企業ネットワーク最前線

SPECIAL TOPIC

LTE基地局を100万円以下で
2.5GHz帯プライベートLTEの導入をトータルサポート

提供◎ハイテクインター株式会社 2020.04.23

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ハイテクインター
CTO 大山輝夫氏(左)、執行役員 寺田健一氏

5Gや4G/LTEなどのキャリア向け無線技術で自社専用ネットワークを構築できる時代がやってきた。ただ、企業にとっては初の取り組み。免許申請や機器選びなどは、専門家の力を借りた方が安心だが、ハイテクインターは自営等BWA制度を利用したプライベートLTE導入に必要な全ステップをサポートできる。ローカル5Gへも無駄なく発展可能だ。

免許申請も万全サポート EPC込みLTE基地局も販売自営等BWAはどうやって導入すればいいのか。利用したいエリアで電波を吹くためには、まず総務省に免許申請して認定してもらう必要がある。

ただ、一般のユーザー企業が、自力で免許を取得するのはあまり現実的ではない。手続きに求められる知識は非常に高度であり、無線技術者の資格保持者も必要になるからだ。

寺田氏は「例えば、自営等BWAの周波数と隣接する周波数を使用する全国BWA事業者(通信キャリア)との干渉調整に関する合意の手続きや、無線局事項書・工事設計書の作成、総務省訓令に基づくカバーエリア計算・マップ作成などが必要になります」と解説する。

ハイテクインターは技術面だけではなく、これらの申請面でのサポートも積極的に行っていく。「当社には総合通信局に免許申請した経験に基づくノウハウもあり、各様式の記載方法のアドバイスやカバーエリア計算、カバーエリアマップの作成などをお手伝いすることが可能です」と寺田氏は胸を張る。ハイテクインターは20名以上の陸上特殊無線技士、第一級陸上無線技術士および電気通信主任技術者を抱えており、無線やネットワーク技術についてはあらゆる視点からサポートできるのだ。

また、ハイテクインターは世界中から製品を厳選して、プライベートLTEで必須となる基地局装置を2種類販売する(図表1)。

 

 

図表1 LTE基地局の概要

図表1 LTE基地局の概要

 

 

1つは小型の「HNB-5100-BW」。重さは3kgほどで設置が非常に容易であり、学校や工場などの敷地での利用を想定している。

「LTEではユーザーのSIM番号管理や制御信号の処理などをEPCで行う必要がありますが、HNB-5100-BWはそれらの機能をオールインワンで搭載した製品です。制御局を別途必要とせず、1台でLTEシステムが構築できます。通常のEPCの価格は1000万円以上ですが、100万円を切る値段で提供できます」と寺田氏は強調する。

大容量の基地局を求めるユーザー向けには「RDL6000 Ellipse-4G-HP」を用意する。こちらはEPCを別途用意する必要があるが同時に128台のLTE端末を収容でき、ハンドオーバーにも対応する。20W出力に対応し、大規模な工場や発電所以外に、地域BWAシステムでの利用も想定している。

「北米のCBRS(市民ブロードバンド無線サービス)で利用実績があるものを、国内の電波法に合わせて調整した上で販売しています」(寺田氏)。

1台で半径数kmほどカバーできるという。併せてソフトウェアベースのEPC「FlexCore-EPC」も用意する。フル機能をサポートしており、収容端末数100からのライセンス提供が可能だ。

劣悪な環境でも安定した通信を BWAのデモも可能その他にLTEルーターも複数用意している(図表2)。

 

 

図表2 LTEルーターの概要

図表2 LTEルーターの概要

 

 

Wi-Fi対応モデルを選べば、LTEに対応しないデバイスもプライベートLTE網に収容できる。「工場などでの利用を想定して、しっかり検査したうえで出荷しているため安心して使えます。高精度のIPカメラなどをルーターまではWi-Fi でつなぎ、それ以降はLTEで監視・制御するといった使い方が可能です」と寺田氏は語った。

ハイテクインターは従来から、通常のネットワーク製品ではつなぐのが難しい場所を開拓してきた。

例えば、LANケーブルの伝送距離を900m伸ばすPoE延長装置や、屋外で30kmほど無線伝送できる長距離無線ブリッジなどを世界中から探し集め、ユーザーに提供している。

「自営等BWAについても、劣悪な環境でも安定して通信できる安価な製品をお届けしたいという思いで取り組んでいます」と大山氏は語る。

自営等BWAのデモは、免許を取得したベンダーでないと行えないが、「当社は4月に実験試験局の免許取得および5月に北海道道内で基地局の免許取得を予定しており、実際にお客様の実環境に導入した場合にどうなるかをご提案できます」(寺田氏)。

今後はブログなどを通してプライベートLTEにおける技術や運用方法などの情報発信もしていくという。少しでも気になることがあれば、気軽に問い合わせてほしいそうだ。

 

【関連リンク】自営設備で干渉のないLTEネットワーク! 「プライベートLTEシステム」


<お問い合わせ先>
ハイテクインター株式会社
TEL:03-5334-5260
E-Mail:info@hytec.co.jp
URL:https://hytec.co.jp/useful 
 

 

スペシャルトピックスPR

microfocus2009
hitec2009
empirix2009

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】CPS/デジタルツインと
        エッジコンピューティング

●融合する現実世界と仮想空間 ●IOWNでヒトもデジタル化 ●CPSが製造業の切り札に ●エッジAIの実装入門 ●ドコモとNTT東に聞く“キャリアのエッジ”

[インタビュー]情報セキュリティ大学院大学 後藤厚宏学長「サイバー大災害はあり得る セキュリティの自給構造を」 [ソリューション特集]IDaaSのメリットと使い方 【IoT×SDGs】IoTを活用した環境移送技術で、サンゴを絶滅から守る 【技術&トレンド】AIがRANを進化させる日 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます