企業ネットワーク最前線

M2M/IoTカンファレンス 2015 講演レポート

「IoTのハードルは決して高くない」――日本IBM土屋氏がビジネス活用の良策を指南

文◎大谷聖治(ライター) 2015.11.12

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

10月8日に開催された「M2M/IoTカンファレンス」(主催:リックテレコム)で、日本IBM アナリティクス事業部 テクニカル・リードの土屋敦氏は「IoTからいかにしてビジネス価値を生み出すか?」と題して講演。「いまはIoTをすぐにビジネスに取り込める環境が整っている」と語り、その具体的な手段として自社のクラウドサービス「Bluemix」の特徴および多様な活用事例を紹介した。

データ収集がIoTの目的ではないネットにつながるデバイスの爆発的な増加によって、IoTへの注目と期待もますます高まっている。しかし、具体的にビジネスにどう生かしていくかが悩ましい課題でもある。

日本アイ・ビー・エム アナリティクス事業部 テクニカル・リード 土屋 敦 氏
日本アイ・ビー・エム アナリティクス事業部 テクニカル・リード 土屋 敦氏


土屋氏は、IoTに取り組む際の基本的な注意点として、「目的と手段を混同してはいけない」と説いた。すなわち、IoTの目的はデータの収集ではなく、集めたデータを価値ある情報に変換して有効活用することであり、ここを履き違えると、データを集めても“何をするのか”“どういうサービスに生かすのか”で足踏みしてしまう恐れがあるということ。さらに、「収集したデータから価値を得るためには『データの収集→処理・分析→アクション』という流れを循環させることが重要」と強調した。(図表1

 

図表1 「データの収集→処理・分析→アクション」の循環でIoTの価値を高められる
図表1 「データの収集→処理・分析→アクション」の循環でIoTの価値を高められる

 

「IBM Bluemix」でアイデアを容易に実践IoTに取り組むのははたして容易なのか――。「ハードルは決して高くない」と述べた土屋氏は、コストをかけることなくアイデアをすぐにトライアルへと移すことができる仕組みとして、IBMが提供するクラウドベースのアプリ開発・実行プラットフォームサービス「IBM Bluemix」と、これに包含されるIoT向けのアプリ開発ツール「IBM IoT Foundation」について解説した。(図表2

 


図表2 IoTへの容易な取り組みを実現する「IBM Bluemix」と「IBM IoT Foundation」
図表2 IoTへの容易な取り組みを実現する「IBM Bluemix」と「IBM IoT Foundation」


これらは「一般のビジネス部門に所属する人でもアプリを作れるようにするのが狙い」という。実際、「Node-RED」というフロー形式のエディタツールを用いて、あらかじめ用意されている機能モジュールのアイコンから必要なものをドラッグ&ドロップして結んでいくだけでアプリを開発できる。プログラミングは一切不要だ。(図表3


図表3 「Node-RED」を使えばプログラミングなしにIoTアプリを開発できる
図表3 「Node-RED」を使えばプログラミングなしにIoTアプリを開発できる

 

センサーデバイスは一般の市販品でも対応可能。デバイス側からクラウドへのデータ送信も、Bluemixで提供されている「レシピ」と呼ぶサンプルプログラムを使って簡単に実現できる。収集したデータはAPIを介して可視化や分析が行える。(図表4


図表4 「IBM Bluemix」を使ったIoTアプリ利用のフロー
図表4 「IBM Bluemix」を使ったIoTアプリ利用のフロー

 

また、クラウド上で開発したアプリは社内の専有サーバに移行することもでき、パブリック/プライベートのハイブリット環境で運用も可能だという。

土屋氏は、Bluemixがいかに簡単に利用できるかを示すべく、自身のiPhoneを使って壇上でデモを実施。iPhoneのセンサー機能(振動検知)が感知したデータをクラウド上にリアルタイムに収集・グラフ化する様子を聴講者に見せ、「これを工場の製造ラインに当てはめれば、振動センサーからの検知データにより異常を通知する仕組みを簡単に構築できる。さらに、機械の故障を予測して資産管理システムにメンテナンス指示を出すといったシステムも実現されている」と付け加えた。(図表5


図表5 土屋氏がiPhoneを使って行ったデモの概要
図表5 土屋氏がiPhoneを使って行ったデモの概要

スペシャルトピックスPR

necaspire
moconavi1807
sun1807

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの大冒険! 海、山、体内へ
<海のIoT>ワイヤレスIoTで漁業は成長産業に/光無線で水中高速通信/オールジャパンで船舶IoT <山のIoT>LPWAがキラー技術に <体内のIoT>インプラント型無線センサーで生体IoTに新時代到来

◆[インタビュー] NTT西日本 小林充佳社長「地域に“変化”起こす先駆者へ」 ◆働き方改革とWeb会議 ◆過疎地の固定電話は「無線」で ◆NTTドコモのデータ分析の歴史 ほか 

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます