ICT×未来

中国発の3.9G「TD-LTE」の威力(前編)――次世代PHS、WiMAXの代替規格として急浮上

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2010.07.05

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

昨年10月にスイス・ジュネーブで開催された
ITU Telecom World 2009では、中国移動は
モトローラと共同でTD-LTEの試験設備を構築、
車両による走行デモを実施した

中国が推進する3.9G規格「TD-LTE」への注目が世界的に高まっている。ソフトバンクが導入を検討するほか、海外でもWiMAXの代わりに採用する動きが加速中だ。TD-LTEの全貌に迫る。

ポストWiMAXの可能性も

では、TD-LTEとLTEの違いはどこにあるのだろうか。

TD-LTEの特徴としてまず挙げられるのは、TD-SCDMAとフレーム構成などが揃えられていることだ。TD-SCDMAは、中国移動が08年から展開しているTDD方式の3G携帯電話システム。これにより近接する周波数でTD-LTEとTD-SCDMAを運用しても干渉の影響が回避でき、基地局の共用化も容易となる。TD-LTEは、中国の市場環境を念頭においてデザインされたシステムなのである。

もう1つの大きな特徴は、WiMAXなどで訴求されているTDDの利点がTD-LTEでも継承されていることだ。具体的には以下の3つが挙げられる。

(1)ペアバンドを必要としないため、FDDに比べ運用周波数の確保が比較的容易である

(2)タイムスロットの非対称割り当てが可能であり、ダウンロードトラフィックの多いデータ通信では、下りに多くのタイムスロットを割り当てることで帯域の有効利用が図れる

(3)上り下りに同一の周波数を使うため、スマートアンテナが容易に導入できる。時間ごとに特定の端末に指向性を向ける「ビームフォーミング」をMIMOと切り替えて利用することで、通信状況の改善や容量の拡大が実現できる

特にWiMAX陣営がモバイルブロードバンドでのTDDの優位性として強調してきたのは(2)と(3)である。

TD-LTEは、WiMAXの開発などでこうした技術ノウハウをすでに持つベンダーにも大きなビジネスチャンスをもたらしている。例えば、WiMAXインフラ市場トップのモトローラは昨年春、TD-LTEの開発協力について中国政府と合意。5月1日に開幕した上海国際博覧会(上海万博)会場で中国移動が実施している大規模トライアルに屋内基地局や端末を提供するなど、欧米のベンダーの中でも特に活発な動きを見せている。

モトローラのインフラ部門でアジア太平洋地区の責任者を務めるモハメッド・アクター氏は「当社はOFDM技術にいち早く取り組み、07年にはWiMAX基地局の提供を開始。その後、モバイルWiMAX、FDDのLTEと3世代にわたって技術を蓄積してきた。これらの技術資産の67割はTD-LTEにそのまま生かすことができ、迅速な展開が可能になると中国政府の担当者に昨春説明させていただいたが、これが今回の万博のデモンストレーションにつながった」と話す。

 

世界初となるモトローラのTD-LTE対応USBドングル
世界初となるモトローラのTD-LTE対応USBドングル


さらに重要なポイントとなるのが、WiMAXなどで培われたこれらの技術要素と、その後策定されたLTEの技術要素が融合することで、より高性能なモバイルブロードバンドシステムが実現できる可能性があることだ。

一例が高速移動時の通信のサポートである。現行のモバイルWiMAXでは時速120kmでの通信をサポートしているが、LTEでは時速350kmに対応できる。伝送遅延(RTT)もLTEのほうが格段に小さいのでVoIP対応が可能だ。帯域幅も倍の20MHz幅まで対応でき、最大通信速度を大幅に向上できる。

実はこれらのスペックは2012年に商用化が見込まれる次世代WiMAX(IEEE802.16m)で実現が想定されているものだ。TD-LTEはこれらを前倒しで実用化する技術なのである。関係者の間では、数に勝るTD-LTEが、遠からずWiMAXを吸収するという見方が強くなっている。

 

[後編]世界の商用化動向とソフトバンクの狙い

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

softbank2202
prismasase2202
uniadex2202

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】6Gと未来

<Part1> 6G最新動向 <Part2> 6Gと知財・標準化
<Part3> 6Gとエネルギー問題 <Part4> 通信事業者のメタバース
<Part5> 6G時代のサイバー攻撃


インタビュー国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT) 未来ICT研究所長 和田尚也氏「量子ICTやバイオICTなど従来と全く違う発想で未来拓く」 【ソリューション特集】ミリ波の弱点を克服/5G時代を支える光ソリューション ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズ近づくISDN終了 ワンストップの移行サービスが登場

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

IoT用のSIMはきめ細かに管理する!
閉域網、帯域確保で安定・安全通信

スマホでおなじみの「mineo」が、IoTでも利用を拡大している。

NEEDLEWORK(ニードルワーク)ネットワークテストの負担から
SIerを解放する自動化製品!

200時間の作業が数10秒の例も!
テストの品質向上にもお勧めだ。

フォーティネット5G特有の脅威に備え、セキュアで柔軟なローカル5G・プライベート5G

ローカル5G・プライベート5Gではセキュリティリスクへの対処も必要だ。

Alkira4か月かかるクラウド接続を1日で!

DX時代に欠かせないマルチクラウドネットワークの一元管理が、Alkiraなら内製でも容易に実現可能

IoT Connect Mobile Type S柔軟なIoT回線で閉域にも大容量にも
IoTの「分からない」を一緒に解決

ユーザーの要望に合わせて柔軟にプランを選択できる!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。