ホワイトペーパーダウンロード

NTTコミュニケーションズ株式会社

新生「りらいあコミュニケーションズ(旧社名もしもしホットライン)」のIT戦略から学ぶ、「顧客対応のプロ」の視点によるコンタクトセンター更改のポイントとは?

もしもしホットラインは10月1日、「りらいあコミュニケーションズ」に社名を変更した。これに先駆け、基幹ビジネスであるコンタクトセンター事業のIT基盤をリプレース。クラウド型コンタクトセンターサービスを選択した。新生アウトソーシング企業として、多様化するクライアントニーズに応えるための新たなIT戦略の一環として位置づけている。

さまざまな企業のコンタクトセンター業務を受託するアウトソーサーは、顧客対応のプロフェッショナルとして、社会情勢やクライアントのニーズにいち早く対応することが求められる。

国内アウトソーサー大手である「りらいあコミュニケーションズ(旧社名:もしもしホットライン)」は、クライアント業務のコール数の増減に合わせてオペレーターの座席数を対応するために設備増減を行う場合、従来のオンプレミスのシステムでは多くの時間とコストがかかっていた。また、コールピークに合わせたシステム構築では、無駄が多く投資対効果が見込めないという不満を抱えていた。

これらを解消するために、コンタクトセンターのIT基盤を見直し、NTTコミュニケーションズのクラウド型コンタクトセンターサービス「Arcstar Contact Center」を導入。従来のオンプレミス設備と組み合わせることで、受託案件ごとの要件や業務量の変動などに柔軟かつ迅速な対応を図る。

今後、コンタクトセンター基盤を更改する企業、強化する企業にとって示唆となるポイントを「顧客対応のプロ」の視点を踏まえて提言する。

 

ロゴ

スペシャルトピックスPR

sandi1910
basix1910
sunntsu1910
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

MIPHS/ISDNからの移行を
「安価」かつ「手軽」に

PHSモデムの入れ替えだけで「LTE化」が完了する!

ヤマトロジスティクスキッティングから配送まで一括提供
PC移行の工程はすべてお任せ!

Windows 7の延長保守サポート終了! ヤマトなら安心して任せられる

サンテレホン何か「御用」ありませんか? 国内最大級ICT機材のECサイトが誕生

10万点の情報通信機材を取り扱うECサイト「GOYOU(ゴヨー)」

エス・アンド・アイMS Teams×電話に新たな選択肢
キャリア回線使用で通話品質も安定

SBC機能のクラウド提供も開始 “設備レス”でDirect Routing導入

ブラステルクラウドPBX市場のパイオニア
信頼性と音声品質で5万台の実績

IP電話に関する調査では3項目で1位を獲得! ブラステルの「Basix」

三通テレコムサービス“明朗会計”で人気のクラウドPBX

ユーザーが増えても基本料は最大4900円! 三通テレコムサービスの「clocall PBX」

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます