザーとしても著名な日本最大級の回転すしチェーン、あきんどスシロー。クラウドのパフォーマンスは、ネットワークの品質にも大きく左右されるが、あきんどスシローが選んだのは、AWS Direct ConnectとKDDI WVSの組み合わせだった。

全国392店舗、年商1200億円以上、アルバイトやパートを含めた従業員数は約3万6500名(2014年9月末現在)。この日本最大級の回転すしチェーン「スシロー」を運営するのが、大阪府吹田市に本社を構えるあきんどスシローだ。

「原価率30%が一般的」といわれる外食産業にあって、スシローの原価率は何と約50%。食材に高い原価をかけているからこそ実現できる、100円回転すし業界屈指のネタと店内調理が、スシローの人気の秘密だ。

 

あきんどスシロー
スシローの店内



スシローは最も有名な回転寿司チェーンと言っていいだろうが、実はITの世界でも同社は名高い。パブリッククラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」の先進ユーザーとしてもよく知られているのだ。

それを物語るエピソードの1つが、昨年11月に米ラスベガスで開催されたAWSのイベント「AWS re:Invent 2014」の基調講演。全世界のIT関係者が注目する米アマゾン・ドットコムのCTOによる基調講演は、あきんどスシローの事例紹介からスタートした。同社のAWS活用が、いかに先進的なのかが分かるだろう。

 

すべてのシステムをAWSへ

あきんどスシローが、AWSを利用し始めたのは2012年7月頃のこと。社内に蓄積された40億件のデータを分析するためだった。

あきんどスシローは、すしの鮮度をICタグで管理していることでも有名だ。すし皿1つひとつに付けられたICタグのデータを活用し、レーンに流してから一定時間が経過したすし皿の自動廃棄を実現。常に鮮度の良いすしを顧客に提供しているほか、どのすし皿がいつ売れたかなども把握可能にしている。

また、顧客の人数とテーブルへの着席時間から、1分後と15分後の需要をシステムが予測。この需要予測をもとに、レーンに流すネタや量を決めるなどのシステム化も行っている。

「うまいすしを、腹一杯。うまいすしで、心も一杯。」を企業理念として掲げるあきんどスシロー。

同社 情報システム部長の田中覚氏は「IT投資についても、この理念の達成に貢献するかどうかで経営陣は判断しています」と話すが、さらにうまいすしや充実した顧客サービスを提供するために着目したのが、こうしたシステム化により貯まった40億件のデータだった。

 

 

本社ロビーに掲げられているあきんどスシローの企業理念
本社ロビーに掲げられているあきんどスシローの企業理念。この理念は、同社のIT戦略にも貫徹している



従来、各店舗内だけで活用されてきたデータを集約・分析すれば、全社規模でのパターン分析や店舗間のデータ比較によるオペレーション改善に向けた知見など、「40億件のデータが“宝の山”になるのでは」と考えたのだ。

しかし、40億件もの膨大なデータを分析するには、高速処理が可能なインメモリ型のBIツールを動かせる高価なサーバーが必要となる。本当に“宝の山”かどうかも分からないなか、多額の投資はできない。

そこで田中氏が辿り着いた答えが、必要なときに必要な分だけ利用できるAWSだった。40億件のデータを分析することで、価値ある知見は得られるのか――。その検証にかかった費用はわずか10万円だったそうだ。

 

あきんどスシロー 情報システム部長 田中覚氏
あきんどスシロー 情報システム部長 田中覚氏



検証実験の結果、確かな手応えを得たあきんどスシローは、ICタグから得たデータのAWS上での分析を本格的にスタートさせる。さらに同社は、WebサイトやERPなどのシステムも続々とAWSへ移行。「ほぼすべてのシステムがAWS上で稼働しています」と田中氏は説明する。

スペシャルトピックスPR

moconavi1807
sun1807
intel1806

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】映像IoTが、来た!
●多様な業界に広がる映像IoT/●カメラとAIでスマート農業/●防犯カメラも新たな次元へ/●AI予測で混まないレジ/●映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント

◆[インタビュー] NTT東日本 井上福造社長 ◆クラウド時代の企業音声システム ◆日本企業目線で“ヤマハ流”SD-WAN ◆富士通が産業向け新無線LAN ◆農業×IoTで「地方」を変える ◆MWC上海レポート

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

アクセスランキング

tc1807_b
ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます