導入・選定ガイド

OpenFlow導入ガイド[後編]――対応ベンダー急拡大で気になる製品選びのポイント

文◎楽天理(フリーライター) 2012.08.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

グーグルやNTTコミュニケーションズが商用環境で利用するなど、すでに“実導入”フェーズに入ったOpenFlow。後編では、徐々に選択肢が広がりつつあるOpenFlow対応製品の選び方のポイントを解説する。

最後に、OpenFlow対応のコントローラーおよびスイッチの主な製品を紹介する(会社名 50音順)。

OpenFlow対応コントローラー


<NTTデータ>

Hinemos仮想ネットワーク管理オプション
http://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2012/060501.html
特徴:Hinemos(ヒネモス)はオープンソースの統合運用管理ツール。Hinemosには様々なオプションが用意されており、その中の「Hinemos仮想ネットワーク管理オプション」(Hinemosクライアント・マネージャに仮想ネットワーク管理機能を追加するためのオプションでOpenFlowコントローラが含まれている)を導入すると、OpenFlowスイッチおよびサーバーで構成された物理ネットワークの構成をグラフィカルなマップで表示できる。同社では、データセンターネットワークに限らず、広域ネットワークにも対応可能な新たなOpenFlow対応コントローラー「バーチャルネットワークコントローラVer2.0」の開発にも着手しており、2012年内の販売開始を予定している。このバーチャルネットワークコントローラVer2.0では、ホップ・バイ・ホップ方式とオーバーレイ方式の両方に対応し、両方式の混在利用も可能だ。

<ニシラ・ネットワークス・ジャパン
Nicira Network Virtualization Platform(NVP)
http://www.nicira-event.net/
特徴:ネットワーク仮想化を実現するためのソリューション。コントローラーの「NVP コントローラクラスタ」や仮想スイッチ「Open vSwitch」など、必要なコンポーネットがパッケージ化されている。オーバーレイ方式を採用しており、従来型の既存ネットワーク上で利用できる。また、仮想スイッチは、VMware ESX、Linux/KVM、Xen Server、Microsoft HyperVなどの主要ハイパーバイザーをすべてサポートする。なお、ニシラは今年7月にVMwareに買収されることが発表された。

<NEC>
UNIVERGE PF6800
http://www.nec.co.jp/datanet/pflow/index.html
特徴:世界初のOpenFlow対応製品。ハードウェア一体型のコントローラーで、ホップ・バイ・ホップ方式を採用する。今年7月に行われた機能強化では、複数のデータセンターや拠点に設置した複数のコントローラーの統合管理が可能になったほか、従来のコマンド操作だけでなくGUI管理画面上で仮想テナントネットワークを構築できるようになった。また、Web APIが公開されており、外部アプリケーションと連携できる。

OpenFlow(ハードウェア)スイッチ

<Pica8>
Prontoシリーズ
http://www.nclc.co.jp/products/sdn/
特徴:OpenFlow対応のL2/L3スイッチ。チップにASICではなく汎用品である、いわゆる「マーチャントシリコン」を採用している。また、ネットワークOSもオープンソースベースであり、このため他社の同等スペックのToRスイッチと比べて、低価格で提供できるという。国内ではエヌシー・エル・コミュニケーション(NCLC)や日商エレクトロニクスが販売代理店を務めている。

<シスコシステムズ
Catalyst 3570-X/3560-Xシリーズ
http://www.cisco.com/web/JP/news/pr/2012/026.html
特徴:シスコでは、SDN研究のためのPoC(Proof of Concept:機能検証)用として、OpenFlowエージェントを2012年内に提供開始する予定。Cisco Catalyst 3750-Xシリーズおよび3560-XシリーズがまずはOpenFlowに対応する。また、OpenFlowコントローラーも同じくPoC用として提供する。

<ジュニパーネットワークス
MXシリーズ、EXシリーズ
http://www.juniper.net/jp/jp/company/press-center/press-releases/2012/pr_2012_02_02-11_00.html
特徴:ルーターのMXシリーズとスイッチのEXシリーズがOpenFlow 1.0に対応。さらに、MX/EXおよび同社独自のファブリックアーキテクチャ「QFabric」を採用したQFXシリーズが2013年中にOpenFlow 1.3をサポートするとアナウンスしている。

<日本IBM>
G8264
http://www-06.ibm.com/jp/press/2011/11/1102.html
特徴:「G8264」は、最大64個の全ポートで毎秒10Gビットの転送速度を提供するデータセンター向けのネットワーク・スイッチ。無償提供される最新の「IBM Networking OS 6.8.1」にアップデートすることでOpenFlowに対応できる。

<NEC>
UNIVERGE PF5240/PF5820
http://www.nec.co.jp/datanet/pflow/index.html
特徴:NECでは、1GbEポートを48個搭載した「UNIVERGE PF5240」と、10GbEポートを48個備えた「UNIVERGE PF5820」を用意している。スイッチング容量はPF5240が176Gbps、PF5820が1.28Tbps。

<日本ヒューレット・パッカード>
HP 3500、HP 5400、HP 8200の3モデル16機種
http://www8.hp.com/jp/ja/hp-news/press-release.html?id=1225463&jumpid=reg_r1002_jpja_c-001_title_r0001
特徴:1Uのボックス型スイッチからシャーシ型スイッチまで、HPが3com買収前から提供してきたProCurveシリーズの16製品がOpenFlowに対応。ソフトウェアのアップデートによりOpenFlowをサポートできる。

<ブロケード コミュニケーションズ システムズ
Brocade NetIronルータ・ファミリ(MLX、CER、CES)
http://www.brocadejapan.com/news/20120523_1
特徴:今夏にリリース予定の「Brocade 5.4 Software for NetIron」のリリースに伴い、Brocade NetIron ルータファミリの全ラインナップがOpenFlowに対応する。同社独自のハイブリッド・モードをサポートしており、ポート単位で従来のレイヤ2/3フォワーディングとOpenFlowを使い分けることができる。

スペシャルトピックスPR

intel2007
limelight2007
シエナ2005

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ローカル5G 中間報告

●先行5事例で見えてきた期待と課題 ●日本と違う独ローカル5GNTT東西のローカル5G ●ローカル5G制度の最新動向 ●ローカル5G普及を阻む4つの壁

[インタビュー]NICT ワイヤレスネットワーク総合研究センター長 寳迫巌氏「Society 5.0へ無線フル活用 テラヘルツ波は結構飛ぶ」 [ソリューション特集]ウェビナーに最適な配信サービスは?/セキュアテレワークの処方箋 【IoT×SDGs】Sigfoxで高齢化に負けない賃貸住宅 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

パロアルトネットワークスSASE実現するクラウドセキュリティ
従業員は意識せず安全なテレワーク

GWの逼迫解消、ローカルブレイクアウト、ユーザーの快適さを一挙に!

Microsoft Teams会議から1万人の仮想イベントまで
コラボの場はリアルからTeamsへ

Microsoft Teamsの利用が急増中だ。
4月時点の利用者数は1日7500万人!

丸文ローカル5G“実用化”へ万全の備えを
試験・置局、セキュリティまで網羅

ローカル5Gには何が必要か。長年キャリアを支援する丸文に尋ねた。

インテルネットワーク変革をインテルが牽引
仮想化技術でローカル5Gにも貢献

インテルの5Gビジネスが加速してきた。ローカル5Gにも取り組む。

ライムライト・ネットワークス・ジャパン8K対応/安定性/超低遅延
選べる3つのライブ配信サービス

自社だけでは困難な高品質ライブ配信をライムライトが強力サポート!

クラウド&サービスプロバイダ向けのオンラインイベント「新たな時代に向けたネットワーク」通信事業者の新たな時代に向けた
ネットワーク「Telcoクラウド」

ジュニパーのクラウド&サービスプロバイダ向けバーチャルサミット!

e-Janネットワークス「明日からテレワーク」。そんな急なニーズにも安心・安全に応える

テレワークをすばやく全社展開できる「Splashtop for CACHATTO」

都築電気テレワークと健康経営の実践4年目
その知見をワンストップで提供

働き方改革を推進する都築電気がテレワークに最適なグループウェア!

アライドテレシスNWベンダーならではの脆弱性診断
セキュリティの第一歩はここから!

アライドテレシスなら簡単かつ安価に脆弱性診断ができる!

NTTコミュニケーションズ「ゼロトラストセキュリティ」へ
移行するための5つのポイント

脱・境界型セキュリティを図るための要点をNTT Comに聞いた。

IIJVPN逼迫やSaaSが遅い問題を解消!テレワーク環境整備を手軽に実現

Office 365等のSaaSが迫る企業NWの再設計にIIJのクラウドプロキシ!

ジュニパーネットワークスAIがUXを最大化するネットワーク
トラブル解決を自動運転で!

AIが自律的に障害対応するNWを
ジュニパーはすでに商用で安定稼働

レッドハット5G×コンテナ基盤×アプリを
エッジで自律運用

5G時代のNWインフラはエッジも自律運用できるクラウドネイティブへ

ゼットスケーラーゼットスケーラーだからできる!
セキュリティとNWの脱・レガシー

オンプレミス非依存のセキュリティと、場所に囚われないNWアクセスを

NetskopeなぜNetskopeならテレワークが進むのか? 秘訣は一元制御にあり!

セキュリティが不安でテレワークが進まない。そんな悩みを簡単解消!

シエナシエナが800G光伝送のトビラ開く
1波長で400Gイーサ×2chを伝送

「800ギガが欲しい」。キャリアやクラウド事業者の声にいち早く応えた

リコーの「ITKeeper Meraki スマートサービス」テレワークは安定した接続環境から

一人情シスでも安心! テレワークを支える安定したネットワーク環境整備をリコーが支援

SigfoxLPWAの先頭集団を行くSigfox
約85万件の大規模導入も!

人口カバー率95%を超えたSigfox。最大の導入事例がニチガスだ。

丸文5G時代の差別化戦略を下支え!

5G時代到来でキャリア、クラウド事業者等が迫られているネットワーク変革の課題解決に注力する丸文

ハイテクインター2.5GHz帯プライベートLTEの
基地局を「100万円以下」で!

ハイテクインターは自営等BWA導入の全ステップをサポート

マクニカネットワークス脱純正トランシーバーでコスト削減
データセンター100G化に新選択肢

サードパーティ製の光トランシーバーでコスト抑制と自由度向上!

ZETAアライアンス“ビジネスになるLPWA”に101社が結集 市場創出に挑むZETA

弾みが付いてきた新興のLPWA規格、ZETA。その可能性を探った。

ガスミエールLPWAで安価にガス事業の効率化!

アズビル金門の「ガスミエール」でLPガス事業の業務効率化!LTE-Mにより遠隔から遮断・復帰も!

ドコモ・システムズNTTグループ23万人を支える
テレワークツール

伝統的な日本企業が作ったツールだから、かゆい所に手が届く!

WhatsUp Goldネットワーク監視に圧倒的使い勝手
安価な導入コストでも厚い支持

中小企業から通信キャリアまで、WhatsUp Goldが人気の理由とは?

MOVEit Transfer / MOVEit Automationデータ保護新時代のファイル転送
HIPAA、GDPRなど各種規制に対応

主要データ保護規制に準拠した安全なファイル転送ソフトの決定版!

ジュニパーネットワークス“ただのSD-WAN”はもう要らない!
LANもWi-Fiもすべてクラウド管理へ

今必要とされているのは、“SD-WAN+α”のソリューションだ。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

decode2
tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます