ビジネス・企業

A10ネットワークスが“首位固め”に向け、SCSKとエンタープライズ市場へ攻勢

文◎太田智晴(編集部) 2013.04.11

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

A10ネットワークスの小枝逸人氏と
SCSKの新庄崇氏

A10ネットワークスが国内ADC市場で念願のシェアトップを獲得したという。今後はSCSKを新たにパートナーとして迎えるなどし、サービスプロバイダー市場にとどまらずエンタープライズ市場も開拓。「安定したNo.1の地位を築いていく」という。

2009年3月の日本法人設立以来、国内での市場シェアを急速に伸ばしてきたADC(Application Delivery Controller)ベンダーのA10ネットワークスが、国内No.1のマーケットシェアを獲得したという。代表取締役社長 兼 CEOの小枝逸人氏が4月11日に開いた記者説明会で明かした。IDC Japanによる調査において、2012年第4四半期のレイヤ4-7スイッチ市場の国内シェアが28%となりトップだったという。かねてから「シェアトップのF5ネットワークスを必ず追い抜く」と公言していたA10ネットワークスだが、ついに目標を達成したことになる。


IDC Japanによる国内レイヤ4-7スイッチ市場シェア
IDC Japanによる国内レイヤ4-7スイッチ市場シェア

弱点は「認知度」

このように好調が続くA10ネットワークスであるが、小枝氏が自ら弱点と認めるのは「エンタープライズ市場での認知度が弱い」ことだ。この認知度の低さもあって、同社の売上のほとんどは通信事業者やISP、データセンター事業者といったサービスプロバイダー市場でのもの。エンタープライズ市場については「まだ入り込めていない」という。

認知度の低さは、グローバルでも共通の課題のようだ。小枝氏は調査会社のレポートを紹介(以下のスライド)。そのうえで、「製品については満点の1位の評価をもらっているが、会社の認知度や体制についてはまだ満点ではない。そこで、自分たちの弱点をまずちゃんと認めようと。2013年は徹底的に認知度を高めていきたい」と語った。


Info-TechリサーチグループによるADCベンダーの評価
Info-TechリサーチグループによるADCベンダーの評価


認知度を高め、エンタープライズ市場の開拓を進めていくための具体策として発表されたのは、SCSKとのパートナー契約である。


SCSKの会社概要
SCSKの会社概要


A10ネットワークスには現在、OEMパートナーを含む5社の1次代理店がいるが、今回新たに結ばれたパートナーシップがユニークなのは、SCSKが「国内で唯一、間接販売を主体にしたビジネス」(SCSK 理事 プラットフォームソリューション事業部門 ITプロダクト&サービス事業本部長の新庄崇氏)を展開していくことだ。

これまでのパートナーは皆、直接販売がメインだったが、SCSKは2次代理店による間接販売を中心にエンタープライズ市場にアプローチしていくという。2次代理店を支援するためのプリセールスや保守サービスなど、各種支援体制もSCSKとして整備していくとのこと。

パートナープログラムは「お客様目線」に変更

また、A10ネットワークスは、新たな認定パートナープログラムもスタートさせる。従来のパートナープログラムは、直接契約の1次代理店がGold Certified、間接契約の2次代理店がCertifiedと「A10との関係で決まっていたが、これはお客様には関係ない。新しいパートナープログラムでは、お客様目線の分かり易い認定基準に変更した」(チャネルプロモーション&マーケティング本部 本部長の三瓶寛一氏)という。

具体的には、提案力や技術サポート力を評価基準に「プラチナ」「ゴールド」「シルバー」「オーソライズド」の4種類の認定を用意。プラチナを除いて、A10ネットワークスとの直接契約かどうかに依らず、認定パートナー申請ができるようになった。このためユーザー企業から見て、どの認定パートナーに頼めばいいか、分かり易くなるという。

ちなみに、プラチナパートナーの第1号はSCSK。従来のパートナープログラムも当面は残るため、現時点でのプラチナパートナーはSCSKのみとなる。

SCSK ITプロダクト&サービス事業本部 NSプロダクト部 部長補佐の福田修司氏によれば、「日本のADC市場の規模はおよそ250億円。そのざっくり6割くらいがエンタープライズ」だという。「エンタープライズ市場をカバーすれば、A10は安定したNo.1の地位を築いていけるだろう」と小枝氏は話したが、果たしてどうなるか。SCSKは初年度3億円の販売を目指す計画だ。

 

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】WIRELESS SMART CITY

<Part1> ネットワークとともに進化する都市
<Part2> スマートシティネットワークの作り方
<Part3> 柏の葉に“Meta発”ミリ波無線の実験場
<Part4> スーパーシティ大阪 L5G広域利用の先行事例に
<Part5> ドローン「レベル4解禁」で変わる都市の物流
<Part6> ワイヤレス給電は都市をどう変えるか?

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

インテルインテルが進めるネットワーク仮想化 国内キャリアとの最新動向も
SDNとエッジ中心の未来を見据え、通信事業者と進める取り組みとは?
レッドハットインフラの自動化で34%の工数削減 レッドハットのネットワーク自動化2.0
人と人のコミュニケーションも効率化し、圧倒的な自動化を実現する。
i-PROセキュリティカメラの映像を遠隔監視 AI機能でマーケティングなどにも活用
幅広い用途に簡単、スピーディー、リーズナブルに対応するi-PRO Remo.
ジュニパーネットワークスWi-Fi 6E×AIで超効率ネットワーク 無線からWANまでクラウドシフト
ジュニパーはWi-Fi 6E時代に向けて、NW運用をAIとクラウドで効率化!
UniFiWi-Fi 6のライセンス費用がゼロに UniFiならコスパ抜群・簡単管理
圧倒的なコスパと手軽さで、オフィス、学校、工場、病院らが採用
日本マイクロソフト走り出した「5G網をAzureへ」計画
クラウド移行でキャリアは何を得るか

AT&Tの5GコアのAzure移行の狙いと進捗状況をマイクロソフトに聞いた。
ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズISDNからインターネットへ スムーズな移行を可能にするには

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。