導入・選定ガイド

ビデオ会議の最新動向2017(前編)――「ハドルルーム」に大注目

文◎村上麻里子(編集部) 2017.10.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ビデオコミュニケーション市場は、大規模会議室向けの普及は一段落し、小規模向けが中心となっている。グローバルで数千万室の潜在需要があるだけに、市場の拡大が続きそうだ。

広視野角で狭い部屋をカバー今、ビデオコミュニケーション市場で注目を集めているのが、「ハドルルーム」向け製品だ。

ハドルルームとは一般的には聞き慣れない言葉かもしれない。英語の「huddle room」がそのまま日本語として使われるようになったものだ。huddleには「詰め込む」といった意味があり、狭いスペースに数人程度のメンバーが集まって行う小規模な会議を意味する。

ハドルルーム向けのビデオ会議室に関しては、グローバルで3000万~5000万室もの潜在需要が残されているとの調査もあり、今後の拡大が大いに期待される分野だ。そのため国内でもロジクールが7月にビデオ会議システム「MeetUp(ミートアップ)」の提供を開始したのに続き、ヤマハが10月にビデオサウンドコラボレーションシステム「CS-700」の発売を予定するなど、各社から新製品が相次いで登場している。

これらの製品に共通するのが、①広視野角に対応したカメラ、②ノイズを排除したクリアな音声、③HDMIケーブルと電源ケーブルでつなげるシンプルな構成、④一体型で簡単に設置できるなど、小規模なスペースでの会議をスムーズに行うのに必要な機能を備えることだ。

このうちカメラについては、一般的なビデオ会議システムは奥行きのある広い部屋での利用を想定しているため、画角は90°に設定されている。ところが狭い部屋だとカメラと人の距離が近くなり、90°ではすべての参加者を映し出すことができない。そこでMeetUpやCS-700には120°の視野角に対応したカメラが搭載されている(MeetUpはパン/チルト機能を使えば175°まで拡大可能)。120°であれば、4m×4mほどの狭い部屋でもカメラから至近距離の席や部屋の隅にいる人をカバーすることが可能だ。

小規模会議室や奥行きのない部屋では席が画面に近く、視野角が90°のカメラではカバーしきれないが、120°なら全員を表示できる
小規模会議室や奥行きのない部屋では席が画面に近く、
視野角が90°のカメラではカバーしきれないが、120°なら全員を表示できる



次に音質についてだが、狭い室内にノートPCや紙の資料を机上に広げているとスピーカーが遮られ、相手の声がどこから聞こえるのかがわからなかったり、聞き取りづらくなってしまう。CS-700には「適応型エコーキャンセラー」「ノイズリダクション」「マイク自動追尾」「オートゲインコントロール」などヤマハ独自の音声処理技術が搭載されており、キーボードを叩く音や紙をめくる音などのノイズを収音しない一方、話者の声だけを判別して届けることができる。

さらに、いずれの製品も20万円以下と手頃な価格に設定されているので、予算の限られている中小企業や、大企業の支店・事業所など拠点での導入に適している。

ヤマハのビデオサウンドコラボレーションシステム「CS-700」は、120°の広視野角カメラや独自の音声処理技術により、スムーズな遠隔会議が行える
ヤマハのビデオサウンドコラボレーションシステム「CS-700」は、
120°の広視野角カメラや独自の音声処理技術により、スムーズな遠隔会議が行える

スペシャルトピックスPR

al2004
sonet2004
tsuzuki2004

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】6Gへ Beyond 5Gへの挑戦
<Part1>6Gは究極の無線通信 <Part2>総務省の6G推進戦略 <Part3>韓国の6G商用化は2028年 <Part4>100ギガ無線へのトビラを開くテラヘルツを人類の手に <Part5>6Gの重要コンセプト「超カバレッジ拡張」 <Part6>6Gへつながる進化の道筋「5G evolution」の全貌 

[インタビュー]東京大学 教授 中尾彰宏氏「ローカル5Gに価格破壊 王道と違う6Gへの道を探求」 [ソリューション特集]スモールビジネスWi-Fi [事例研究]ミクシィがホワイトボックス導入 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

都築電気テレワークと健康経営の実践4年目
その知見をワンストップで提供

働き方改革を推進する都築電気がテレワークに最適なグループウェア!

ドコモ・システムズNTTグループ23万人を支える
テレワークツール

伝統的な日本企業が作ったツールだから、かゆい所に手が届く!

WhatsUp Goldネットワーク監視に圧倒的使い勝手
安価な導入コストでも厚い支持

中小企業から通信キャリアまで、WhatsUp Goldが人気の理由とは?

MOVEit Transfer / MOVEit Automationデータ保護新時代のファイル転送
HIPPA、GDPRなど各種規制に対応

主要データ保護規制に準拠した安全なファイル転送ソフトの決定版!

moconaviBYODもセキュリティもこれひとつ
本当に明日からできるテレワーク

業務システムのリモート利用や公私分計をセキュアに実現するmoconavi

アライドテレシススモールビジネスのWi-Fi整備は
プロにおまかせ!

アライドテレシスなら安く・早く・楽に・安全に導入・運用してくれる

ソネットSMBに“ちょうどいい”Wi-Fi

高コストはかけたくないが、家庭用では性能が足りない。そんなジレンマを解決できるWi-Fiがあった!

ジュニパーネットワークス“ただのSD-WAN”はもう要らない!
LANもWi-Fiもすべてクラウド管理へ

今必要とされているのは、
“SD-WAN+α”のソリューションだ。

Citrix SD-WANシトリックスといえば「UX重視」
その哲学はSD-WANにも!

情シスも現場も幸せになれる
「SD-WAN」がここにある。

ソフトバンク目的・用途別にSD-WAN使い分け!
ソフトバンクが“3つめ”を出す理由

IaaS利用に最適な新SD-WANで
企業のクラウドシフトをサポート!

ブロードメディア・テクノロジーズAryakaの“SD-WAN as a Service”
なら全部お任せできる!

AryakaのSD-WANはコアからラストマイルまで一括で運用を任せられる

東京エレクトロンデバイスクラウド基盤にお勧めのWAF
高い検知性能でコスト削減

WAF市場のリーダー、F5製品は多角的分析による検知精度の高さが特徴だ

一般社団法人新規事業・新規市場創出研究会国内唯一の5G/6G調査研究会!

「5Gでの日本の遅れを取り戻したい」。5G、6G、MaaSをテーマにした調査研究会が4月に運営開始する。

sXGPsXGPはローカル5G導入の第一歩

まもなく帯域が拡張されるLTEベースの自営無線「sXGP」は、ローカル5G導入のファーストステップとなる!

マクニカネットワークスHACCP対策の切り札となるIoT
LoRaWANで冷蔵庫内もデータ取得

食品業界に義務付けられるHACCP。IoTで手間と人為的ミスを削減できる

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます