新製品&新サービス

OpenFlowで「Lync最適化」と「セキュリティ対策」――日本HPが2つのSDNアプリケーションを提供開始

文◎太田智晴(編集部) 2014.05.27

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

日本ヒューレット・パッカード
エンタープライズグループ事業統括
HPネットワーク事業統括本部
事業統括本部長 山口太氏

日本ヒューレット・パッカード(日本HP)がOpenFlow対応のデータセンターコア向けスイッチや無線LANアクセスポイントなど、複数のSDN関連製品を発表した。SDNを活用してLyncのトラフィックを最適化したり、エッジスイッチで不正な通信をブロックできるSDNアプリケーションも投入する。

OpenFlowでLyncのトラフィックを動的に優先制御

SDNに対しては、「ユースケースがまだはっきりしない」という指摘もよく耳にするが、SDNを活用した2つのアプリケーションも発表された。

1つは、「HP Network Optimizer SDN Application for Microsoft Lync」だ。マイクロソフトのユニファイドコミュニケーション(UC)基盤「Microsoft Lync」とHPのSDNコントローラー「HP VAN SDNコントローラー」を連携させるためのソフトウェアである。


HP Network Optimizer SDN Application for Microsoft Lyncの概要
HP Network Optimizer SDN Application for Microsoft Lyncの概要


Lyncでは、ビデオ通話やデスクトップ共有なども利用したリアルタイムコラボレーションが行えるが、その品質を担保するにはネットワーク側でそのトラフィックを優先制御する必要がある。HP Network Optimizerでは、OpenFlowを利用することで、複雑な設定を行う必要なくLyncのトラフィックを動的に最適化できるという。

その具体的な仕組みだが、Lyncユーザー間でコミュニケーションが始まると、Lync SDN APIからHP Network Optimizerを介して、HP VAN SDN Controllerにその情報が伝達。HP VAN SDN Controllerは、ネットワークのエッジ部分にあるOpenFlow対応スイッチに対して、QoSのDSCP値(優先制御のクラス)の変更を指示する。


HP Network Optimizer SDN Application for Microsoft Lyncのシステムイメージ
HP Network Optimizer SDN Application for Microsoft Lyncのシステムイメージ


ポイントは、コアスイッチをOpenFlow対応にする必要はなく、エッジスイッチのみをOpenFlowに対応させればいい点だ。「ホップ・バイ・ホップ方式はすべてをOpenFlow対応の機器にする必要があったが、既存ネットワークの変更を最小限に抑えられる」と尾崎氏はそのメリットを解説した。

エッジ側でのセキュリティ対策にOpenFlowを活用

もう1つの「HP Network Protector SDN Application」は、セキュリティを目的にしたSDNアプリケーションで、こちらもエッジスイッチのみのOpenFlow化で導入できる。

「セキュリティというと、WANやインターネットに近いところで、ファイヤウォールやIPSで守るというのがセオリーだが、コア側だけではなく、エッジ側でも守ることができないか。HP Network Protectorでは、マルウェアやボットネットに汚染されたデバイスがネットワークに接続し、悪質なサイトに接続しようとするとイジェクトできる」(尾崎氏)


HP Network Protector SDN Applicationのシステムイメージ
HP Network Protector SDN Applicationのシステムイメージ


HPはIPS製品「TippingPoint」を提供しているが、そのレピュテーションデータベースを活用し、悪質なサイトへの接続を監視。不正な通信について、エッジスイッチのところでストップできる。このため不正なトラフィックでキャンパスネットワークの帯域が埋め尽くされるのを防止したり、コアを経由しない不正な通信を検知・ブロックすることが可能だ。BYODや大学のキャンパスなど、管理されていない様々なデバイスが接続する環境に特に有効で、すでにオーストラリアの教育機関に採用されているそうだ。

価格はHP Network Optimizer SDN Application for Microsoft Lyncが50万円~、HP Network Protector SDN Applicationが25万円~となっている。

 

スペシャルトピックスPR

juniper2003
citrix2003
softbank2003

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】6Gへ Beyond 5Gへの挑戦
<Part1>6Gは究極の無線通信 <Part2>総務省の6G推進戦略 <Part3>韓国の6G商用化は2028年 <Part4>100ギガ無線へのトビラを開くテラヘルツを人類の手に <Part5>6Gの重要コンセプト「超カバレッジ拡張」 <Part6>6Gへつながる進化の道筋「5G evolution」の全貌 

[インタビュー]東京大学 教授 中尾彰宏氏「ローカル5Gに価格破壊 王道と違う6Gへの道を探求」 [ソリューション特集]スモールビジネスWi-Fi [事例研究]ミクシィがホワイトボックス導入 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

moconaviBYODもセキュリティもこれひとつ
本当に明日からできるテレワーク

業務システムのリモート利用や公私分計をセキュアに実現するmoconavi

アライドテレシススモールビジネスのWi-Fi整備は
プロにおまかせ!

アライドテレシスなら安く・早く・楽に・安全に導入・運用してくれる

ソネットSMBに“ちょうどいい”Wi-Fi

高コストはかけたくないが、家庭用では性能が足りない。そんなジレンマを解決できるWi-Fiがあった!

ジュニパーネットワークス“ただのSD-WAN”はもう要らない!
LANもWi-Fiもすべてクラウド管理へ

今必要とされているのは、
“SD-WAN+α”のソリューションだ。

Citrix SD-WANシトリックスといえば「UX重視」
その哲学はSD-WANにも!

情シスも現場も幸せになれる
「SD-WAN」がここにある。

ソフトバンク目的・用途別にSD-WAN使い分け!
ソフトバンクが“3つめ”を出す理由

IaaS利用に最適な新SD-WANで
企業のクラウドシフトをサポート!

ブロードメディア・テクノロジーズAryakaの“SD-WAN as a Service”
なら全部お任せできる!

AryakaのSD-WANはコアからラストマイルまで一括で運用を任せられる

東京エレクトロンデバイスクラウド基盤にお勧めのWAF
高い検知性能でコスト削減

WAF市場のリーダー、F5製品は多角的分析による検知精度の高さが特徴だ

一般社団法人新規事業・新規市場創出研究会国内唯一の5G/6G調査研究会!

「5Gでの日本の遅れを取り戻したい」。5G、6G、MaaSをテーマにした調査研究会が4月に運営開始する。

sXGPsXGPはローカル5G導入の第一歩

まもなく帯域が拡張されるLTEベースの自営無線「sXGP」は、ローカル5G導入のファーストステップとなる!

マクニカネットワークスHACCP対策の切り札となるIoT
LoRaWANで冷蔵庫内もデータ取得

食品業界に義務付けられるHACCP。IoTで手間と人為的ミスを削減できる

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

NECプラットフォームズ教育用ネットワークをトータル提案
IPv6活用でコスト削減・高速化

快適な校内無線LANには、VPNなど校外NWの整備も必要だ!

アット東京AWSやGCPなどメガクラウドに
直結する新時代のデータセンター

アット東京のデータセンターは“つなぐ”価値に磨きをかける!

ヤマハ仮想NWを始めるならヤマハで!

ヤマハの仮想ルーター「vRX」なら、これまでのノウハウをクラウドでも活かせる。

日本ソルテック学校ネットワークを簡単・安価に

日本ソルテックのクラウド管理型無線LANは、専門学校、介護施設を中心に豊富な導入実績!

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます