KDDI、LTE-Aの主要技術「キャリアアグリゲーション」を今夏に導入

KDDIは2014年4月21日、LTE-Advancedの主要技術の1つであるキャリアアグリゲーション(Carrier Aggregation、以下CA)を2014年夏を目途に導入すると発表した。日本では初になるという。

CAは、複数の周波数帯を束ねて同時利用するための技術。KDDIは800MHz帯の10MHz幅と2.1GHz帯の10MHz幅を足し合わせることで、下り最大150Mbpsの通信速度を実現する。下り最大150Mbpsに対応する基地局の数は、CA導入時点で約2500局の見込み。2015年3月末には、全国約2万局に拡大するという。

キャリアアグリゲーションの概略図
キャリアアグリゲーションの概略図

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。