ICT×未来

トラフィック対策の鍵握る「HetNet」――小セル追加でLTEの処理能力が倍化

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2012.10.19

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

HetNetがLTEのネットワーク容量拡大の有力な手段として注目を浴びている。ドコモは3.5GHz帯にHetNetを活用、IMT-Advancedで100倍超の容量を持つネットワークを構築する意向だ。

昨年12月の日本のモバイルデータトラフィックは前年同期比2.2倍を記録した(総務省調べ)。言うまでもなく、スマートフォンやタブレット端末の急速な普及によるものだ。この劇的なトラフィックの伸びに対応できるネットワークをどのようにして整備するかは、移動通信キャリアの喫緊の課題である。

移動通信インフラベンダー大手のノキアシーメンスネットワークス(本社・フィンランド、NSN)の日本法人でソリューションビジネス事業本部長を務める小島浩氏は次のように指摘する。

「今後も年2倍の伸びが続けば、モバイルデータトラフィックは10年で1000倍になる。これを収容するには、無線システムの高度化、運用周波数帯域の拡張、ネットワークアーキテクチャの変更などを組み合わせていく以外にない」

3番目の「ネットワークアーキテクチャの変更」を実現する手法として注目されているのが、HetNet(Heterogeneous Network)である。

大セル内に小セルを並存

HetNetは、同一エリア内に、セル半径や方式の異なる無線システムを並存させ、相互に協調することでネットワーク容量の拡大を実現しようする手法の総称である。名称自体は「不均質な」ネットワークを意味する。

HetNetには、3G/LTEと無線LANを組み合わせるようなものも含まれるが、現状ではこの言葉は、主に半径数百m以上をカバーする大セル(マクロセル)基地局のエリアの中に、よりカバーエリアが狭い小セル(マイクロセル/ピコセル/フェムトセル)基地局を重層させるネットワークの意味で使われることが多い。ここでも特に明記しない場合、HetNetをこの意味で用いる。

携帯電話のネットワークは、広い面積を効率的にカバーできる大セル基地局を中心に構築されてきたが、トラフィックの増大に伴い、ネットワーク容量が稼げる小セル基地局の導入が進んでいる。

しかし、小セル基地局で面的なエリアを整備するには、多くのロケーションの確保が必要となる。また、小電力の小セル基地局には不感地が生じやすいという弱点もある。

そこで、大セル基地局で面的なエリアを整備した上で、その中で特にトラフィックの集中する地区にホットスポット的に小セル基地局を設置し、トラフィックをオフロードする手法が多く採られるようになっている。これによりローコストでネットワーク全体のキャパシティを向上させようというのが、HetNetのコンセプトだ。

この種のネットワークは、大セル基地局と小セル基地局で別の周波数を使えば、比較的容易に実現できるが、実際には小セル基地局に専用の帯域を確保できない事業者が少なくない。また、10~20MHz幅という広い帯域を使って、高速・大容量のデータ通信を実現するLTEでは、帯域を大セル基地局と小セル基地局用に分割して用いることは、必ずしも得策とはいえない。

そこで登場してきたのが、電波干渉を回避することで、大セル基地局と小セル基地局が同一周波数を使えるようにするICIC(Inter-Cell Interference Coordination:セル間干渉制御)と呼ばれる技術だ。

ICICは、昨年策定された3GPPリリース10で標準化がなされており、現在は、策定中の3GPPリリース11でその拡張仕様となるeICIC(enhanced ICIC)の検討が進められている。ここではこの2つを合わせてeICICと表記する。

3GPPリリース10/11では、LTEの発展系となる第4世代携帯電話LTEAdvancedの技術要素の標準化が行われているが、eICICもその1つだ。また、通常HetNetというと、このeICICを使うネットワークを意味することが多い。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

limelight2007
ctc2008
cisco2008

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】オフィスのNew Normal
●オフィスに“不可逆的”変化 ●企業LAN/WANのニューノーマル ●ワーケーションは出島戦略 ●IoT活用で「3密」を回避 ●データで作る可変オフィス など

[インタビュー]NTTコミュニケーションズ 丸岡亨社長「DXのプラットフォーマーへ」 [ソリューション特集]ビット単価低下やコロナに負けないネットワーク監視/スマートホスピタルへの第一歩 【技術&トレンド】10m以上先へ無線で給電 【ビジネス最前線】IIJが描く5G時代のMVNO ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

ディアイティOffice 365が遅い、
情報漏洩が心配…を解決する方法

実はCASB×DLPで全部解決できた! Forcepointが全てを叶える。

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

パロアルトネットワークスSASE実現するクラウドセキュリティ
従業員は意識せず安全なテレワーク

GWの逼迫解消、ローカルブレイクアウト、ユーザーの快適さを一挙に!

Microsoft Teams会議から1万人の仮想イベントまで
コラボの場はリアルからTeamsへ

Microsoft Teamsの利用が急増中だ。
4月時点の利用者数は1日7500万人!

丸文ローカル5G“実用化”へ万全の備えを
試験・置局、セキュリティまで網羅

ローカル5Gには何が必要か。長年キャリアを支援する丸文に尋ねた。

インテルネットワーク変革をインテルが牽引
仮想化技術でローカル5Gにも貢献

インテルの5Gビジネスが加速してきた。ローカル5Gにも取り組む。

ライムライト・ネットワークス・ジャパン8K対応/安定性/超低遅延
選べる3つのライブ配信サービス

自社だけでは困難な高品質ライブ配信をライムライトが強力サポート!

クラウド&サービスプロバイダ向けのオンラインイベント「新たな時代に向けたネットワーク」通信事業者の新たな時代に向けた
ネットワーク「Telcoクラウド」

ジュニパーのクラウド&サービスプロバイダ向けバーチャルサミット!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます