日立ソリューションズ、OpenDaylightを利用した「SDNネットワーク運用効率化ソリューション」

日立ソリューションズは、オープンソースソフトウェア(以下、OSS)のSDNコントローラ「OpenDaylight」を採用し、物理・仮想のネットワーク管理を統合管理する「SDNネットワーク運用効率化ソリューション」を3月4日から販売開始する。価格は200万円(税別)から。

このソリューションでは、OpenDaylightに独自のインターフェイスを拡張する。それにより、SDN技術に非対応の機器も含め、マルチベンダーの機器やソフトウェアの集中制御を短期間で実現するという。

日立の統合システム運用管理「JP1」などの運用管理ソフトウェアと連携し、既存のネットワーク構成や運用管理方法を変えずにSDNを実現できる。必要に応じて、操作性の高い管理者用ポータルも提供する。

また今後は、日立ソリューションズのセキュリティ製品と組み合わせ、ネットワークの監視や異常検知、通信遮断、迂回経路の確保といった運用の自動化に対応することも予定している。

導入においては、日立ソリューションズのネットワーク専門技術者が、現在の運用方法やシステム環境に合わせてコンサルテーションを行う。導入からシステム移行、保守までをワンストップで提供する。

SDNネットワーク運用効率化ソリューションのイメージ

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。