企業ネットワーク最前線

バズワードとはもう言わせない!「IoTプロジェクト」が動き始めた

文◎唐島明子(編集部) 2016.04.06

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

2016年に入り、多くの企業でIoTプロジェクトが進行中だ。企業はどのようにIoTを活用しているのか。導入手段の1つであるIoTプラットフォームと、それを利用した事例を中心に動向を見ていこう。

リアルタイムで稼働監視このようにIoTシステムの開発ハードルは低くなっているが、ユーザー企業の悩みが消えたわけではない。

IoTビジネスの関係者は次のように口を揃える。「IoTでは素晴らしいビジネスが実現できそうだが、何を実現すればいいかが分からないことが一番の課題」

そのヒントとなるのは、やはり事例だ。IoTで効果を出しているケースがいくつも出てきている。

まず国内の事例を紹介していこう。帯広にある十勝バスは、SORACOM AirのIoT向けのデータ通信SIM「Air SIM」とスマホ用の運行アプリを連携させたサービスを提供している。全てのバスにAir SIMを取り付けてバスの位置情報をリアルタイムでクラウドに上げ、その情報に基づいた運行情報をアプリに配信する。

バスの時刻表はあるが、交通状況によってはバスが時刻通りに停留所に到着できないときもある。実際の運行状況を知ることができるこのサービスにより、時刻表通りに来なかったバスをバス停で待っている乗客はやきもきすることがなくなるなど、利便性が向上したという。

福島県会津地方の除雪車もAir SIMを搭載している。除雪車の位置情報を取得することで、稼働状況を把握・記録している。

除雪車を動かすにはコストがかかるが、暖冬であればそれを抑えられるはずだ。しかし、なぜか暖冬でも予算が例年通り使われているような場合がある。そういった時に稼働状況を見返せば、実績をもとに妥当かどうかを判断することが可能だ。

あるいは、住民から家の前が除雪されていないとクレームが寄せられても、稼働実績をもとに、「4時間前に除雪車が走っているので雪が多いだけです」などといった対応もできる。

また、ゼネテックのSurve-iは、ビルのエネルギー管理(BEMS)用途で、BEMSのコンサルティング会社に利用されている。クライアントが入居するビルに設置された電力計測装置からデータを収集し、電力の消費状況を可視化・分析したり、それが一定の閾値を超えたら即座にメールなどでアラートを飛ばしたりする。

可視化によりコンサルティングの効果を定量的に示せるようになったことに加え、アラート機能などを活用し、その時々のリアルタイムな電力消費状況に応じて、消費電力量の調整ができるようになった。

スペシャルトピックスPR

cloudian1907
nec1907
intel1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます