企業ネットワーク最前線

IoTでため池の水位を遠隔監視――新ビジネス創出を目指す協和エクシオ

文◎小林秀雄(ITジャーナリスト) 2015.10.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

協和エクシオは、メンテナンスが容易なため池の水位監視システムを開発した。同社は、従来からのICTのインフラ工事やソリューション事業に加え、次代の経営を支えるIoTビジネスに力を入れる。

将来の水位予測も可能ため池の水位を監視するシステムの提供に乗り出しているのは協和エクシオだけではなく、他社も参入している。そのなかで、クラウド・セキュリティソリューション推進部門課長代理の榊原知洋氏は、同社のシステムの差別化ポイントとして「水位の簡易的な予測ができること、そして漏水がわかること」の2点をあげる。

1点目の、水位の予測の基となっているのは農水省が作成しているため池の設計基準の数字と、その数字に同社が手を加えて作成した数式だ。その数式と実データを重ね合わせて補正する仕組みとなっている。データを蓄積すればするほど、水位の予測精度は高まる。

将来の水位が予測できれば、前もって水門を開けておくなど、決壊を防ぐ対策をタイムリーに講じることが可能となる。大雨が降るなか、水位を確認するために、ため池に足を運ぶことは危険を伴う。遠隔で現在の水位確認や将来の水位予測ができれば、ため池に足を運ぶことは不要となる。

ため池に漏水が起きているかどうかがわかることも農家にとって重要ななことだ。漏水を放置しておくと決壊をもたらす危険性が高まる。一般的に漏水の発見・確認はボーリング調査によって行われているが、ため池遠隔水位監視システムに雨量計をセットしておけば、農家はボーリング調査を行うことなく日々のシステム運用の中で漏水を検知することができる。

IoTビジネスで成長を牽引山口県の実証実験では、太陽光発電を導入した。山口県のため池のうち、電源が近くにあるのは3割。残りの7割は電源が近くに存在しないという。そこで、ため池の周囲に太陽光パネルを設置し、太陽光発電による運用の検証に取り組んでいる。

ため池の堤に異常がないか確認するために、農家はため池周辺の草を刈っているが、太陽光パネルを敷設するとパネルの下に草が茂らなくなる。太陽光発電はその草刈りの作業を減らすという副次的な効果ももたらす。

実証実験の目的は、農家の声をシステムの機能や操作性の改善に活かすことだ。農家からは、「雨が降る都度、水位を確認するためにため池に行かなくて済むようになり、とても助かっている」との声が届いている。自宅にいながらため池の水位を把握できるシステムは好評だ。また、漏水を検知する道具としても有効と感じているという。

協和エクシオは、実証実験を通じてシステムの機能・利便性に関する検証を重ねつつ、自治体や農家にため池遠隔水位監視システムを紹介する営業活動を進めている。「農家の反応はどうか」という問いに松浦氏は「とてもウェルカム。ため池の水位を安価に監視できることが評価されている」と話す。

ため池遠隔水位監視システムは同社にとって次代の成長を牽引するIoTビジネスの1つである。これまで同社を成長させてきた主力事業は通信工事だ。通信工事は受注して施工すれば終了する。

それに対し、ため池遠隔水位監視システムはクラウドサービスとして提供するものであり、継続的に利用料収入を得ることが可能なビジネスモデルとなる。ため池遠隔水位監視システムは、新しい事業を生み出すインキュベーション機能を担う、ソリューション推進本部が手塩にかけて育てている新事業だ。「ため池遠隔水位監視システムはいま孵化しつつある段階。成功させて花を咲かせたい」と松浦氏は意欲を示す。

ため池の水位を監視するために構築したM2Mプラットフォームは、様々な用途に適用することが可能だ。「センサーを取り替えれば社会インフラの構造物の監視など、いろいろなシーンに使える」(松浦氏)と、センサーメーカーとの協業強化を進め、農業や入退室管理など様々な領域でIoT事業を推進していく。

スペシャルトピックスPR

yamaha1811
ribbon1809
sas1808

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】LPWA、再加速
●Sigfox&LoRaの現在地/●注目の新興LPWA「Zeta」「ELTRES」の勝機/●アナリストが見通すLPWAの今とこれから/●セルラーLPWAが本格開始!ドコモ、KDDI、ソフトバンクのIoT無線戦略

●東大 江﨑浩教授インタビュー「デジタルとリアルの逆転経済へ」/●対応急がれるISDN&PHSマイグレーション/●ワイヤレスファースト!クラウド型から始まるネットワーク変革/●A10のCEOが語る「5G網の防衛術」/●産業制御システムの守り方とは?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます