企業ネットワーク最前線

ドローンの“目視外飛行”で広がる産業利用――映像対応の新周波数帯が今秋から

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2016.10.04

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

日本UAS産業振興協議会(JUDA)
副理事長 千田泰弘氏

ドローン通信用に新たに設定された5.7/2.4GHz帯の利用が秋にも始まる。長距離映像伝送による「目視外飛行」が可能になれば、産業分野でのドローンの活用シーンも大きく広がることになる。

 

昨年12月の改正航空法の施行でインフラ点検や物流など、産業分野でドローン(小型無人機)を活用しようとする動きに弾みがついてきた。これをさらに加速させることになりそうなのが、秋にも利用が始まるドローン通信用周波数帯の新設である。

5kmの映像伝送を可能にドローンでは、遠隔制御やデータ・画像の伝送などにさまざまな無線システムが用いられているが、最近では、通信手段に無線LANを用いて通信制御と映像伝送を同時に行う製品が多くなっている。

とはいえ、現行の無線LANでは、地上と飛行中のドローンが通信できる距離が数百m、高性能な機種でも1~2km程度にとどまるため、産業用では、使い勝手が悪かった。

新たに設定されるドローン用周波数帯では、無線LANの200mW(10mW/MHz)の5倍、1Wの出力(空中線電力)で運用できるようになり、5kmの長距離映像伝送が可能になる。

今回ドローン用周波数帯として新たに設けられるのは、5.7GHz帯(105MHz幅)と2.4GHz帯(13.5MHz幅)の2つ(図表1、2)。

 


図表1 ドローン通信用に新たに設定される周波数帯(5.7GHz帯)
図表1 ドローン通信用に新たに設定される周波数帯(5.7GHz帯)

 

図表2 ドローン通信用に新たに設定される周波数帯(2.4GHz帯)
図表2 ドローン通信用に新たに設定される周波数帯(2.4GHz帯)

 

 

これらのドローン用周波数帯は無線LANなどと帯域を共用することになるが、特に混雑が激しい2.4GHz帯では、対応機器が減っている無線LANの日本独自周波数帯にドローン用周波数帯を設定することで、安定した通信を可能にする。

5.7/2.4GHz帯で主力として使われることが想定されているのが、無線LANをベースに開発される新たな無線システムだ。このシステムはHD画質の映像素材の伝送にも対応できる54Mbp(s20MHz幅運用時)での通信が可能。10MHz幅、5MHz幅でも使えるため、帯域が13.5MHz幅しかない2.4GHz帯にも導入できる。

このほか、海外で多用されているアナログ方式の制御・映像伝送システムなどでの利用も見込まれている。

また5.7/2.4GHz帯の設定に合わせて、バックアップとして169MHz帯にも低速データ通信・遠隔制御に使えるドローン用帯域が設けられ、同じく出力1Wで利用できるようになる。

注意すべきなのが、これらの帯域を利用するには3級陸上特殊無線技士以上の資格者を配置し、無線局免許を取得する必要がある点。基本的には業務で使われる周波数帯なのだ。

総務省は、8月に関連省令の改正を行い、9月から無線局免許の申請受付を開始する考え。出力の増大に伴いドローン間や他の無線システムとの干渉が生じる可能性が増すため、7月に設立されたドローン活用の推進組織、日本無人機運行管理コンソーシアム(JUTM)が調整を行うことになっている。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nttcom1906sp
saxa1906
NTTコムウェア1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】キャリアネットワークの
   メガトレンド
●5Gを4つのキーワードで解説 ●通信インフラは「共有」する  ●基地局は持ち運ぶ時代へ ●ネットワーク機器の機能分離が加速 ●ゲームチェンジの引き金を引くO-RAN ●5G網はSRv6で一筆書き

●[インタビュー] クアルコムジャパン 須永順子社長「5Gの1年前倒しに大きな意義。ローカル5Gを工場へ積極提案」 ●スマホ内線化で働き方を変える ●埼玉県飯能市が“IoT罠”で獣害対策 ●ネットワン「サブスク拡大」の理由 ●IoTを導入しない企業は5年以内に脱落? ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

アクセスランキング

tc1904
kaden
softbankworld2019

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます