ICT×未来

<座談会>移動通信市場の行方を語る

【第1回】トラフィック爆発とネットワークの進化――WiFiオフロードへの期待は間違い

司会◎土谷宜弘(月刊テレコミュニケーション編集長)、構成◎坪田弘樹(編集部) 2012.07.09

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

通信市場が構造転換の時を迎えている。4Gへの進化、アップルやグーグルなどのOTTとのしのぎ合いのなかで、キャリアは新たなビジネスモデルを確立していけるのか。上智大学の服部武教授、東京大学の森川博之教授、情報通信総合研究所の岸田重行主任研究員の3人の識者に展望を語ってもらった。


――これからの移動通信市場を展望するうえで核心となるポイントは何か。どういった点に最も注目されているのか、お聞きします。


岸田 スマートフォンブームによって、通信事業者を中心とした従来のエコシステムが大きく変わりつつあります。

最も重要なのは主役が変わったことです。従来は、端末もネットワークも、そこで利用されるコンテンツ等も含めて通信キャリアがトータルに設計しながらサービスを行っていました。

しかし今や、アップルやグーグルが主役になりつつあります。彼らが主導権を持つことで、悪く言えば市場が振り回されている状態になっています。今は、新しいエコシステムを作っていく過渡期ですが、これがどういう形で落ち着くのかを注視しています。

森川 私も同じで、例えばアップルのような垂直統合型のビジネスと、通信キャリアとの力関係がどう推移していくのかに興味があります。

例えば、キャリアはHTML5をかなり注視しています。これを使えば、OSや端末、つまりアップルやグーグルのプラットフォームに依存しないアプリ提供の幅が広げられるからです。アップルやグーグル等が主導権を持ったまま進むのか、あるいはキャリアが盛り返すのか。そのパワーバランスに注目しています。

服部 「OTT(Over the Top)」と呼ばれるプレイヤーのビジネススタイルと、キャリアのビジネスモデルのしのぎ合いは今後数年続いていくでしょう。それが、通信市場を大きく左右します。

――ネットワークを資源として収益を上げる従来のビジネスとはまったく異質なモデルと対抗、あるいは協調しながら新しいキャリアの姿を作っていかなければならないわけですね。

服部 通信料金で収益を上げるモデルはすでに崩れ始めています。定額制もその要因の1つです。

トラフィックの増大がネットワークに多大な負荷を与えていますが、根本的な解決策はまだ見えていません。収容能力を高めるために設備を増強するのは大切ですが、それでは解決にはなりません。

ネットワークの付加価値をこれ以上落とさず、むしろ高めていくために抜本的な対策を打つ。そうした方向に舵を切っていかなければならない大切な時期に来ています。


(左から)東京大学 先端科学技術研究センター 教授 工学博士 森川博之氏、上智大学 客員教授 工学博士 服部武氏、情報通信総合研究所 グローバル研究グループ 主任研究員 岸田重行氏

WiFiへのトラフィックオフロードの課題とは?

――いくつかポイントがでました。それでは、基盤であるネットワークインフラの進化という点から話を進めましょう。これについては、トラフィック爆発への対応と、ネットワークそのものの付加価値向上という2点が焦点になります。まず、トラフィック対策については、WiFiオフロードが解決策としてクローズアップされています。

服部 一般の見通しとは違って、私はWiFiに注目するのは間違いだと思っています。WiFiは基本的には、インドアで使うものです。アクセスポイント(AP)をいくら設置してもカバーできるエリアはごくわずかに過ぎませんし、複数の事業者が競争し合ってAPが増えれば増えるほど、干渉が起こって使えなくなる。過度に期待するのは危険です。

岸田 まったく同感です。WiFiも重要であることは間違いありませんが、問題も多い。最大の課題はやはり電波干渉で、運用面の工夫をよほど上手くやる必要があります。

森川 混み合っている2.4GHz帯から5GHz帯への移行が進んでいますが、これも根本的な解決にはなりません。いずれ同じ問題が生じます。

服部 WiFiは通信品質を保証していないもので、オフロードのためにそれを「使ってください」といっても、ユーザーにはそのインセンティブがありません。例えば、WiFiを使った分だけ料金が安くなるといった、ユーザーにとってメリットのある仕掛けをしない限りは、WiFiが解決策になることはないでしょう。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

1912_hcn
1912_has
1912_thales

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ネットワーク未来予想図2020
[Part1]3段階で進化する5G [Part2]ローカル5G急発進の可能性 [Part3]Wi-Fi 6の普及はハイペース [Part4]「飛び過ぎない」Li-Fiで通信 [Part5]LPWAは大規模導入期に [Part6]ドローンの携帯電波利用が解禁 [Part7]高まる有線IoTの存在感 [Part8]量子時代は暗号通信も進化

[インタビュー] NTT 取締役 研究企画部門長 川添雄彦氏「インターネットを超えるIOWN」 [ソリューション特集]学校ネットワーク/クラウド閉域接続 [ビジネス最前線]NTTコム、ローカル5G参入の狙い ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

NECプラットフォームズ教育用ネットワークをトータル提案
IPv6活用でコスト削減・高速化

快適な校内無線LANには、VPNなど校外NWの整備も必要だ!

アット東京AWSやGCPなどメガクラウドに
直結する新時代のデータセンター

アット東京のデータセンターは“つなぐ”価値に磨きをかける!

ヤマハ仮想NWを始めるならヤマハで!

ヤマハの仮想ルーター「vRX」なら、これまでのノウハウをクラウドでも活かせる。

日本ソルテック学校ネットワークを簡単・安価に

日本ソルテックのクラウド管理型無線LANは、専門学校、介護施設を中心に豊富な導入実績!

シスコシステムズ世界で選ばれているオンライン会議
簡単にワンクリックで会議に参加!

Cisco Webexは社内外、誰とでも高品質なオンライン会議が行える。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社ネットワークに迫る人手不足の危機
遠隔監視と予防保全で乗り越えろ!

光ファイバの保守現場の深刻な技術者不足。日立金属はどう対応した?

ハイ・アベイラビリティ・システムズ「全て」を一括認証できるSSO
簡単導入でパスワード管理から解放

AccessMatrix USOなら導入や運用も容易にシングルサインオンを実現!

ジェムアルト株式会社マルチクラウド時代の情シスを救う
認証プラットフォーム!

認証・特権ID管理をきめ細やかに! 自社サービスとしても展開可能。

ZscalerDX加速させるクラウドセキュリティ
「100ms以下」の遅延で快適利用

Zscalerの革新的アーキテクチャで働き方改革を強力推進!

パロアルトネットワークスパブリッククラウド基盤の
セキュリティ対策はどうする?

開発のライフサイクル全体でリソースを保護する「Prisma Cloud」

ヤマトロジスティクスキャッシュレス化に乗り遅れるな!
決済端末の導入・運用を一括代行

キャッシュレス決済の導入をヤマトロジスティクスがトータル支援!

アクセスランキング

dwpreport
kaden

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2019 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます