企業ネットワーク最前線

【特集】ネットワーク未来予想図2020

ドローンの携帯電波利用が解禁 5Gで高精細映像の配信も

文◎村上麻里子(編集部) 2020.02.18

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

2020年後半、ドローンの携帯電波利用が解禁される。2022年度には都市部での目視外飛行の実現も目指しており、今後数年間でドローンの活用用途が広がりそうだ。

 
無人航空機ドローンは、農業や物流など様々な業種において、高齢化や人手不足といった課題解決の“切り札”として注目が集まっている。

経済産業省が2017年に公表した「空の産業革命に向けたロードマップ2018~小型無人機の安全な利活用のための技術開発と環境整備~」(官民協議会作成)」にはドローン利活用のスケジュールが盛り込まれており、現在はレベル3の「無人地帯での目視外飛行(補助者なし)」の段階にある。レベル4の「有人地帯(第三者上空)での目視外飛行」については、「2020年代前半~」という表現にとどまっていたが、2019年6月の成長戦略閣議決定で「2022年度に実現する」と具体的な目標が打ち出された。

国内でドローンの技術開発をリードしてきたのが、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が2017年度に立ち上げた「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト(DRESSプロジェクト)」だ。

2022年度までの5年間に及ぶDRESSプロジェクトには民間企業など42のプレイヤーが参加、2019年までに技術開発を一通り完了した。その成果を基に、2020?21年度は社会実装に向けた取り組みを進める計画だ。

過密状態での飛行に手応え都市部など第三者上空での目視外飛行を実現するには、狭い同一空域で複数のドローンが安全に飛行するための「運航管理システム」や、ドクターヘリなど高度が重なりやすい有人機との衝突を自律的に回避する「衝突回避技術」が不可欠となる。

DRESSプロジェクトが開発を進めてきたこれら2つの技術は、どこまで進展しているのか。

1つめの運航管理システムについては、2019年10月に福島県・南相馬で最新の実証実験が行われている。NEDOプロジェクトのメンバー17事業者のほか、一般ドローン事業者など計29事業者が参加し、物流や郵便、警備、農薬散布、気象観測など計21の用途別にドローンが飛行した。

ドローンが飛行する高度や経路は、用途により様々だ。例えば警備の場合、上空60mを飛ぶ「俯瞰ドローン」2機が不審者を発見すると、上空30m地点を飛行する「巡回ドローン」2機がルートを変更して不審者の元へ急行する。物流や郵便の場合は一定のエリア内を往復する。

「運航管理システム」は2022年度の社会実装を目指している
「運航管理システム」は2022年度の社会実装を目指している


また、今回の実験ではドローンの種類も多岐にわたった。2.4GHz帯や920MHz帯のアンライセンスバンドを用いる機種、通信キャリアのLTEネットワークを利用する機種に加えて、衛星回線を使ったドローン、大型のシングルローター型ドローン、小型ドローンなども参加した。

約1k㎡の上空を1時間に146フライト、同時飛行数37機という従来の実証実験にはない“過密状態”となったが、「非常に狭い空域で高密度に飛行できることが論理的には実証された」とNEDO ロボット・AI部 主査 プロジェクトマネージャーの宮本和彦氏は話す。

NEDO ロボット・AI部 主査 プロジェクトマネージャー 宮本和彦氏
NEDO ロボット・AI部 主査 プロジェクトマネージャー 宮本和彦氏


ドローンが飛行するに際しては、あらかじめインターネットから申請を行い、その情報に基づいて運航管理システムが各ドローンの飛行計画や飛行経路の調整を行う。処理にかかる時間は、1件あたり数秒程度だ。実証実験では申請件数が格段に増えたにもかかわらず、遅延なく対応できたという。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

viavi2204
checkpoint2204
seiko2204

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション[徹底解明]5G SAとWi-Fi 6E
               企業ネットは新時代へ

<Part1> 
5GはSAでどう変わるのか? <Part2> 国内キャリアの5G SA戦略
<Part3>
5G SA企業活用は映像から <Part4> 端末視点で見るSAの進化
<Part5>
Wi-Fi 6Eの性能や注意点 <Part6>6E時代の無線LAN選び
<Part7> 残る700MHz幅の行方 ほか

インタビューエリクソン・ジャパン 代表取締役社長 野崎哲氏「オープンRANの課題解決に寄与」【新連載】10年後のネットワークを創る研究者たち 【ビジネス最前線】JTOWERのローカル5G戦略 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

ジュニパーネットワークスWi-Fi 6E×AIで超効率ネットワーク 無線からWANまでクラウドシフト
ジュニパーはWi-Fi 6E時代に向けて、NW運用をAIとクラウドで効率化!
UniFiWi-Fi 6のライセンス費用がゼロに UniFiならコスパ抜群・簡単管理
圧倒的なコスパと手軽さで、オフィス、学校、工場、病院らが採用
日本マイクロソフト走り出した「5G網をAzureへ」計画
クラウド移行でキャリアは何を得るか

AT&Tの5GコアのAzure移行の狙いと進捗状況をマイクロソフトに聞いた。
ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズ近づくISDN終了 ワンストップの移行サービスが登場

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

IoT用のSIMはきめ細かに管理する!
閉域網、帯域確保で安定・安全通信

スマホでおなじみの「mineo」が、IoTでも利用を拡大している。

NEEDLEWORK(ニードルワーク)ネットワークテストの負担から
SIerを解放する自動化製品!

200時間の作業が数10秒の例も!
テストの品質向上にもお勧めだ。

フォーティネット5G特有の脅威に備え、セキュアで柔軟なローカル5G・プライベート5G

ローカル5G・プライベート5Gではセキュリティリスクへの対処も必要だ。

Alkira4か月かかるクラウド接続を1日で!

DX時代に欠かせないマルチクラウドネットワークの一元管理が、Alkiraなら内製でも容易に実現可能

IoT Connect Mobile Type S柔軟なIoT回線で閉域にも大容量にも
IoTの「分からない」を一緒に解決

ユーザーの要望に合わせて柔軟にプランを選択できる!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。