ホワイトペーパーダウンロード

NTTコミュニケーションズ株式会社

新生「りらいあコミュニケーションズ(旧社名もしもしホットライン)」のIT戦略から学ぶ、「顧客対応のプロ」の視点によるコンタクトセンター更改のポイントとは?

もしもしホットラインは10月1日、「りらいあコミュニケーションズ」に社名を変更した。これに先駆け、基幹ビジネスであるコンタクトセンター事業のIT基盤をリプレース。クラウド型コンタクトセンターサービスを選択した。新生アウトソーシング企業として、多様化するクライアントニーズに応えるための新たなIT戦略の一環として位置づけている。

さまざまな企業のコンタクトセンター業務を受託するアウトソーサーは、顧客対応のプロフェッショナルとして、社会情勢やクライアントのニーズにいち早く対応することが求められる。

国内アウトソーサー大手である「りらいあコミュニケーションズ(旧社名:もしもしホットライン)」は、クライアント業務のコール数の増減に合わせてオペレーターの座席数を対応するために設備増減を行う場合、従来のオンプレミスのシステムでは多くの時間とコストがかかっていた。また、コールピークに合わせたシステム構築では、無駄が多く投資対効果が見込めないという不満を抱えていた。

これらを解消するために、コンタクトセンターのIT基盤を見直し、NTTコミュニケーションズのクラウド型コンタクトセンターサービス「Arcstar Contact Center」を導入。従来のオンプレミス設備と組み合わせることで、受託案件ごとの要件や業務量の変動などに柔軟かつ迅速な対応を図る。

今後、コンタクトセンター基盤を更改する企業、強化する企業にとって示唆となるポイントを「顧客対応のプロ」の視点を踏まえて提言する。

 

ロゴ

株式会社ケイ・オプティコム

セキュアなモバイル通信環境を低コストで実現する方法とは?~業種別の導入方法~

日本ヒューレット・パッカード株式会社 Aruba事業統括本部

よりスマートなネットワークを構築するための9ステップ

日本ヒューレット・パッカード株式会社 Aruba事業統括本部

IoT導入のベストプラクティス・トップ5

日本ヒューレット・パッカード株式会社 Aruba事業統括本部

デジタル・ワークプレイスのネットワーク設計図とチェックリスト

日本ヒューレット・パッカード株式会社 Aruba事業統括本部

ネットワークの先進化によるビジネスのデジタル化 - ユナイテッド航空等に学ぶ

日本ヒューレット・パッカード株式会社 Aruba事業統括本部

IoT、モビリティ、あるいは油断がハッカーの付け込むスキ

スペシャルトピックスPR

ribbon1809
sas1808
necaspire
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます