ゾーホー、トポロジーマップ機能を強化したネットワーク統合監視ツール「OpManager」の最新版

ゾーホージャパンは2014年4月2日、サーバ・ネットワーク統合監視ツール「ManageEngine OpManager」の最新版「リリース11.2」の出荷を開始した。

この最新版では、ネットワーク内のリソースの物理的または論理的な配置をグラフィカルに可視化する「L2/L3トポロジーマップ機能」が強化された。CDP(Cisco Discovery Protocol)非対応のネットワーク機器に対応し、マルチベンダのネットワーク機器に加えて、サーバやデスクトップなどのトポロジーマップも描画できる。

トポロジーマップ
トポロジーマップ

また今回、新しいWebクライアントのベータ版もリリースした。ユーザインターフェースが刷新され、読み込み速度も向上しているという。

新しいWebクライアントのユーザインターフェース
新しいWebクライアントのユーザインターフェース

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。