ICT×未来

<座談会>移動通信市場の行方を語る

【第1回】トラフィック爆発とネットワークの進化――WiFiオフロードへの期待は間違い

司会◎土谷宜弘(月刊テレコミュニケーション編集長)、構成◎坪田弘樹(編集部) 2012.07.09

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

通信市場が構造転換の時を迎えている。4Gへの進化、アップルやグーグルなどのOTTとのしのぎ合いのなかで、キャリアは新たなビジネスモデルを確立していけるのか。上智大学の服部武教授、東京大学の森川博之教授、情報通信総合研究所の岸田重行主任研究員の3人の識者に展望を語ってもらった。


――これからの移動通信市場を展望するうえで核心となるポイントは何か。どういった点に最も注目されているのか、お聞きします。


岸田 スマートフォンブームによって、通信事業者を中心とした従来のエコシステムが大きく変わりつつあります。

最も重要なのは主役が変わったことです。従来は、端末もネットワークも、そこで利用されるコンテンツ等も含めて通信キャリアがトータルに設計しながらサービスを行っていました。

しかし今や、アップルやグーグルが主役になりつつあります。彼らが主導権を持つことで、悪く言えば市場が振り回されている状態になっています。今は、新しいエコシステムを作っていく過渡期ですが、これがどういう形で落ち着くのかを注視しています。

森川 私も同じで、例えばアップルのような垂直統合型のビジネスと、通信キャリアとの力関係がどう推移していくのかに興味があります。

例えば、キャリアはHTML5をかなり注視しています。これを使えば、OSや端末、つまりアップルやグーグルのプラットフォームに依存しないアプリ提供の幅が広げられるからです。アップルやグーグル等が主導権を持ったまま進むのか、あるいはキャリアが盛り返すのか。そのパワーバランスに注目しています。

服部 「OTT(Over the Top)」と呼ばれるプレイヤーのビジネススタイルと、キャリアのビジネスモデルのしのぎ合いは今後数年続いていくでしょう。それが、通信市場を大きく左右します。

――ネットワークを資源として収益を上げる従来のビジネスとはまったく異質なモデルと対抗、あるいは協調しながら新しいキャリアの姿を作っていかなければならないわけですね。

服部 通信料金で収益を上げるモデルはすでに崩れ始めています。定額制もその要因の1つです。

トラフィックの増大がネットワークに多大な負荷を与えていますが、根本的な解決策はまだ見えていません。収容能力を高めるために設備を増強するのは大切ですが、それでは解決にはなりません。

ネットワークの付加価値をこれ以上落とさず、むしろ高めていくために抜本的な対策を打つ。そうした方向に舵を切っていかなければならない大切な時期に来ています。


(左から)東京大学 先端科学技術研究センター 教授 工学博士 森川博之氏、上智大学 客員教授 工学博士 服部武氏、情報通信総合研究所 グローバル研究グループ 主任研究員 岸田重行氏

WiFiへのトラフィックオフロードの課題とは?

――いくつかポイントがでました。それでは、基盤であるネットワークインフラの進化という点から話を進めましょう。これについては、トラフィック爆発への対応と、ネットワークそのものの付加価値向上という2点が焦点になります。まず、トラフィック対策については、WiFiオフロードが解決策としてクローズアップされています。

服部 一般の見通しとは違って、私はWiFiに注目するのは間違いだと思っています。WiFiは基本的には、インドアで使うものです。アクセスポイント(AP)をいくら設置してもカバーできるエリアはごくわずかに過ぎませんし、複数の事業者が競争し合ってAPが増えれば増えるほど、干渉が起こって使えなくなる。過度に期待するのは危険です。

岸田 まったく同感です。WiFiも重要であることは間違いありませんが、問題も多い。最大の課題はやはり電波干渉で、運用面の工夫をよほど上手くやる必要があります。

森川 混み合っている2.4GHz帯から5GHz帯への移行が進んでいますが、これも根本的な解決にはなりません。いずれ同じ問題が生じます。

服部 WiFiは通信品質を保証していないもので、オフロードのためにそれを「使ってください」といっても、ユーザーにはそのインセンティブがありません。例えば、WiFiを使った分だけ料金が安くなるといった、ユーザーにとってメリットのある仕掛けをしない限りは、WiFiが解決策になることはないでしょう。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

necaspire
moconavi1807
sun1807

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの大冒険! 海、山、体内へ
<海のIoT>ワイヤレスIoTで漁業は成長産業に/光無線で水中高速通信/オールジャパンで船舶IoT <山のIoT>LPWAがキラー技術に <体内のIoT>インプラント型無線センサーで生体IoTに新時代到来

◆[インタビュー] NTT西日本 小林充佳社長「地域に“変化”起こす先駆者へ」 ◆働き方改革とWeb会議 ◆過疎地の固定電話は「無線」で ◆NTTドコモのデータ分析の歴史 ほか 

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
yamaha_swx3100

スペシャルトピックス

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます