新製品&新サービス

電力とスペースを4分の1に削減 ―― ネットワンがデータセンター向けサーバー新製品

文◎坪田弘樹(編集部) 2010.06.21

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ネットワンシステムズは2010年6月21日、データセンター向けサーバーを開発する米SeaMicro(シーマイクロ)社と販売代理店契約を締結したと発表した。ネットワンは、データセンターにおける消費電力、機器設置スペースを劇的に改善するとのコンセプトに基づきSeaMicroが開発したサーバー製品「SM10000」を7月30日から販売。ネットワンの吉野孝行代表取締役社長は「4分の1の設置スペース、4分の1の消費電力で、従来のサーバーと同じ能力が提供できる」と、SM10000を紹介した。

 

ネットワンシステムズの吉野孝行代表取締役社長(左)と、米SeaMicro社のアンドリュー・フェルドマンCEO

SM10000は、高さ10RU(約45cm)のサイズに、インテルAtomプロセッサーを512個、1TBのストレージをはじめ、スイッチ機能、ロードバランサ機能、サーバー管理機能を集約して搭載するサーバー製品。電力利用効率の高いCPUの採用だけでなく、SeaMicroが開発したASICでマザーボード上の部品を90%削減するなどの独自技術により、設置スペース費や電力コストを大きく削減できるという。

さらに、ネットワーク機器の統合、部品・機器点数の削減による運用コストの軽減効果も含めて、SeaMicroのアンドリュー・フェルドマンCEOは「ラックマウント型サーバーに比べて総所有コストを75%削減できる」と説明した。なお、SM10000の価格は、最小構成で2335万円からとなる。

 

運用費、ネットワーク機器購入費等も含めて総所有コストを大きく削減

●ターゲットはキャリア/ISPの“フロントエンド”

 


吉野社長はSM10000の販売について、「まずは通信キャリアやISPの(データセンター内でユーザーセッションを処理する)フロントエンドがターゲットになる。ただし、エンタープライズ向けとしても十分に可能性があると考えている」と話す。キーポイントは、「サーバーの利用率の改善」だ。

データセンターにおいてはサーバーの利用用途が多様化している。データベース処理のように少数の高負荷な演算処理を行うサーバーがある一方で、1つ1つは非常に負荷が小さいが膨大な数の独立した処理を行うWebサーバーもあるといった具合だ。高機能なマルチコアCPUが搭載されたサーバーは前者に最適化されており、現在増大している後者のニーズに「従来型のサーバーは対応できていない」とフェルドマンCEOは語る。

加えて、Webサーバーの処理は利用者が急激に増減する。最大値に合わせて設備投資すれば、設置スペース・電力量も含めて利用効率はさらに悪化し、平均値に合わせれば顧客満足度の低下、機会損失を招く。SM10000はこのミスマッチを解消することを目的に開発された製品だ。

 

 

“従来型”サーバーでは対応出来ない領域にSM1000を展開

SM10000は、特定のCPUに作業負荷を動的に割り当てるSeaMicro独自の機能を備える。これにより、CPUの利用効率をコントロールし、電力消費量当たりの処理速度を最適化することが可能になるという。

スペシャルトピックスPR

watchguard1805
scsk1805
jpsecure1805

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】NETWORK SHIFT
         DX時代の新しいネットワーク戦略とは?
●ネットワーク仮想化最前線/●AI時代のネットワーク運用/●AWSに学ぶネットワーク構築/●SD-WANの現在地/●キャリア・OTTで進むネットワークのオープン化/●ISDN&PHSの移行戦略

◆[インタビュー] OKI 坪井正志常務「社会インフラ×IoTに確信」 ◆大量接続と低遅延を両立の「次期5G NR」 ◆NTT、B2B2Xの世界展開へ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

アクセスランキング

tc1807_a
iot
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます