新製品&新サービス

OpenFlowで「Lync最適化」と「セキュリティ対策」――日本HPが2つのSDNアプリケーションを提供開始

文◎太田智晴(編集部) 2014.05.27

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

日本ヒューレット・パッカード
エンタープライズグループ事業統括
HPネットワーク事業統括本部
事業統括本部長 山口太氏

日本ヒューレット・パッカード(日本HP)がOpenFlow対応のデータセンターコア向けスイッチや無線LANアクセスポイントなど、複数のSDN関連製品を発表した。SDNを活用してLyncのトラフィックを最適化したり、エッジスイッチで不正な通信をブロックできるSDNアプリケーションも投入する。

OpenFlowでLyncのトラフィックを動的に優先制御

SDNに対しては、「ユースケースがまだはっきりしない」という指摘もよく耳にするが、SDNを活用した2つのアプリケーションも発表された。

1つは、「HP Network Optimizer SDN Application for Microsoft Lync」だ。マイクロソフトのユニファイドコミュニケーション(UC)基盤「Microsoft Lync」とHPのSDNコントローラー「HP VAN SDNコントローラー」を連携させるためのソフトウェアである。


HP Network Optimizer SDN Application for Microsoft Lyncの概要
HP Network Optimizer SDN Application for Microsoft Lyncの概要


Lyncでは、ビデオ通話やデスクトップ共有なども利用したリアルタイムコラボレーションが行えるが、その品質を担保するにはネットワーク側でそのトラフィックを優先制御する必要がある。HP Network Optimizerでは、OpenFlowを利用することで、複雑な設定を行う必要なくLyncのトラフィックを動的に最適化できるという。

その具体的な仕組みだが、Lyncユーザー間でコミュニケーションが始まると、Lync SDN APIからHP Network Optimizerを介して、HP VAN SDN Controllerにその情報が伝達。HP VAN SDN Controllerは、ネットワークのエッジ部分にあるOpenFlow対応スイッチに対して、QoSのDSCP値(優先制御のクラス)の変更を指示する。


HP Network Optimizer SDN Application for Microsoft Lyncのシステムイメージ
HP Network Optimizer SDN Application for Microsoft Lyncのシステムイメージ


ポイントは、コアスイッチをOpenFlow対応にする必要はなく、エッジスイッチのみをOpenFlowに対応させればいい点だ。「ホップ・バイ・ホップ方式はすべてをOpenFlow対応の機器にする必要があったが、既存ネットワークの変更を最小限に抑えられる」と尾崎氏はそのメリットを解説した。

エッジ側でのセキュリティ対策にOpenFlowを活用

もう1つの「HP Network Protector SDN Application」は、セキュリティを目的にしたSDNアプリケーションで、こちらもエッジスイッチのみのOpenFlow化で導入できる。

「セキュリティというと、WANやインターネットに近いところで、ファイヤウォールやIPSで守るというのがセオリーだが、コア側だけではなく、エッジ側でも守ることができないか。HP Network Protectorでは、マルウェアやボットネットに汚染されたデバイスがネットワークに接続し、悪質なサイトに接続しようとするとイジェクトできる」(尾崎氏)


HP Network Protector SDN Applicationのシステムイメージ
HP Network Protector SDN Applicationのシステムイメージ


HPはIPS製品「TippingPoint」を提供しているが、そのレピュテーションデータベースを活用し、悪質なサイトへの接続を監視。不正な通信について、エッジスイッチのところでストップできる。このため不正なトラフィックでキャンパスネットワークの帯域が埋め尽くされるのを防止したり、コアを経由しない不正な通信を検知・ブロックすることが可能だ。BYODや大学のキャンパスなど、管理されていない様々なデバイスが接続する環境に特に有効で、すでにオーストラリアの教育機関に採用されているそうだ。

価格はHP Network Optimizer SDN Application for Microsoft Lyncが50万円~、HP Network Protector SDN Applicationが25万円~となっている。

 

スペシャルトピックスPR

scsk1805
jpsecure1805
limelight1805

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】NETWORK SHIFT
         DX時代の新しいネットワーク戦略とは?
●ネットワーク仮想化最前線/●AI時代のネットワーク運用/●AWSに学ぶネットワーク構築/●SD-WANの現在地/●キャリア・OTTで進むネットワークのオープン化/●ISDN&PHSの移行戦略

◆[インタビュー] OKI 坪井正志常務「社会インフラ×IoTに確信」 ◆大量接続と低遅延を両立の「次期5G NR」 ◆NTT、B2B2Xの世界展開へ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

アクセスランキング

tc1807_a
56
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます