キーパーソンが語る

「10G-PONやG.fastを日本市場に」――ZTE フィックスドネットワーク製品事業部長に聞く

構成◎横田麻生子(編集部) 2014.09.19

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

中国のネットワーク機器ベンダーZTEが、光アクセス系で10Gbps伝送を実現するXG-PON1製品分野で日本市場への営業を強化している。光アクセス製品の統括責任者である蔡惊哲(サイ・キョウテツ)氏に最新の技術動向と今後の戦略を尋ねた。


――ZTEはグローバル市場で光アクセスのFTTx製品が高いシェアを確保しています。


 2013年に、通信事業者向けOLT(局側の終端装置)とONT/ONU(加入者宅側の終端装置)の出荷数でグローバルシェア第2位でした。第1位とは僅差ですが、グローバルベンダー同士、切磋琢磨しながらともに市場で競い合っています。

FTTx市場は、近年のIPTVやVoIPといったリアルタイム性の高い通信サービスの普及、4K放送のような広帯域サービスの登場で、ますます高速化ニーズが高まっており、拡大しています。特に、欧州と東南アジア地域はG-PONおよび10G-PONの出荷数が大きく伸びています。私たちはスペインのJazztelなど各国の大手通信事業者の信頼を得て、ラボ・トライアルや商用試験を一緒に進めています。

――10G-PONなどの次世代技術には特に注力しているわけですね。

 10G級OLTの出荷数シェアに限定すると、ZTEが60%超えで他社を大きくリードしています(英国Ovum調べ)。この数字を達成できた当社の強みは3つあります。「標準化団体への参画」「技術力」「トータルソリューションの提供」です。

まず、「標準化団体への参画」ですが、ZTEは主要通信事業者とベンダーで構成される業界団体「FSAN(Full Service Access Network)」の会員企業として新技術の研究段階からITU-Tに積極的な提案を行い、標準化策定に貢献しています。

2つめの「技術力」は、主に欧米で利用されているG-PON、日中韓で利用されているGE-PONの両技術のノウハウを持っていることが重要だと考えています。例えば、当社の技術力を活かした製品の1つにOLT「ZXA10 C300 OLT」があります。G-PONとXG-PON1の両ラインカードに対応する光アクセスプラットフォームです。

3つめの「トータルソリューションの提供」ですが、ZTEはエンドツーエンドのソリューションベンダーとして、OLT/ONUといった設備だけではなく、光伝送路やネットワークのマネジメントシステムまでをトータルで提案してきました。これまでに100ヵ国150社以上の通信事業者とビジネスプランの段階から連携し、彼らのビジネスを強化できる提案をしてきたことが評価されていると考えています。

――今後の標準化動向はどう進展していくと考えていますか。


 本格的に10Gbpsの時代を迎えるでしょう。「10Gbpsもの高い通信速度は必要か」といった声も聞こえますが、こうした疑問はこれまでも繰り返されてきたことです。高速化すれば、その通信速度を活用するサービスが必ず登場するとみています。

また、オフィスビルやマンション向けのFTTBで既存の電話線を利用した構内通信を高速化する「G.fast」の標準化が今年12月に予定されています。G.fastは、距離100メートルで通信速度1Gbpsを実現する技術です。ZTEでは標準化と同時期に、アップリンクにXG-PON1、ダウンリンクにG.fast対応のインタフェースを備えた製品をリリースする予定です。

――日本市場では今後どういう戦略ですか。

 10GやG.fastといった次世代技術を採用した製品をいち早く投入する予定です。もちろん、日本が求める製品水準が高いことも十分に理解していますが、ZTEにはグローバルでxPON関連製品を1億3千万回線分提供できる製品調達力があります。

高品質な製品を低価格で提供できる体制を基盤として、通信事業者のビジネスを拡大できる提案を行い、信頼を勝ち得ることが、今後のZTEの事業成長にもつながると考えています。

スペシャルトピックスPR

netscout2009
microfocus2009
hitec2009

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】CPS/デジタルツインと
        エッジコンピューティング

●融合する現実世界と仮想空間 ●IOWNでヒトもデジタル化 ●CPSが製造業の切り札に ●エッジAIの実装入門 ●ドコモとNTT東に聞く“キャリアのエッジ”

[インタビュー]情報セキュリティ大学院大学 後藤厚宏学長「サイバー大災害はあり得る セキュリティの自給構造を」 [ソリューション特集]IDaaSのメリットと使い方 【IoT×SDGs】IoTを活用した環境移送技術で、サンゴを絶滅から守る 【技術&トレンド】AIがRANを進化させる日 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます