やはり異なっていたiPadとWindowsタブレットの利用用途 ~IDC Japan調査

IDC Japanは2015年9月29日、国内産業分野別/利用用途別のタブレット稼働台数について発表した。

これによると、学校および教育産業を除く全産業分野のタブレット稼働台数は、2015年に527万台、2017年に779万台になると推計されるという。

利用用途別にみると、その中心となっているのは、メールやスケジュール管理などのコミュニケーションでの利用だ。2015年は約400万台で、今後はおよそ年100万台のペースで拡大する。プレゼンテーションや文書などの参照系は、その半分。また、基幹系は、2015年では169万台と推定されるとのこと。

なお、タブレットの用途に対する考え方は、iPad/AndroidタブレットとWindowsタブレットで異なっていることも分かった。iPad/Androidタブレットはコミュニケーションやプレゼンテーションでの利用が中心なのに対して、Windowsタブレットでは基幹システムとの連動を考えている企業が半数近くに達しているという。


国内タブレット ビジネス市場 利用用途別 稼働台数推計
国内タブレット ビジネス市場 利用用途別 稼働台数推計

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。