企業ネットワーク最前線

ワークスタイル変革Day 2014 レポート

シスコ石原氏「ワークスタイルに合わせてITを活用し、社員の潜在能力を引き出せ」

文◎百瀬崇(ライター) 2014.09.26

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

コラボレーション関連の新製品・新サービスを今春から今夏にかけて相次いで発表したシスコシステムズ。ネットワークによって様々な人々とクラウド、モノをつなぐことで、「イノベーション=新結合」を引き起こし、新しい価値や新しいビジネスモデルを生み出すための基盤を提供できるという。

3分以内に全拠点とつながるビデオ会議システム

続いて石原氏は、今年6月に発表した新サービス「Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)」を使ったデモを行った。CMRは、ビデオ会議用の仮想ミーティングルームをクラウドサービスとして提供するもの。Web会議「Cisco WebEx」やビデオ会議システム、デスクトップビデオフォン、「Microsoft Lync」などを相互につなぐことができる。


Collaboration Meeting Roomsの活用イメージ
Collaboration Meeting Rooms(CMR)の活用イメージ


「今までビデオ会議というと、企業内で東京と大阪の拠点をつなぐといったことが中心だった。しかし、CMRを使えば企業内だけでなく、グローバルで、顧客のビデオ会議室などとコミュニケーションを取ることも可能だ。大きな経営会議室からモバイル端末まで、一貫したユーザー体験を提供できる」と石原氏は強調した。

また、シスコは今年5月にビデオ会議端末のラインナップを一新した。これまでのビデオ会議システムは可動式で、会議室に運んでLANケーブルを挿し、リモコンで操作するというものが一般的。だが、うまく操作できる人が少ないため、ビデオ会議システムの利用率はなかなか上がらなかった。

「これからはどの会議室にもプロジェクターやモニターがあるように、ビデオ会議システムも設置されるようになる。それを下支えするのがシスコのビデオ会議システムだ。20万円以下からフルHD環境のビデオ会議室が構築できるようになる。これにより、役員の方が会議室に入ったら、3分以内にどこの拠点にもつながるようになる」

 

すべてのビジネスパーソンがスマホを業務活用するために

石原氏は、次にスマートフォンについて言及した。ビジネスパーソンの多くはスマートフォンを業務で活用したいと考えているが、セキュリティ面が問題視され、役員や営業担当者にスマートフォンが支給されるだけで、そのほかの部署ではスマートフォンを使えないという企業も多い。

シスコは現在、すべてのビジネスパーソンにスマートフォンを業務で活用してもらうため、スマートフォンシンクライアントの環境を顧客に勧めている。会社支給のスマートフォンだけでなく、BYODでも利用できるものであり、スマートフォンに情報を残さずにメールやスケジュールのチェック、社内スタッフの検索、チャット、内線・外線電話、名刺検索、Web会議などがどこにいても行える。実際にスマートフォンを利用したデモも行われた。


シスコソリューションによるセキュアなスマートフォン活用
シスコソリューションによるセキュアなスマートフォン活用


また、石原氏によると、スマートフォンで内線電話をかける方法は3通りある。VoIPアプリタイプとコールバック転送タイプ、キャリアFMCタイプの3つである。「どれか1つのタイプに統一するのではなく、この3つを状況によって使い分けることが肝心。シスコのシステムならばそれを柔軟に実現できる」


スマホの内線化の3つのパターン
スマホの内線化の3つのパターン

 

「簡単」「柔軟」「セキュア」「拡張性」がポイント

講演中に紹介したソリューションのまとめとして石原氏は、(1)ワンタッチで簡単に使えること、(2)様々な既存のIT環境と柔軟に連携すること、(3)セキュリティを確保してBYODにも対応すること、(4)スモールスタートで始められ、将来的にはグローバル環境でも利用できる拡張性を備えていることの4つを重要なポイントとして挙げた。

また、部署や部門によってワークスタイルは様々だが、それぞれのワークスタイルに合わせてスタッフの潜在能力を引き出せる人事制度、コミュニケーションスタイル、オフィスレイアウトなどを検討し、ビジネスを発展させることが大切である。

「シスコはそのお手伝いをするための実績とノウハウを持っている会社だと自負している」と石原氏は強くアピールした。

 

スペシャルトピックスPR

extreme1906
nttcom1906sp
saxa1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】キャリアネットワークの
   メガトレンド
●5Gを4つのキーワードで解説 ●通信インフラは「共有」する  ●基地局は持ち運ぶ時代へ ●ネットワーク機器の機能分離が加速 ●ゲームチェンジの引き金を引くO-RAN ●5G網はSRv6で一筆書き

●[インタビュー] クアルコムジャパン 須永順子社長「5Gの1年前倒しに大きな意義。ローカル5Gを工場へ積極提案」 ●スマホ内線化で働き方を変える ●埼玉県飯能市が“IoT罠”で獣害対策 ●ネットワン「サブスク拡大」の理由 ●IoTを導入しない企業は5年以内に脱落? ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

アクセスランキング

tc1904
kaden
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます