NTTドコモ・ベンチャーズがドローンでデータ収集するPrecisionHawkに出資――人工知能で経路を自動計算

NTTドコモ・ベンチャーズは4月21日、同社の運用するファンドを通じて、カナダのPrecisionHawkに対して出資したと発表した。

PrecisionHawkは、ドローンを活用した効率的なデータ収集・解析サービスを提供している。人工知能により経路を自動計算する機体、観測対象に合わせて交換可能な高精細カメラ、飛行経路を自動生成するソフトウェアなど、飛行に必要な全てのツールを準備している。

収集したデータは、データ解析サービス「Data Mapper」により現場で即時に精査・点検した後、クラウドサービス上で加工・共有できる。また、ドローンの安全運行のため、空域情報や衝突回避を支援する機能がある低高度空域安全プラットフォーム「LATAS(Low-Altitude Traffic and Airspace Safety Platform)」を開発・提供しているという。

同社は現在、アメリカ連邦航空局(FAA)が推進する「Pathfinderプログラム」、アメリカ航空宇宙局(NASA)が推進するUTM(Unmanned aircraft system Traffic Management)プログラムに参画し、ドローン運行の高度化に向けた活動を行っている。

「このようなPrecisionHawkの取り組みは、NTTグループ及びドコモグループの今後のドローン活用分野における各種のビジネス創造への貢献するものとして、高い期待を寄せています」と、NTTドコモ・ベンチャーズは述べている。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。