企業ネットワーク最前線

SPECIAL TOPIC

会議から1万人のオンラインイベントまで コラボレーションの場はリアルからTeamsへ

提供◎日本マイクロソフト株式会社 2020.06.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

コロナショックの影響で伸びるコラボレーションツール市場。特に利用者数が拡大しているのがMicrosoft Teamsだ。2020年4月時点の利用者数は、全世界で1日当たり7500万人。Web会議から資料の共同編集、最大1万人のオンラインイベントまでを安価かつ簡単に実現できる。

1万人のイベントをオンラインで リアルにはない機能とROI会議や共同作業の場がオンラインに変わる中で、最近では「社内研修や外部向けのセミナーなど、イベントのやり方も変わってきている」と吉田氏。

実はTeamsは大規模なイベントをオンラインで開催できる「ライブイベント」機能も備えている。Teams会議の参加人数は最大250人(今後300人に拡張予定)だが、ライブイベントは1万人まで参加可能。7月1日までは期間限定で2万人まで参加者枠を拡張している。なお、ライブイベントで用意されている以上の規模になる場合は「Microsoft Stream」というストリーミング配信用のアプリケーションを利用すれば最大10万人に向けて配信できる。

ライブイベントもTeams会議と同様、セットアップは非常に簡単だ。まずは日時を決め、次に誰でも参加できるパブリックイベントか、出席者が特定の人やグループに制限されるプライベートイベントかを選択するだけで完了する。あとはライブイベントのURLを参加者に共有するだけだ。「オンラインイベントの開催は敷居が高いと思われているが、ライブイベントなら数ステップでできるので、お客様にはこんなに簡単にできるのかと驚かれる」

イベントの参加者はプロデューサー、発表者、視聴者の3種類に分けられる。プロデューサーは開催側で必ず1人立てる必要があり、ライブイベントの進行を仕切ったり、視聴者に流す画面を切り替える操作をする。プロデューサー用の操作画面も分かりやすく作られており、特別な技術は必要なく直感的に扱うことができる。発表者は文字通り、イベントにおいてプレゼンテーションをする人で、音声・ビデオで参加する。この2者以外が視聴者となる。視聴者は参加URLをクリックして視聴するだけで、基本的には音声もビデオもオフのままとなる(質疑応答やディスカッションの間だけなど、一時的に視聴者を発表者に昇格させることは可能)。

 

 

図表2 ライブイベントの構成イメージ

図表2 ライブイベントの構成イメージ

 

 

ライブイベントの用途としては、最近は「社長の講話を社員に向けて配信したり、決算発表会や株主総会、研修などが増えている」。新型コロナウイルス対策として、小学校の卒業式を保護者に向けてライブ配信した事例もある。

「我々自身もライブイベントを使ってみて利便性を実感した。通常のイベントでは200人集めるのもなかなか大変だが、ライブイベントでは述べ約6000人に参加いただいた。視聴側は参加のハードルが下がり、開催側としては費用対効果が高い。フィジカルなイベントだけが必ずしもいいわけではないという気づきがあった」

また、現実空間では難しいがライブイベントなら簡単に実現できることもある。例えばイベント中に「Microsoft Forms」を利用してアンケートフォームを参加者に送れば、その場で回答してもらえるうえ、集計結果も即座に分かる。さらに質疑応答の際、寄せられた質問を全体公開するかどうかを、開催側が選べる点もオンラインならではの利点だ。

ライブイベントは、フル機能版のTeams利用も含まれた「Office 365 E1」という月額870円のライセンスが最低1ユーザー分あれば可能で、「他社と比べても圧倒的に安価だ」。

日々の会議、共同作業から大規模なイベントまで、Microsoft Teamsはチームのコラボレーションを必ず加速・強化してくれるだろう。

 

 

<お問い合わせ先>
日本マイクロソフト株式会社
セキュア リモート窓口:
https://www.microsoft.com/ja-jp/biz/security/remote-work.aspx

 

スペシャルトピックスPR

keysight2008
microfocus2008
kddi2008

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】CPS/デジタルツインと
        エッジコンピューティング

●融合する現実世界と仮想空間 ●IOWNでヒトもデジタル化 ●CPSが製造業の切り札に ●エッジAIの実装入門 ●ドコモとNTT東に聞く“キャリアのエッジ”

[インタビュー]情報セキュリティ大学院大学 後藤厚宏学長「サイバー大災害はあり得る セキュリティの自給構造を」 [ソリューション特集]IDaaSのメリットと使い方 【IoT×SDGs】IoTを活用した環境移送技術で、サンゴを絶滅から守る 【技術&トレンド】AIがRANを進化させる日 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます