パロアルトの仮想次世代ファイアウォールがAWSとKVMをサポート

パロアルトネットワークスは2014年11月21日、同社の次世代ファイアウォール向け最新OS「PAN-OS 6.1」の提供を開始した。

PAN-OS 6.1の最大のトピックは、AWS(Amazon Web Services)をサポートしたこと。AWS Marketplaceで、仮想次世代ファイアウォール「VM-Series」が利用可能になった。

また、今回の最新OSから、KVMも新たにサポートした。VM-SeriesはすでにVMware、Citrix、Ubuntuの各ハイパーバイザーに対応しているが、サポートするハイパーバイザーの種類をさらに増やした。

このほか、クラウド型仮想サンドボックス「WildFire」において、マルウェア分析のための情報をパブリッククラウドへ送信することなく、オンプレミスでマルウェアのシグネチャが作成可能な新機能などが追加されている。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。